怒涛の使い方は?怒涛のように、怒涛の勢い例文は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

怒涛の使い方は?

「怒涛のように」
「怒涛の勢い」
「怒涛のラッシュ」

といった使われ方をしますが、怒涛を使った例文は?

スポンサーリンク

怒涛の使い方は?

「怒涛」は、荒れ狂う大波、激しく打ち寄せる波のことです。

使い方は激しい勢いで押し寄せることの例えが多くみられます。

疾風怒濤とは、。激しい風と荒れ狂う波の様子を表す言葉です。

次々に物事が進行するさまという意味もあります。

”すさまじい勢いで迫ってくるものを 比喩的に形容する表現”です

用法としては、「疾風怒濤」(速く吹く風と、激しく打ち寄せる波)とか「怒涛の勢い」というように使います。

怒涛の勢いというときは、荒れ狂った波のように、ものすごい勢いで何かをしている様子をあらわします。

・ほとんど諦めていたのだが、怒涛のスパートで逆転勝利を収めた。

・台風接近に伴い、天気予報の通り雨が怒涛のように降ってきた。

・怒涛のごとくカンカンに怒っている妻をなだめようとしたが無理だった。

怒涛のように、怒涛の勢い例文は?

武田の大軍が、怒濤のように城に押し寄せて取り囲んだ

大量の客が怒涛の勢いで押し寄せて来た

まさしく、怒涛のような1日であった

タイトルとURLをコピーしました