芦野温泉の薬草の湯は痛い!泉質や効能は?#教えてもらう前と後

スポンサーリンク
未分類

芦野温泉の薬草の湯がテレビ番組「教えてもらう前と後」で取り上げられ、EXITの兼近さんとんたろー。さんが実際に入浴。

ところが、その強烈な刺激によって肌が痛くなることから、2人とも5分も持たずに湯船から出てしまいました。

■教えてもらう前と後の放送内容
心も体も熱くする謎の人気温泉にEXITが入湯
そして、栃木県那須にある「芦野温泉」の、入ってもすぐに上がりたくなるという“謎の湯”をEXITがリポート。噂の赤く濁ったお湯にEXITの2人が入ると、りんたろー。は1分7秒で上がってしまうも、兼近大樹はなんとか耐えたが、4分13秒でギブアップ。この“謎の湯”の秘密にEXITが迫る。
https://thetv.jp/news/detail/1011037/

スポンサーリンク

薬草の湯(芦野温泉)の薬草の湯は痛い!

栃木県の東部を南北に貫く国道294号線沿いにある芦野温泉には薬草の湯として「那岐の湯」と「那美の湯」の2つが用意されています。

「那岐の湯」が実症用、「那美の湯」が虚症用とされています。

※実症とは漢方医学にある「虚、実、陰、陽と呼ぶ症状の一つで 主に体内に病毒が停滞している状態、元気の衰える病。また、体力が衰えている状態。衰弱

刺激性が強いのは2つある薬草の湯のうち「那岐の湯」の方で芦野湯温泉でも5分ほど入ってあちこちに痛みを感じるようになったら5分ほど体を休ませて、2~3回ほど繰り返して入浴する方法をおすすめしています。

「那岐の湯」に入ると、肌が荒れているとヒリヒリしてかなり痛みを感じ、男性の場合は大事なアソコは特に皮が薄いのでピリピリと痛くなること請け合いです。

薬草の湯(芦野温泉)の料金やアクセスは?

■住所
〒329-3443
栃木県那須郡那須町芦野1461

■連絡先
0287-74-0211

■公式サイト
http://www.asinoonsen.co.jp/

■営業時間
8:00~21:00

■休館日
施設に確認

■営業時間
8:00~21:00

■休館日
施設に確認

■アクセス
那須塩原駅又は黒磯駅から無料シャトルバス利用 東北自動車道那須I.Cより14km約20分

■料金
8:00~16:00 1500円
16:00~21:00 1000円

薬草の湯(芦野温泉)の泉質や効能は?

芦野温泉
<泉質>アルカリ単純泉
<pH>9.8
<泉温>28.6℃
<成分総計>0.214g/kg Na:66.1mg HCO3:58.6mg CO3:50.3mg HSiO3:31.6mg

【泉質別適応症】
自律神経不安定症、不眠症、うつ状態、

【一般的適応症】
筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関 節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

【一般的禁忌症】

病気の活動期(特に熱のあるとき)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い、腎臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期

引用:https://www.spa.or.jp/search_p/detail_p/?F_ID=90700&pg=141

薬草の湯(芦野温泉)は通販も可能!

芦野温泉の薬草の湯はなんと、通販で入浴剤を購入することができます。

5袋入り  2400円(1袋480円)
20袋入り 8500円(1袋425円)
50袋入り 20000円(1袋400円)

といった価格帯となっていて、公式サイトでオンライン通販可能となっています。

ちなみに、アマゾンで取り扱っている温泉由来の入浴剤で一番人気なのがこちら

薬草の湯(芦野温泉)の口コミ評判

タイトルとURLをコピーしました