機能性神経障害(FND)を乗り越えソフィーとジョナサンの現在は?

スポンサーリンク
未分類

機能性神経障害(FND)という難病を抱えたソフィーと、彼女を献身的に支えるジョナサンの愛の物語が「奇跡体験!アンビリバボー キュンです!恋人たちの奇跡2時間SP」で放送されました。

イギリスのある若い女性が記憶をすべて失うものの、3年間付き合った彼氏と再び恋に落ちるという、まさに映画『50回目のファースト・キス』をほうふつとさせる世紀のラブストーリーがあります。

映画のストーリーの主人公は英サリー在住のソフィー・クレイトンさん(Sophie Clayton)と恋人のジョナサン・ウィルソンさん(Jonathan Wilson)です。

スポンサーリンク

機能性神経障害(FND)を発症したソフィーにジョナサンは?

ソフィー・クレイトンさんはジョナサン・ウィルソンさんと知り合って交際をしていましたが、ある日、突然の鼻血や左目の出血に見舞われます。

当時、ロンドン救急車サービスのコントロールルーム(救急コールセンター)の仕事をしていたソフィーさんは、夜勤に向かうため自宅で身支度をしていたところで、
ソフィーさんの母親は出血が止まらない状況から娘が脳卒中を起こしたと思い、急いで救急車を呼び病院で診察を受けると、
脳と神経をつなぐ信号が遮られた状態となる「機能性神経障害(FND)」という珍しい症状だと診断されます。

ロンドンのセント・ジョージズ病院に搬送されたソフィーさんは、ものの数分でその日までのすべてを忘れてしまいます。

そのまま10日間入院することとなりますが、自分の名前、家族全員、ナイフとフォークの使い方を学ぶだけでなく、2年半のボーイフレンドであるジョナサンにとっても再びソフィーさんと知り合う必要がありました。

米ミネソタ州に本部を置く「メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)」によると、FNDを発症する原因は今だ不明な点が多い謎の病気。

一説によると神経障害、ストレス、精神的または肉体的外傷によって引き起こされる可能性があるとされていますが、
ソフィーさんの場合はどちらも考えにくいことから、もともと障害を持って生まれてきた可能性があったのでは?とされています。

つまりソフィーはFNDによる脳と神経系の間の分離は、いつでも起こった可能性があり、
何らかの原因で脳にわずかな圧力がかかっていて、鼻血がその圧力を解放したときに、一気に症状が進んだのではないかとみられています。

FNDの症状としては飲食、視力、聴力、そして歩行などが困難になる場合があるそうですが、
ソフィーは長期記憶をつかさどる部分の神経にダメージが集中した結果、生まれてからの記憶をすべて失うという壊滅的な結果になったようです。

ソフィーさんは歩行などが困難になったうえ記憶障害となり父親が最初に病院に来たときにも最初に言ったのは『この人は誰だ』ということでした。

翌日にはジョナサンさんが見舞いに来たものの母親に「この男性は誰なの?」と訊いてしまったという。

ジョナサンは機能性神経障害(FND)のソフィーに再アタック!

しかしジョナサンさんはソフィーさんを諦めることなく、むしろソフィーに寄り添い続ます。

ジョナサンは最初のデートをしたバース・クリスマスマーケットやロンドンのキューガーデンにソフィーさんを連れて行くなど2人の思い出の場所に連れていき、
リッチモンドパーク、海辺、ロンドン一周ツアーなどソフィーのお気に入りの場所に彼女を連れて行きます。

そんなジョナサンさんにソフィーさんが再び恋に落ちるまで時間はかからなかったようです。

ソフィーさんはジョナサンさんについて「記憶を失った当初は、何だか人目が気になって落ち着かない感じがしました。そんな中でジョナサンは常に『君は美しい』『君を愛している』と語りかけてくれました。」

「私達の思い出を失ったことが本当に辛かったのですが、彼がそれを再現してくれることに幸せを感じました。そして私は、また彼に恋していることに気づいたんです。」

ソフィーさんは「交際したての新鮮な気持ちで彼を愛している」とジョナサンさんに対して出会った当時の新鮮な気持ちで向き合うことができるようになります。

機能性神経障害(FND)を乗り越えソフィーとジョナサンの現在は?

ソフィーさんは「自分の記憶力は回復しないだろう」と過去の思い出は取り戻せないという事実を受け止めて、前に進むことだけ考えるようになります。

彼女は「彼がはるかに先を行っている間、私は新婚旅行期間中のようなものです。私たちは正反対の極にいる」とも話していますが、そんな2人は一緒に暮らすための新居を探している最中。

「私は彼との再会を果たすことができたような気がしていると言ってもいいでしょう。本当に素敵な気分です」

ちなみに、日本でも「8年越しの花嫁」という実話をもとにした小説・映画が似たようなストーリーとなっています。

抗NMDA受容体脳炎と診断された女性が1年半もの意識不明から目覚めるものの、婚約者のことはすべて忘れてしまっていました。

そこでフィアンセは彼女との思い出を丁寧に振り返えり、再び惹かれあうといった内容となっています。

タイトルとURLをコピーしました