由利麟太郎(ドラマ)第1話あらすじネタバレ!原作や感想もチェック!

スポンサーリンク
未分類

由利麟太郎のドラマは、普段はあまりテレビを見ないミステリー小説家でも楽しみしている人は多いんじゃないでしょうか。

横溝正史といえば金田一耕助シリーズがあまりにも有名で幾度となくドラマにも映画にもなっていますが、
隠れた名作との評価の高い由利麟太郎のドラマのあらすじを原作をもとにネタバレしていきたいと思います。

スポンサーリンク

由利麟太郎(ドラマ)第1話「花髑髏」あらすじ

【第1話PR・30秒】探偵・由利麟太郎

由利麟太郎(吉川晃司)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵。頭脳明晰(めいせき)で「警視庁にその人あり」と言われるほど優秀な人物だったが、ある事件をきっかけに退職。現在では、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、骨董(こっとう)品屋を営む波田聡美(どんぐり)が家主となる部屋を拠点にしている。また、由利を「先生」と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従え、犯罪心理学者として活躍している一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。

そんな由利のもとに、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届く。「挑戦状だ!」と息巻く俊助とともに、早速、指定された場所へ向かった由利は、そこで血が滴る冷凍庫を発見。中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造の養女・日下瑠璃子(新川優愛)が全身を縛られ、血を流した状態で閉じ込められていた。

瑠璃子にまだ息があることを確認した由利は、救急車を呼び、冷凍庫の持ち主である日下の屋敷へと急ぐ。そして、由利の旧友でもある京都府警の等々力警部(田辺誠一)と合流し、俊助が人影を見たという2階へ駆け上がると、瑛造の息子・瑛一の部屋と思われる一室で、致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートを発見。さらに研究室では、日下が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかる。由利は、遺体の傍らに不気味に置かれた、血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になり…

https://www.ktv.jp/yuri/story/

由利麟太郎(ドラマ)第1話「花髑髏」の原作ネタバレ

由利麟太郎(ドラマ)第1話の内容は同名の原作小説「花髑髏」に収録されています。

「白蝋変化」「焙烙の刑」「花髑髏」の3篇が納められている昭和11-12年の作品になります。

花髑髏 (角川文庫)

名探偵・由利麟太郎のもとに突然舞い込んだ差し出し人不明の手紙、それは恐ろしい殺人事件の予告だった。
指定の場所へ急行した由利麟太郎は、箱の裂目から鮮血を滴らせた黒塗りの大きな長持を目の当たりにするが……。

由利麟太郎(ドラマ)第1話の感想

由利麟太郎(ドラマ)第1話では冷静沈着かつスタイリッシュな探偵役を吉川晃司さんが見事に演じています。

吉川晃司さんといえば歌手としての活動が目立つものの、実は芸能界には映画の主演でデビューを飾っており、俳優としても定評があります。

ただ地上波の連ドラは初主演でなおかつバディーものは初めてという手探りの中、
監督らスタッフとの意見交換の中で由利麟太郎が弓道を嗜むというドラマ版独自の設定も提案。

撮影が一段落つくと京都にあるスタジオの近くにある弓道場に向かい、空き時間で弓の練習の励むなどドラマ主演に真摯な姿勢を見せています。

助手兼バディー(相棒)には若手男性俳優集団D-BOYS所属で、廃油としての活躍が目覚ましく今後が大いに期待されている志尊淳さん。

タイトルとURLをコピーしました