夜がどれほど暗くても(ドラマ)のwiki!相関図や原作は?結末ネタバレ

スポンサーリンク
未分類

主人公の週刊誌の副編集長は仕事ぶりを評価され順風満帆なジャーナリスト人生を歩んでいたが、ある日、ひとり息子がストーカー殺人事件を起こし、被害者とともに自ら命を絶つと、
スクープを追う側だった志賀は、一転、追われる立場になるというストーリー。

引用:https://www.wowow.co.jp/drama/original/yoruga/

スポンサーリンク

夜がどれほど暗くても(ドラマ)のあらすじ

志賀倫成(しがみちなり)は、大手出版社の雑誌『週刊春潮』の副編集長で、その売上は会社の大黒柱だった。
志賀は、スキャンダル記事こそが他の部門も支えているという自負を持ち、充実した編集者生活を送っていた。
だが大学生の息子・健輔(けんすけ)が、ストーカー殺人を犯した上で自殺したという疑いがかかったことで、
幸福だった生活は崩れ去る。スキャンダルを追う立場から追われる立場に転落、社の問題雑誌である『春潮48』へと左遷。
取材対象のみならず同僚からも罵倒される日々に精神をすりつぶしていく。
一人生き残った被害者の娘・奈々美から襲われ、妻も家出してしまった。
奈々美と触れ合ううちに、新たな光が見え始めるのだが……。

夜がどれほど暗くても(ドラマ)の原作

中山七里の報道サスペンス小説「夜がどれほど暗くても」

“どんでん返しの帝王”の異名を持ち、デビュー作「さよならドビュッシー」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞
映画『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』(11月公開予定)、映画『護られなかった者たちへ』(年内公開予定)、そして先日発表された、新木優子主演の連続ドラマW「セイレーンの懺悔」など

コメント
主演が上川隆也さんと聞いた瞬間、『ああ、もう原作者が口を差し挟む余地は何もないな』と安心しました
本作のテーマの一つは『全てを失くした者の再生』なのですが、上川さんなら見事に表現していただけるものと信じています

夜がどれほど暗くても(ドラマ)のキャスト相関図

上川隆也 志賀倫成役
志賀健輔
星野奈々美
葛城公彦
加藤シゲアキ 井波渉

上川隆也 志賀倫成役

スクープを追う有名週刊誌の副編集長

■上川隆也のコメント
今回の役は、これまでのWOWOW出演作品の中でも、もっと云ってしまえば、これまでのキャリアを見渡しても、演じてきたことのなかった様な人物です。今はこの『志賀倫成』という男と、どの様に相対することになるのかが楽しみ

志賀健輔

志賀倫成の息子でストーカー殺人を犯した上で自殺

星野奈々美

志賀健輔に両親を殺されてしまったにも拘らず、イジメに遭うなど、必ずしも世間から同情されるばかりではない存在

葛城公彦

警視庁捜査一課の刑事
天才的な閃きにも鋭い洞察にも無縁の平凡な青年

加藤シゲアキ 井波渉

雑誌「週刊時流」の若手記者で、週刊誌報道の正義を巡って、上司である志賀(上川隆也)とぶつかる。
息子が起こした殺人事件をきっかけにバッシングされ、“追われる側”となった志賀を密着取材することになる。

■加藤シゲアキのコメント
実際の事件などがモチーフとなっていることもあって、リアリティを感じました。情報に左右されがちな昨今において、真実を追い求める難しさ。つい見失ってしまう、人としてのあり方。他者との関わりとはなんなのか。この物語に込められた痛烈なメッセージに、強く胸を打たれました。演じさせていただく井波渉は志賀とは上司と部下ですが、話が進むにつれて一般的な関係とは異なり、いびつなものになっていきます。スキャンダルを扱う編集者は、一体どうあるべきか。なにが正しいのかわからなくなる世界で葛藤する井波には、誰もが共感できるのではないかと思います。

夜がどれほど暗くても(ドラマ)の最終回・結末をネタバレ

凶悪事件の容疑者家族として世間からバッシングを受ける日々。まさに絶望の淵に立たされる中、ある出来事をきっかけに事件の真相に迫っていくことになる。少しずつ浮かび上がっていく新しい真実。

夜がどれほど暗くても(ドラマ)の感想

タイトルとURLをコピーしました