ファブルで鈴木とヒナの関係は?最後はなぜ?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「ファブル」で登場する鈴木とは本名不詳で宇津帆に雇われている現役の殺し屋

経験豊富で冷酷な殺し屋である一方、ヒナ(ヒナコ)をかばったり守ることもありますが、その理由はなぜ?2人の関係は?

スポンサーリンク

ファブルで鈴木とヒナの関係は?最後はなぜ?

ファブルで殺し屋の鈴木がヒナちゃんをなぜかばったりするのか?2人はもしかしたらただならぬ関係なのかもしれませんが、鈴木がそもそも無益な殺生をするような性格ではないので、一般人のヒナはプロとして守るべきと判断しただけなのかもしれません。

ただ鈴木は一応、ヒナもチームの一員として信頼は置いていたのではないでしょうか。

ペラペラ喋り、逃げ癖のある井崎のことはすごく嫌っていましたけどヒナには気遣ったり優しくしたりする素振りもありました。

「お前を守るのも俺の仕事だ」とヒナに言っていますし、現に行かなくていいと言われたにもかかわらず公園までわざわざ出向いてヒナに声をかけた男(アキラ)にキックを食らわせています。

仲間意識があったんでしょう。

これは想像で深読みすればですけど鈴木はウツボから酷い目に合っているヒナを少しは可哀想に思ったり、もしくは心憎からず思っていたのかもしれません。

のちに出てくるアザミやユーカリもそうですが、ファブルに出てくる殺し屋はかなり同士を大切にし、受けた恩は返したいと考えている者が多いです。だからキャラクターが魅力的なんでしょうね。

ヒナが地雷を踏んだ時点で鈴木は自分たちの計画は全て失敗したと悟り、佐藤兄妹に負けを認めました。

おまけに自分たちが仕掛けた罠に仲間のヒナがはまってしまった。殺そうとした佐藤兄妹は自分たちに報復するどころか、ヒナを助けようとしてくれている。

鈴木なりにその責任を重く感じたのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました