明日のパン買わなきゃ大阪で意味は口癖?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

大阪で「明日のパン」の意味は?

大阪の人は明日のパンの話をするそうですが、「明日のパン」はどんな意味なんでしょうか?

スポンサーリンク

明日のパン買わなきゃ大阪で意味は口癖?

「明日のパン」は、どうやら戦前から朝食といえばパンいう家庭が多いとされる大阪や阪神間ならではの言葉のようです。

コメは備蓄できますが、パンは焼いたものを買ってこなければならないし、そんなに日持ちもしない。だから朝食がパンの人は日本全国、いつもパンの心配をしています。

で、大阪の人は朝食がパンの人が多いから、「明日のパン」を気にする人も多い。そういうことでしょう。

関東はご飯派、関西はパン派が多い~東西の朝ごはんに関する調査~

【 調査結果 】
東西比較シリーズの第3弾となる今回は、「朝食」がテーマです。関東と関西で”だし”や味付けの違いがあることは有名ですが、朝食にも違いは見られるのでしょうか?東西の男女や年齢による、朝食に対する意識と実態の違いを探ります。

< トピックス >
関東はご飯派、関西はパン派が多い
実態はご飯離れが進んでいるが、本当はご飯が好き
若い男性は朝食より睡眠、シニアは睡眠より朝食を重視

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000018991.html

明日のパン買わなきゃ大阪で意味は口癖?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました