フランスU23サッカー東京五輪代表メンバーwiki|注目選手やポジションは?

スポンサーリンク
0未分類

東京五輪に出場するフランスU23サッカー東京五輪代表メンバーについてまとめています。

スポンサーリンク

フランスU23サッカー東京五輪代表メンバー

フランスU23サッカー東京五輪代表メンバーは、2021年UEFA欧州U-21選手権のグループステージの招集メンバーがベースになるとみられます。

背番号 ポジション 名前 表記 所属チーム
1 GK アルバン・ラフォン Alban・Lafont ナント(フランス)
16 GK ディミトリー・ベルトー Dimitry・Bertaud モンペリエ(フランス)
23 GK イラン・メリエ Illan・Meslier リーズ・ユナイテッド(イングランド)
2 DF ピエール・カルル Pierre・Kalulu ミラン(イタリア)
3 DF ウェズレイ・フォファナ Wesley・Fofana レスター・シティ(イングランド)
5 DF ブノワ・バディアシル Benoit・Badiashile モナコ(フランス)
6 DF イブラヒマ・コナテ Ibrahima・Konate RBライプツィヒ(ドイツ)
7 DF アドリアン・トゥルフェール Adrien・Truffert レンヌ(フランス)
12 DF ジュール・クンデ Jules・Kounde セビージャ(スペイン)
13 DF コラン・ダグバ Colin・Dagba パリ・サンジェルマン(フランス)
21 DF フェトゥ・マウアサ Faitout・Maouassa レンヌ(フランス)
4 MF ブバカル・カマラ Boubacar・Kamara マルセイユ(フランス)
10 MF マテオ・ゲンドゥージ Matteo・Guendouzi ヘルタBSC(ドイツ)
14 MF オーレリアン・トシュアメニ Aurelien・Tchouameni モナコ(フランス)
15 MF ロマン・フェーヴル Romain・Faivre ブレスト(フランス)
17 MF エドゥアルド・カマヴィンガ Eduardo・Camavinga レンヌ(フランス)
20 MF ブバカリ・スマレ Boubakary・Soumare リール(フランス)
8 FW アレクシー・クロード=モーリス Alexis・Claude-Maurice ニース(フランス)
9 FW アミーヌ・グイリ Amine・Gouiri (フランス・ニース)
11 FW ジョナサン・イコネ Jonathan・Ikone リール(フランス)
18 FW ランダル・コロ Randal・Kolo ナント(フランス)
19 FW アルマン・ラウリアンテ Armand・Lauriente ロリアン(フランス)
22 FW オドソンヌ・エドワール Odsonne・Edouard セルティック(スコットランド)

アルバン・ラフォン Alban・Lafont

アルバン・マルク・ラフォン(1999年1月23日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、フィオレンティーナからのレンタル移籍でリーグ1のナントに所属し、U21フランス代表のゴールキーパーとして活躍しています。

AS Lattoiseのアカデミーで学んだ後、2014年にトゥールーズと契約し、翌年にはリーグ1でプレーする最年少GKとしてデビューしました。その後、2018年にフィオレンティーナに移籍するまで、同クラブで100試合以上に出場しました。

ラフォンは、様々なユースレベルでフランス代表として活躍し、2017年のFIFA U-20ワールドカップにも出場しています。

ラフォンは、ブルキナファソの首都ワガドゥグーで、フランス人の父とブルキナベ人の母の間に生まれた[4]。 9歳のときに両親が離婚し、ラフォンはフランスに渡り、父と一緒にヘローに住むことになった。母親はブルキナファソに残り、後にブルキナファソ国民議会の進歩人民運動の議員となる[5][6] ラフォンはスポーツ一家の出身である。母方の祖父は10年間サッカーを続け、後にワガドゥグー・シューティングスターの会長を務め、母はハンドボールのナショナルチームに所属していた[5][6]。 父もテニスをしていた[7]。

ラフォンはアマチュアチームのAS Lattoiseでキャリアをスタートし、当初は攻撃的MFとしてプレーしていましたが、その後GKに転向しました[8]。 Lattoiseで6年間過ごした後、2014年にリーグ1のToulouseと契約しました[9]。

