デュアラーとは?物件の家探しは賃貸?デメリットや生活・仕事は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

デュアラーとは?二拠点生活(デュアルライフ)

スポンサーリンク

デュアラーとは?物件の家探しは賃貸?デメリットや生活・仕事は?

デュアラーとは?二拠点生活(デュアルライフ)
仕事がある平日は都心部で暮らしながら、週末だけ田舎暮らしをするなど

小代と大阪を行き来する、週末移住のようなスタイルでキャンプ生活を満喫中!

(「2019年トレンド予測 住まい領域」資料より引用 )
https://recruit-holdings.co.jp/newsroom/pdf/20181217_11.pdf

趣味満喫デュアラー
サーフィンや農業などの趣味を楽しむために、よく通うエリアがあり、拠点を持ってより深く楽しみたい。

自然癒されデュアラー
とにかく都会の喧騒(けんそう)から離れて、自然に触れたり、のんびりした時間を過ごしたりして、癒されたい。心を潤したい。

ふるさとデュアラー
都会育ちで故郷と呼べる場所がない、もしくは自分や配偶者の故郷を大切にしたい。地元の人と交流したいという願望も。

プレ移住デュアラー
いつかは田舎に移住したいと考えているが、地域コミュニティになじめるかなど、移住前に試してみたい。

のびのび子育てデュアラー
自然に触れるようなさまざまな体験をさせたり、多世代交流で、多様な価値観に触れるような、のびのびとした子育てをしたい。

地域貢献デュアラー
代替の利く職場環境で、自己承認欲求が満たされない。東京で培ったスキルを活かして、地方で地域貢献し自身の存在意義を感じたい。

別荘の一般的なイメージといえば、リタイア組をはじめとした中高年層が避暑地に所有する高級邸宅
セカンドハウスとなる住まいの選択肢も、シェアハウスに入居する・手頃な家賃の賃貸住宅を借りる・古民家を購入してリフォームする、とさまざま。行き来がしやすいよう、移動時間1?2時間程度の比較的近距離の郊外を選ぶことが多いようです。

デュアラーで物件の家探しは賃貸?

地方では空き家問題が顕著なため、安い物件なら月2万円程度で一軒家を借りることもできます。友達4人で借りてしまえば、一人5000円で地方に拠点を持てる計算に。家にいない間は民泊として貸し出せば、限りなくコストを下げることも可能です。
鹿児島に拠点を置くことで固定費を抑え、月に1~2回東京で活動する際の交通費を捻出しています。

住居のサブスクリプションサービスが増加していることもデュアラー増加の後押し
株式会社アドレスが月4万円から提供する、登録拠点なら全国どこでも泊まり放題になる定額制多拠点コリビングサービス「ADDress」や、株式会社Little Japanが提供する月1.5万円から全国のホステルに泊まり放題になる「ホステルパス」

月約2.5万円で千葉の房総に1500坪の物件を借りている人がいます。彼は30代でIT系企業の営業マン。毎週金曜から日曜の朝まで千葉で過ごし、平日は東京で仕事。7歳と5歳の子どもたちも月1回のペースで千葉に通い、自然の中で過ごしています。他にも、一軒を複数の世帯でシェアしているケースも。

デュアラーのデメリットや生活・仕事は?

コロナ禍で自宅で仕事をするテレワークが普及し、仕事のために都心に住むという選択肢は崩れ始めてきました。インターネット社会の現代、インターネット環境が整っていれば仕事をする場所はどこでも構わないという時代になったのです。住まいに関して意識が変わった方は現に多いようです。

「たとえば、都内だとカメラマンは飽和状態ですけど、地方ではまだポジションが空いていたりするんです」(Mさん)

もちろん、その人の職種や仕事の内容によるところもありますが、拠点を増やすことで新しい仕事を生むことにつながるのです。

コミュニケーションの問題では、「拠点が複数あるために、恋愛関係に発展する相手が見つかりにくい」というデュアラーならではの悩みも。

タイトルとURLをコピーしました