クラーク記念国際高校野球部メンバー2022センバツ出身中学や注目選手

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

クラーク記念国際野球部は第74回秋季道高校野球大会(道高野連など主催)の全道大会で初優勝。

2022年のセンバツ出場を果たしたクラーク記念国際高校野球部メンバーの出身中学や注目選手をまとめています。

スポンサーリンク

クラーク記念国際高校野球部メンバー/センバツ出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1山中麟翔投手2年生札幌栄リトルシニア左/左177/77
2麻原草太捕手1年生札幌羊ケ丘リトルシニア右/右180/75
3辻田旭輝投手2年生岩見沢リトルシニア右/右182/80
4藤野侑真内野手2年生羽村リトルシニア右/右170/65
5越智飛王内野手2年生札幌北リトルシニア右/右168/73
6新岡歩輝内野手1年生弘前白神リトルシニア右/右172/65
7白取太郎内野手2年生恵庭市立恵明中左/左171/70
8新岡真輝外野手2年生弘前白神リトルシニア右/右167/60
9金原颯外野手2年生石巻中央リトルシニア左/左173/67
10小野陽翔内野手2年生弘前白神リトルシニア右/左168/67
11髙橋大河外野手2年生仙台宮城野リトルシニア右/右174/64
12能登屋瑛介捕手2年生台東区立駒形中右/右171/67
13酒井一星外野手2年生札幌北リトルシニア右/右177/81
14田中聖人投手1年生札幌栄リトルシニア右/右179/87
15中村光琉外野手1年生滝川市立江陵中右/左173/73
16安部政信外野手1年生江南市立宮田中右/右175/70
17坂本劣陽内野手1年生つがる市立車力中右/左180/83
18八木展叶内野手1年生愛知知多ボーイズ右/右166/66

2021年の第74回 秋季北海道高等学校野球大会ではクラーク記念国際が3―1で旭川実を降して初優勝。

全道162チームの頂点に立つと2022年のセンバツ道内1校の出場枠を射止めました。

■2021夏季北北海道大会メンバーの出身中学一覧

名前出身中学中学所属
1菊池 伶3宮城 仙台南中山中学東北福祉仙台北シニア
2小濱 優人3岐阜 長良中学岐阜中央ボーイズ
3伊藤 大輝3北海道 羅臼知床未来中学中学軟式野球部
4山田 晴陽3東京 羽村第二中学羽村シニア
5辻田 旭輝2北海道 江別大麻中学岩見沢シニア
6新岡 歩輝1青森 つがる木造中学弘前白神シニア
7山中 麟翔2北海道 札幌栄南中学札幌栄シニア
8宮崎 翔太3北海道 深川一已中学中学軟式野球部
9佐藤 寛太3北海道 札幌新琴似中学中学軟式野球部
10樺澤 琉伊3北海道 岩見沢緑中学中学軟式野球部
11髙橋 聖3徳島 生光学園中学中学軟式野球部
12麻原 草太1北海道 札幌厚別南中学札幌羊ケ丘シニア
13佐藤 伯3北海道 旭川六合中学旭川西シニア
14越智 飛王2北海道 石狩花川中学札幌北シニア
15村上 真安3北海道 稚内潮見が丘中学中学軟式野球部
16髙橋 大河2宮城 仙台沖野中学仙台宮城野シニア
17白取 太郎2北海道 恵庭恵明中学中学軟式野球部
18金原 颯2宮城 大崎松山中学石巻中央シニア

クラーク記念国際高校センバツ野球部スタメンは?

■2021-11-20の九州国際大付(明治神宮野球大会(高校野球) 全国大会 1回戦)でのスタメン

打順守備名前学年
1一・左白取太郎2年生
2金原颯2年生
3新岡歩輝1年生
4藤野侑真2年生
5山中麟翔2年生
6辻田旭輝2年生
7越智飛王2年生
8麻原草太1年生
9新岡真輝2年生

全道大会全5試合中3試合で2桁安打を記録しチーム打率.364(5位)と高い攻撃力を誇ります。

クラーク記念国際高校センバツ野球部メンバー/センバツ注目選手

辻田旭輝

名前:辻田旭輝(読み方:つじた あさひ)

出身地:北海道江別市

利き腕:右投右打

身長:182cm

体重:80kg

ポジション:投手

最高球速:148km/h

球種:スライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップ

遠投:110m

50m走:6.3秒

出身中学:江別市立大麻中学校

山中麟翔

全道大会ではチームでの決勝までの5試合でわずか6失点に抑えた投手陣の要。

地区予選も含めて全7試合36回を投げて防御率1.00、奪三振33、与死四球9という安定したピッチングを披露しています。

新岡歩輝

青森・つがる木造中学校時代は弘前白神リトルシニアでプレーし、本職の遊撃と投手を兼務する二刀流

2021年夏の北海道大会では1年生で唯一ベンチ入り。

年齢・学年が1つ上の中堅手・新岡真輝は実兄。

クラーク記念国際高校野球部の監督

クラーク記念国際高校野球部の監督は佐々木啓司さんです。

生年月日:1956年2月7日

年齢:56歳

出身:北海道美唄市

出身高校:駒澤大学付属岩見沢高等学校

出身大学:駒澤大学

駒大岩見沢高校時代は甲子園出場はなし。

駒澤大学では硬式野球ではなく準硬式野球部に所属。

大学4年時には主将兼キャッチャーとしてプレー

大学卒業後すぐに母校に赴任すると、監督・部長として駒大岩見沢(現在廃校)高校を春夏12回の甲子園出場に導いた実績の持ち主。センバツ4強入りを含め甲子園通算9勝。

2014年からは創部されたばかりのクラーク記念国際の監督に就任。

創部3年目の2016年には夏の北北海道大会を制して、甲子園初出場!

クラーク記念国際高校野球部の戦績

クラーク記念国際高校野球部の2022年新チームの成績(公式戦)は

8勝1敗[率].364[本]2[防]1.11[盗]17

クラーク記念国際高校野球部メンバーの進路

随時更新

ちなみに、冬季オリンピック5度出場、ソチ2014のスノーボード・女子パラレル大回転で銀メダルを獲得した竹内智香さんは同校出身です。

佐々木啓司監督のの主な教え子には、

本間 満(内野手、1994年福岡ダイエーホークスドラフト3位)

佐藤 誠(投手。1993年読売ジャイアンツドラフト5位。)

古谷 拓哉(投手。2005年千葉ロッテ大学生・社会人ドラフト5巡目)

などがいます。

タイトルとURLをコピーしました