エドワード・シャーマンの妻エレン殺害事件の真相・動機は?

スポンサーリンク
未分類

エドワード・シャーマン(通称:エド、Edward Sherman)はIQの高い人たちのための組織であるメンサ・インターナショナルのメンバーで、
地元の学校で教鞭をとっていたものの、妻のエレン(Ellen)を殺害した容疑で逮捕されています。

テレビ番組「奇跡体験!アンビリバボー」の放送回【完全犯罪目論む天才大学教授VSベテラン刑事】でも紹介されました。

■放送内容
1985年、エレンという女性が自宅で絞殺された。容疑者として浮上したのはエド・シャーマン。大学で教師をしている彼女の夫だった。しかし、遺体の死亡推定時刻に、エドは友人たちと船に乗り海上にいたというアリバイが。 遺体の第一発見者である人物の証言から、エアコンの設定が異常に低くされており、遺体の状態が操作されていたと推理。本当の死亡時刻が分かれば、エドのアリバイも崩れる。刑事・マルチックは徹底した聞き込みから、本当の死亡時刻を絞り込んだ。これでエドのアリバイは完全に崩れた、はずだった。しかし、頭の切れるエドは万一のために他にも天才的な策略をめぐらせていた。 なかなか確証を掴めないマルチック刑事はついに責任を追及され警察を追われてしまう。しかし退職後も諦めず、ひとり捜査を続行することを決めたのだった!

スポンサーリンク

エドワード・シャーマンの妻エレン殺害事件の経緯

1985年、殺人事件がコネチカット州ナイアンティックの小さな町を揺るがした。妊娠中の妻が寝室で 絞殺されているのが発見されました 夫が船旅に出ている間にです

コネチカット州ナイアンティックの趣のある町で結婚したエド・シャーマンとエレンは幸せな夫婦のように見えました。

エレンはショーケース・オブ・ホームズという不動産雑誌を経営して成功を収め、エドはコミュニティカレッジでパートタイムで教えていました。

エレンは陽気で生き生きとしていて、エドを心から愛し、一人っ子のジェシカを幸せな環境で育てました。

オールアメリカンなカップルの縮図のように見えたエド・エレン夫婦ですが、実は彼らの私生活は世間の目とは全く違っていました。

エドはよく妻の入れ替わりやセックスパーティーに参加する女たらしだった。

エレンもあまり気にしていないようで、自分でもよくその活動に参加していたようですが、エドの愛人だったナンシー・プレスコットには限界できなかったようです。

エレンは、ナンシーと別れるようにエドと話し合いを重ねます。

エドは同意し、夫婦は結婚生活の再開をしていたところエレンが待望の妊娠。

しかし1985年8月の日曜日、エドが友人4人と恒例のヨットの船旅に出ていた時、船の無線で警察から妊娠中の妻が死んだとの連絡が入った。

妻はその夜、エドに頼んで様子を見に来てもらった家族の男性の友人レン・フレドリクソンに発見された。

一見すると、まだエアコンがついていた。侵入者が家に入ってきてエレンの命を搾り取ったかのように見えます。

エレンの首の周りの合皮から検死官は自分の下着で絞め殺されたと判断したが さらに調査を進めればパンティが首にかかる前に絞め殺されていた可能性があり、検死官は彼女がその日曜日の早朝に殺されたと推定。

エドワード・シャーマンの妻エレン殺害事件の犯人は?

ただここで最大の疑問は誰がエレンの殺害したのか?

捜査官はまず容疑者として配偶者のエドに疑いの目を向けますがエドは 日曜日にはヨットで出かけていたし4人の目撃者がいてアリバイがありました。

エドは殺人の夜に友人の家で妻と話していたこともあったし、全員が彼の電話の声を聞いていた。

コネチカット州犯罪研究所の ヘンリー・リー博士

目撃者の証言によると、エドが出航した日の朝、地元のビデオ店で出くわしたそうです。

彼女の話によると、エドは「ブラックアウト」というホラー映画を勧めたという。

このミステリーは、アレン・デヴリンという名の醜い男が、早くから妻と子供を残忍に殺し、その後、捜査員を妨害するために事件現場を操作していた可能性があるというものだ。

映画の中では、リチャード・ウィドマーク演じるジョー・スタイナー刑事は戸惑いながらも、アレンが実は残忍な殺人事件の犯人であることを証明しようと動き出す。

映画「ブラックアウト」では巧妙なトリックを使う犯人は捜査員が追い詰めていきますが、最大のカギとなったのがエアコンの設定を最高にして動かしっぱなしにしていたこと。

極端に寒い温度は死後硬直と死体の分解を遅らせるので、捜査官は正確な死亡時刻を正確に推定できなくなります。

シャーマン事件では、検死官が死亡時刻を日曜日としたが、彼らはエアコンが動いていたことを考慮すると死亡時刻は実際には2日前の金曜日だったと推測。

つまりエレンはヨットの船旅に出かける前に死んだ可能性がある…

それでもエドには別のアリバイもありました。殺人の夜遠く、離れた場所から妻に電話をしていたし友人もそれを目撃しています。

ただここでエドのアリバイを覆す重要な目撃証言が出てきます。

エドが電話をしていた時に、ヨット仲間の娘の一人彼女が両親の寝室で受話器を拾ったところ、なんとエドが話しているのが聞こえたと証言。

つまりエドワード・シャーマンが妻と話すふりをして、鳴っている受話器に向かって話しているのを聞いたと証言したことから、エドワード・シャーマンのアリバイにほころびが生じるようになります。

エドワード・シャーマンの妻エレン殺害事件の真相は?

事件の真相は、エドは金曜日の夕食後、妻を素手で絞め殺したという。彼はその後、下着を妻の喉に巻きつけ、性犯罪だと捜査官に誤解を与えようとしたという。

その後、映画「ブラックアウト」に触発されて、最終的に検死官と本当の死亡時刻を誤魔化すために、腐敗のプロセスを遅らせるためにエアコンを以上に低くしたわけです。

その後、彼は友人の家に釣りに出かけ、その夜遅くにかかってきた電話を、すべて友人の耳に届く範囲内で、しかし誰かが聞いていることに気づかずにあざ笑っていた。

最終的には映画「ブラックアウト」のおかげで、捜査官たちは、実際の死亡時刻は日曜日ではなく、二日前のエドがまだ家にいた時だと結論づけました。

エド・シャーマンは殺人容疑で逮捕され検察側はエレンが結婚をあきらめて離婚を望んでいたと主張しました。

裁判では法医学的証拠に基づいて、エドには殺人を犯す時間と動機があったと判断され犯行から6年後に第一級殺人罪で有罪となり、エド・シャーマンは懲役50年を言い渡されました。

エドは罪を認めず、有罪判決から3年後には心臓発作を起こして獄中で死亡しました。

タイトルとURLをコピーしました