クロエジャオのプロフィールをwiki調査!ライダーやマーベル・エターナルズ

スポンサーリンク
0未分類

2021年のアカデミー賞では、映画「ノマドランド」で中国出身のクロエジャオ氏がアジア系女性初となるアカデミー監督賞を獲得しました。

クロエジャオさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

クロエジャオwikiプロフィール

名前:クロエジャオ(Chloe Zhao、趙廷、ピンイン:Zhao Ting)

生年月日:1982年3月31日

年齢:39歳

主に米国のインディペンデント映画で知られる中国の映画監督です。彼女の長編デビュー作『Songs My Brothers Taught Me』(2015年)は、サンダンス映画祭でプレミア上映され、高い評価を受け、インディペンデント・スピリット賞の最優秀長編作品賞にノミネートされました。長編2作目の『The Rider』(2017年)は、批評家から絶賛され、インディペンデント・スピリット賞の最優秀作品賞と最優秀監督賞にノミネートされました。国際的な評価を得た『Nomadland』(2020年)では、ゴールデングローブ賞、全米監督組合賞、アカデミー賞、英国アカデミー映画賞で監督賞をはじめとする多くの賞を受賞し、ヴェネツィア映画祭では金獅子賞、トロント国際映画祭ではピープルズ・チョイス賞を受賞しました。2021年には、『ノマドランド』で第93回アカデミー賞監督賞を女性として2人目に受賞しています。

2021年11月に公開予定のマーベル・シネマティック・ユニバースのスーパーヒーロー映画『Eternals』[1]で、ブロックバスター映画の製作に乗り出しています。

1982年、北京で趙廷(ちょうてい)として生まれた。父親は、中国の工業化の波に乗り、最初は国内最大級の鉄鋼会社「首鋼集団」のトップとして、後には不動産開発や株式投資で大成功を収めた趙裕二である[6]。母親は人民解放軍のパフォーマンス団に所属する病院職員であった。Vogue』によると、彼女は自分のことを「反抗的なティーンで、学校では怠け者」であり、漫画を描いたり、ファンフィクションを書いたりしていたという。彼女は映画が大好きで、特にウォン・カーウァイ監督の「Happy Together」を見て育ちました。15歳のとき、英語をほとんど知らなかったにもかかわらず、両親は彼女をイギリスの私立寄宿学校であるブライトン・カレッジに送った。

両親は別居し、父親は漫才師のソン・ダンダンと再婚した。 クロエジャオは西洋のポップカルチャーの影響を受けて育った。

イギリスの寄宿学校に通った後、高校を卒業するためにロサンゼルスに移った。

マサチューセッツ州のマウント・ホリヨーク大学で学び、政治学の学士号を取得。 ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツで映画制作を学ぶ。

クロエジャオの経歴

ウォン・カーウァイ監督のロマンス映画『ハッピートゥゲザー』(1997年)を「私が映画を作りたいと思ったきっかけとなった作品」と語るクロエジャオ。

また、ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツで学んでいたときに映画の教授を務めていたスパイク・リーにも影響を受けている。

クロエジャオはアン・リーからも影響を受けているとし、「アン・リーのキャリアは私にとって非常に刺激的です。また、ワーナー・ヘルツォークやテレンス・マリックにも影響を受けたと語っています。

アメリカ映画を最初に知ったのは、『ターミネーター』(1984年)、『ゴースト』(1990年)、『シスター・アクト』(1992年)。

2015年、クロエジャオは初の長編映画「Songs My Brothers Taught Me」を監督しました。サウスダコタ州のパインリッジ・インディアン居留地でロケを行い、ラコタ・スー族の兄とその妹の関係を描いている。本作は、サンダンス映画祭の米国ドラマティック・コンペティション部門でプレミア上映された。

その後、カンヌ映画祭では監督週間セレクションの一環として上映された。 本作は、第31回インディペンデント・スピリット賞の最優秀長編作品賞にノミネートされた。

2017年、彼女は『The Rider』を監督しました。この作品は、致命的な事故によってプロの乗馬のキャリアを終えた若いカウボーイが自分自身を発見する旅を描く、現代的な西部劇です。

この作品は、彼女の父親である趙裕司が製作総指揮を務めました。初長編作品と同様に、クロエジャオは撮影場所である牧場に住んでいる非俳優のキャストを活用しました。

クロエジャオがこの映画を製作するきっかけとなったのは、彼女が最初の作品を撮影した保留地で知り合い、親しくなったカウボーイのブラディ・ジャンドローが、ロデオ競技中に馬から投げ出されて頭に重傷を負ったことだった。

