綾小路清隆の正体・目的は?強さは?ようこそ実力至上主義の教室へ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

綾小路清隆はラノベ「ようこそ実力至上主義の教室へ(よう実)」の主人公。

自身の能力を隠して名門校・高度育成高等学校では最底辺クラスである1年Dクラスに配属されていますが綾小路清隆の正体・目的は?強さは?

スポンサーリンク

綾小路清隆の正体・目的は?強さは?ようこそ実力至上主義の教室へ

『よう実』第2期は頭脳戦がさらに盛り上がる 千葉翔也の“無気力ボイス”の変化にも注目

7月よりTVアニメ『ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season』の放送が始まった。同作はMF文庫J(KADOKAWA)で刊行中のライトノベルが原作であり、シリーズ累計発行部数650万部を突破した実績からもその人気がうかがえる。

 ファンからは「よう実」の愛称で親しまれている、注目の夏アニメだ。

 近年ライトノベルを原作としたアニメのヒットが続いているが、『よう実』も例に漏れずその成功例の1つだろう。今回は第1期から盛り上がりを見せているアニメ版『よう実』のヒットの理由を紐解いていこう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d20a2f28ef7ae9c3eaf57cb156cbdd72842d3efa

ラノベ「ようこそ実力至上主義の教室へ(よう実)」の舞台となる高度育成高等学校は夢のような学園生活が送れるかと思いきや、実は好待遇を受けられるのは優秀な生徒だけという「実力至上主義」な教育システム。

デスゲームのような生徒同士の頭脳を使った騙し合いが繰り広げられているものの、圧倒的な強さを誇っているのが綾小路清隆。

綾小路清隆の学力および身体能力は原作小説において以下のように記されている。

○学力 – 知識という面においてオレの学習量は、人の一生をかけて習得していく量を遥かに超えてしまっている

○身体能力 – 正攻法で戦闘のプロとやり合っても呆気なく勝ちうるだけの経験、実績を積んでいる

本来なら間違いなく学校で1位の実力をもっている。運動神経や学力や物事に対する思考力、判断力などにおいて、突出した才能の持ち主。

2年生編の1巻、最初の章の「暗躍」で綾小路のホワイトルームでのデータを見た月城が”正攻法で戦闘のプロとやり合っても呆気なく勝ちうるだけの経験、実績を積んでいる。”

2年生編の無人島最後に、軍人との戦闘となった時でも一時的には2対1でも綾小路が優勢でした。

また2年生編第1巻の319頁には幼少期に大学の問題を解いていたという記述もみられます。

というセリフもみられます。

それを何故隠しているかは、原作でも詳細が明らかにされていないものの父親の最高傑作であり、天才を育成する教育機関「ホワイトルーム」で過去を過ごした経験があります。

習い事は茶道や書道などを手広く習っておりピアノでは全国コンクールで優勝したこともある。

容姿は身長が176cmと高めで顔もクラスメイトから整っていると評価されている

綾小路に好意を寄せているのは現段階で佐倉愛里、軽井沢恵、佐藤麻耶の3人です。

綾小路清隆の正体・目的は?強さは?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました