科捜研の女 ドラマをきっかけに 京都府警が実用化した技術は?#エンタメ検定

スポンサーリンク
0未分類

9月2日の「グッドモーニング」内のクイズ「エンタメ検定」で出題された問題は【科捜研の女 ドラマをきっかけに 京都府警が実用化した技術は?】でした。

■当ブログの人気コンテンツ

スポンサーリンク

答え:科捜研の女 ドラマをきっかけに 京都府警が実用化した技術は?【エンタメ検定】

青:ドローンで犯人追跡
赤:映像の拡大鮮明化
緑:DNA鑑定

答え:DNA鑑定(緑)

DNAから半日で年齢推定 京都科捜研職員が新手法

事件現場に残されたわずかな唾液や血液から、容疑者のおおよその年齢をたった半日で絞り込む――。京都府警科学捜査研究所(科捜研)の専門研究員、浜野悠也さん(31)が考案した鑑定手法が、警察関係者の注目を集めている。解析時間を大幅に短縮し、的確な初動捜査につながることが期待される。

年齢幅を推定するには、「メチル化」と呼ばれる加齢に応じて変化するDNAの一部構造の高度な解析が必要。だが、専門の外部機関に依頼すると約1週間かかり、1回につき数十万円必要なことから、捜査現場で活用されることはなかった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32237050W8A620C1AC1000/
タイトルとURLをコピーしました