コードCBRの意味は?ドクターX

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「コードCBR」とは、ドラマ「ドクターX」で野村萬斎さん演じる蜂須賀隆太郎院長代理が口にしていた言葉。

どんな意味があるんでしょうか?

木曜ドラマ『Doctor-X ~外科医・大門未知子~』2021年12月16日(木)よる9時~放送/最終回 予告動画(30秒)
スポンサーリンク

コードCBRの意味は?ドクターX

「コードCBR」とは、ドラマ「ドクターX」第8話の終盤に、野村萬斎さん演じる蜂須賀隆太郎院長代理が病院で叫んでいた言葉。

コードCBR・Code CBRは病院内緊急コードの1つ

chemical, biological or radiological contaminationの略

化学的、生物学的または放射能汚染発生・危険

ただ、コードとは病院内で非常事態が起きた場合の合い言葉みたいな意味で,あらかじめ決めておくもので、病院によって異なります。

■ドクターX最終回拡大スペシャル
 感染症から“未来の命”を救いたい――純粋かつ崇高な理念を貫き通し、ついに念願の「感染研究センター」を「東帝大学病院」内に設立することになった蜂須賀隆太郎(野村萬斎)。ところが、これからという時に、なんたる不遇か…。蜂須賀は人知れず、自らが推進していたケミカルサージェリーも功を奏しなかったほど重度のがんを患っていた! しかもその病状は、天才外科医である大門未知子(米倉涼子)ですら“厳しい手術”になると予感するほど…。だが、すぐにオペをしなければ、命が危ない。「私、失敗しないので」――蜂須賀から執刀を頼まれた未知子は、100%の成功を誓う。ところが…!

木曜ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』|テレビ朝日
2021年10月14日(木)スタート!【毎週木曜】よる9時放送!どんな困難の中でも「私、失敗しないので」『ドクターX』誕生から10年目の今年、待望の新シリーズがスタート!
タイトルとURLをコピーしました