ジャンドローは後に、この映画でブラディ・ブラックバーンという架空の人物を演じて主演している。

本作はカンヌ国際映画祭の監督週間セレクションでプレミア上映され、アートシネマ賞を受賞、第33回インディペンデント・スピリット賞の長編賞と監督賞にノミネートされた。

同式典でクロエジャオは、ボニー・ティブルジにちなんで名付けられた、ミッドキャリアの女性監督を表彰するボニー賞の初代受賞者となった

ボストン・グローブ紙のピーター・キョウは、「(本作は)映画が最高の状態でできることを達成している。平凡なものを超え、普遍的なものに触れるような世界を、鋭さ、忠実さ、共感をもって再現している」。

2018年、クロエジャオは、フランシス・マクドーマンド主演の3本目の長編映画『Nomadland』を監督しました。多くの実際の遊牧民と一緒にRV車でアメリカ西部を旅しながら、4カ月かけて撮影されました。

この映画は、ヴェネツィア映画祭でプレミア上映され、批評家から高い評価を受け、金獅子賞を受賞しました。

その後、2020年のトロント国際映画祭で上映され、ピープルズ・チョイス賞を受賞しました。

クロエジャオは『ノマドランド』でゴールデン・グローブ賞の監督賞を受賞し、アジア系女性として初めて栄誉に輝いたほか、1984年のバーブラ・ストライサンド以来、監督部門でゴールデン・グローブ賞を受賞した2人目の女性となった。

2021年2月15日、監督賞で34個、脚本賞で13個、編集賞で9個のアワードシーズンのトロフィーを獲得したクロエジャオは、『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペインを抜いて、現代の単一のアワードシーズンで最も多くの賞を受賞した人物となりました。

2018年4月、アマゾン・スタジオが、趙が監督する予定のタイトル未定のバス・リーブスの伝記映画(黒人初の米国副連邦保安官を描いた歴史的西部劇)をグリーンリットしたことが発表された。クロエジャオはこの映画の監督と脚本を担当することになっている。

2018年9月、マーベル・スタジオは、同名のコミックブックのキャラクターを基にした『Eternals』の監督として彼女を採用した。 この映画は2021年11月5日に公開される予定である。

ノマドランド

『ノマドランド』予告編

■あらすじ

家を失った女性は、キャンピングカーに人生を詰め込み旅に出た

リーマンショック後、企業の倒産とともに、長年住み慣れたネバダ州の企業城下町の住処を失った60代女性ファーン(フランシス・マクドーマンド)。彼女の選択は、キャンピングカーに全ての思い出を詰め込んで、車上生活者、“現代のノマド(遊牧民)”として、過酷な季節労働の現場を渡り歩くことだった。その日その日を懸命に乗り越えながら、往く先々で出会うノマドたちとの心の交流とともに、誇りを持った彼女の自由な旅は続いていく。大きな反響を生んだ原作ノンフィクションをもとに、そこで描かれる実在のノマドたちとともに見つめる今を生きる希望を、広大な西部の自然の中で探し求めるロードムービー。

ライダー

The Rider | Official Trailer HD (2017)

■あらすじ
アメリカ中部、事故で頭部に大けがを負ったカウボーイ。身体をむしばむ後遺症の恐怖と捨てきれないロデオ復帰への思いの狭間でもがきながら、新たなアイデンティティ、そして生きることの意味を見つけるまでの物語。

エターナルズ(マーベル)

Marvel Studios' The Eternals | Official Trailer

『エターナルズ』は、『キャプテン・アメリカ』や『X-Men』を生み出した巨匠ジャック・カービーによるコミックが原作です。

舞台は100万年前の地球。宇宙の原始的存在である、”セレスティアルズ”が類人猿の遺伝子操作実験を行った過程で、3つの種族が誕生したことから物語が始まります。

その3つの種族とは、人類、ディヴィアンツ、そしてエターナルズです。ディヴィアンズは人類にとっての脅威、いわゆるヴィランで、その脅威から人類を守る守護者となるように命じられたのがエターナルズ、という構図になります。

、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描く、MCUのフェーズ4に当たり、アベンジャーズ最強の敵サノスはなんとエターナルズの末裔

タイトルとURLをコピーしました