荒田恭兵wiki経歴やプロフィールを調査!ハイダイビング動画もチェック!

スポンサーリンク
未分類

荒田恭兵選手は日本人で唯一のハイダイビングという競技に挑戦しているハイダイバー。

2018年からは世界を転戦し今後の活躍が期待されるアスリートの一人ですが、気になる経歴やプロフィールの他、ハイダイビング動画もまとめています。

スポンサーリンク

【動画】荒田恭兵のハイダイビングとは?

荒田恭兵選手のハイダイビングとは、世界水泳選手権では2013年から実施されている新種目で、
競技方法や採点は前述の飛込競技をベースにしています。

五輪競技での高飛び込みでは最高で10mの高さから飛び込みますが、ハイダイビングではその2倍以上、
男子は27mの高さから、女子は20mの高さから飛び、真下のプールへ着水します。

全ての演技には、難度に応じて得点が加算されて点数を競うことになりますが、
ハイダイビングでは入水時の速度は時速100キロにも達することから安全にために必ず足から入水することが条件とされていて、
さらに安全対策として入水場所には、ダイバーが3名待機しています。

Training and new things in 2018 from Kyohei Arata
『 ハイダイビング世界選手権 「 レッドブル ・ クリフダイビング 」 』 男女の予選
high diving shoereel
Kyohei Arata diving showreel 2018
荒田恭兵選手2019いきいき茨城夢国体

荒田恭兵wikiプロフィール

名前:荒田恭兵
出身地:富山県高岡市
生年月日:1996/3/9
年齢:24歳
身長:174.5cm
体重:66.5kg
所属:高岡スイミングクラブ
出身高校:私立高岡第一高等学校
最終学歴:日本体育大学体育学科

荒田恭兵選手は5歳から地元の空手教室に通って剛柔流空手を始め、
高跳びは2005年から競技をはじめています。

荒田恭兵の経歴

荒田恭兵選手は高飛び込みの競技で数々の実績を残してきたものの、
2018年にいったん飛び込みを引退しハイダイビング一本に絞って海外大会に参戦を始めます。

2019年からはハイダイバーとしての活動と並行して飛込み選手として競技に復帰し現在は企業に所属しながら大会に出場をしています。

2013年
全国高校総合体育大会 高飛込 3 位
ジュニアオリンピックカップ 16-18 歳 高飛込 3 位
国民体育大会 少年 飛板飛込 5 位 高飛込 5 位

2016年
室内選抜飛込競技大会
シンクロ高飛込 2 位 高飛込 8 位
日本選手権大会 シンクロ高飛込 2 位
国際大会派遣選考会 MIX シンクロ高飛込 2 位

2017年
日本学生選手権 高飛込 4 位
第72回国民体育大会えひめ国体 成年 高飛込 3 位
日本選手権大会 シンクロ高飛込 1 位

2018年
「FINA ハイダイビングワールドカップ・アブダビ大会」(アラブ首長国連邦)出場

荒田恭兵のツイッターやインスタグラム

荒田恭兵のツイッター
@kyoheiarata

荒田恭兵のインスタグラム
@kyo_39

荒田恭兵のフェイスブック
@kyohei.arata.9

荒田恭兵のyoutube

荒田恭兵の高校や大学など学歴は?

荒田恭兵選手は富山県にある私立高岡第一高等学校に進学したのち、日本体育大学体育学科に入学をして高飛び込みの数々の大会に出場し結果を残しています。

荒田恭兵の身長・体重は?

荒田恭兵選手の身長・体重は

身長:174.5cm
体重:66.5kg

となっています。

荒田恭兵選手はトップアスリートなだけに体脂肪率はおそらく10%以下で、ほとんどが筋肉の塊のようなスタイルになっているんじゃないでしょうか。

荒田恭兵の年収やスポンサーは?

荒田恭兵選手は現在「株式会社からくさ」に入社しているので、活動費用は給与として支給されているものと思われます。

タイトルとURLをコピーしました