ベイビーブローカーのラストをネタバレ考察!

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

映画「ベイビーブローカー」は「赤ちゃんポスト」をきっかけに出会う人々の姿を描くヒューマンドラマ

ラストシーンの考察で最後車のミラーに 皆の写真が飾ってありましたが、その車を運転していたのは、誰なのでしょうか?

またソンガンホは結局子どもを売ってないのに何故4000万ウォンで一儲けしようと、チンピラの男の子に話していたんでしょうか?4000万ウォンはどこから出てきた?

赤ちゃんポストを巡りそれぞれの思惑が絡み合う『ベイビー・ブローカー』本予告
スポンサーリンク

ベイビーブローカーのラストをネタバレ考察!

■映画「ベイビーブローカー」あらすじ
借金を抱えながら古びたクリーニング店を営むサンヒョンと、「赤ちゃんポスト」がある施設で働くドンスは、本業の裏でベイビー・ブローカーとして働いていた。ある土砂降りの夜、2人は若い女が「赤ちゃんポスト」に預けた赤ん坊を連れ去る。しかし、翌日戻ってきたその女が、赤ん坊が居ないことを通報しようとしたため白状し、共に養父母探しの旅に出ることに。一方、彼らを検挙するために尾行を続けていた刑事は、静かに後を追う。

映画「ベイビーブローカー」のラストシーズンをネタバレ気味に考察すると、事件が明るみに出て刑期を終えた女がガソリンスタンドで働き子供は刑事が預かり育て貰う筈だった夫婦が時々子供と遊び洗濯屋の主人以外の人は今度みんなで集まり子供の今後を考えると言うラストシーン。

洗濯屋の主人は子供を売りに行く車のルームミラーに飾りを付けていましたが、だから車を運転するのは事件後失踪した洗濯屋の主人(ソン・ガンホ)です。

何処かでみんなの事を思いながら元気に生きているということでしょう。

女が子父のロクでないヤクザを殺し(過失致死)4000万ウォンを奪うその金を子供を売るために苦労したソンガンホに渡して自分は自首したということなんでしょう

ベイビーブローカーのラストにネットの考察・感想は?

タイトルとURLをコピーしました