ダンブルドアなぜ黒い水(洞窟の薬)飲んだ?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「ハリーポッターと謎のプリンス」ではダンブルドアはハリーと共に分霊箱を探しに洞窟にたどり着くと、黒い水飲んで苦しみます。

この黒い水(薬?)は何なのでしょうか?またダンブルドアはなぜ飲んだのでしょうか?

スポンサーリンク

ダンブルドアなぜ黒い水(洞窟の薬)飲んだ?

ダンブルドアが洞窟で飲んだ黒い水は毒薬みたいなものです。

飲むとのどがすごく渇き幻覚や幻聴が聞こえる上に内臓が焼けるような痛みも伴う特殊な毒薬です。

「分霊箱を獲ろうとする者」を弱らせるためにヴォルデモートが仕掛けておいたものです。

ダンブルドアのような人でも、あれを飲むと自分を失い「これを飲むより死ぬ方がましだ、殺してくれ!」と頼んでしまうような酷い状態になります。

ダンブルドアは自分がそういう状態になることがわかっていたのでハリーに「何があっても最後の一滴まで、これをわしに飲ませるのじゃ」とお願いしていました。

ダンブルドアは家族を失っており、そのことで一生自分を責め続けました。

妹アリアナが死んだ原因を作ってしまったからです。

ですからあの毒薬を飲んだとき、彼は妹が死んだときの幻覚を見ていました。

それは彼にとって死ぬよりもつらいことだったのです。

その毒薬に分霊箱が沈んでいて、どんな呪文でもその毒薬を取り除くことができません。

あの水を全て飲みきらないと、分霊箱は手に入らなかったわけですが、なぜ飲む必要があったのか?

映画ではわかりにくかったのかもしれません。小説を読めばはっきりしますが、あの黒い水は、誰かが飲み干す以外に取り除けないよう、魔法がかけてあったのです。

くみ出すこともできないし、消失呪文や変身呪文も効きません。

また、ハリーはアグアメンティで水を出し、ダンブルドアに飲ませようとしますが、口に入れようとした瞬間に水は消えてしまいます。

口の中でやろうとしても結果は同じでしょう。水は出現しますが次の瞬間に消えて、飲むことはできないのです。

原作では、あの空間の中で魔法で作り出した水は飲めないことになっています。(すぐに消える)

ヴォルデモートは「ロケットを手にしようとした者は苦しんだ末、水を欲しがる → 魔法で出した水は飲めない → やむを得ず湖の水を飲もうとする → 亡者が目をさまして、その人物を水の中にひきこみ、殺す」というプログラムを仕組みました。

そしてレギュラス・ブラックはダンブルドアたちがこの洞窟にやってくる前に、既にこのプログラムにより命を落としています。

レギュラスも若い時こそヴォルデモートの配下・死喰い人でしたがヴォルデモート卿が目的のためならどんな手段でも講じると知ると脱退。

かわいがっていたクリーチャーがヴォルデモートのせいで瀕死となったこともありヴォルデモートの分霊箱のひとつを発見し破壊することを決意すると、スリザリンのロケットを手に入れて死亡しています。

タイトルとURLをコピーしました