■2015-16シーズン
ラフォンは、トゥールーズのアカデミーで1年弱を過ごした後、クラブ監督のドミニク・アリバゲから2015年11月28日のOGCニース戦でリーグ1デビューを任された[10][11]。 これによりラフォンは、それまでミカール・ランドローが持っていた記録を上回る、16歳310日でリーグ1でプレーする史上最年少GKとなった。 12] アリ・アハマダとマウロ・ゴイコエチェアに代わってトゥールーズの先発GKとなったラフォンは、最初の2つの試合でクリーンシートを守ったが、2015年12月5日のロリアン戦で3-2の敗戦を喫し、ついに失点してしまった。2016年1月、ラフォンはイタリアの「ガゼッタ・デロ・スポルト」誌が発表したU-20世界最優秀選手の34位に選ばれ、A.C.ミランのジャンルイジ・ドンナルンマと並ぶ2人のゴールキーパーの1人として紹介された。 2016年6月30日、ラフォンはトゥールーズと新契約を結び、2020年までクラブとの契約を延長した[15]。

■2016-17シーズン
2015年にトゥールーズでデビューしたラフォンは、リーグ1でプレーする最年少GKとなった。
ラフォンは翌シーズンもトゥールーズの1番を保持し、開幕週末のマルセイユ戦でクリーンシートを達成してキャンペーンを開始した。 [16] 10月22日、トゥールーズはアンジェと0-0で引き分け、ラフォンはマン・オブ・ザ・マッチに選出された。 [18] その4日後、クープ・ドゥ・ラ・リーグにデビューしたラフォンは、リーグ2のオセールに1-0で勝利し、再びクリーンシートを達成した[19] その後、2017年1月8日にクープ・ドゥ・フランスに初出場し、マルセイユに延長戦で2-1で敗れた試合で先発出場した。 [20] 翌月、PSGとの0-0の引き分けで、30年ぶりの最年少GKとしてリーグ1での50試合出場を達成した[21] 全試合で38試合に出場し、11回のクリーンシートを達成し、トゥールーズは13位でリーグ1シーズンを終えた[22] 。

■2017-18シーズン
2018年2月、トゥールーズのゴールで印象的な活躍を続けたラフォンは、CIES Football Observatoryによって、世界で2番目に有望な20歳以下のサッカー選手に選ばれた。彼より高く評価されたのはジャンルイジ・ドンナルンマだけで、同国人でゴールデンボーイを受賞したキリアン・ムバッペは3位にランクインした[23]。 2018年4月29日、リーグ戦でレンヌに2-1で敗れた試合で先発し、クラブでの100試合目の出場を果たした。シーズンでは12回のクリーンシートを達成し、トゥールーズがアジャクシオとのプレーオフで勝利した際にも出場し、降格回避に貢献しました[24]。

■フィオレンティーナ
2018年7月2日、ラフォンはイタリアのフィオレンティーナと5年契約を結び、700万ユーロ+ボーナスと報じられた[25]。 続いて8月26日、フィオレンティーナの92周年記念日に行われたキエーヴォ・ヴェローナ戦で6-1の勝利に貢献し、デビューを果たした[26][27]。 最終的にシーズン38試合に出場したが、ラフォンの印象的なセーブのレパートリーに合わせて、注目を集めるようなミスが相次ぐなど、気の抜けないキャンペーンとなった[28]。

■ナントへのレンタル
2019年6月29日、バルウォミエ・ドラコウスキーにポジションを奪われたラフォンは、フランスに戻り、離脱したシプリアン・タウルシュアヌの代役として、ナントに2シーズンの長期レンタル移籍で加入した。ナントは、700万ユーロの移籍金でラフォンとの永久契約のオプションも確保した[29][30]。

■代表歴
ラフォンは、様々なユースレベルでフランス代表として活躍してきました。2015年10月20日の北アイルランド戦で、フランスU17代表としてデビューし、クリーンシートを達成した。しかし、トゥールーズが降格争いを助けるために、シーズン最後の2試合のためにクラブに残るように働きかけたため、ラフォンは2016年のU-17欧州選手権のフランス代表には選ばれませんでした[31]。

2016年9月、ラフォンはベルナール・ディオメード監督によって2016年リモージュ大会のフランスU18代表20名に選出された[32]。 彼は常在選手として活躍し、フランスは3試合中2試合に勝利し、もう1試合を引き分けて、首位で大会を終えた[33]。 [34] 同年5月、韓国で開催された2017 FIFA U-20ワールドカップのフランス代表に選出された[35] 大会期間中、ポール・ベルナルドーニと交互にフランス代表の先発キーパーを務めたが、ラウンドオブ16でイタリアに敗退した[36] 。

ディミトリー・ベルトー Dimitry・Bertaud

ディミトリー・ベルトー(1998年6月6日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のモンペリエとフランスU21代表でゴールキーパーとして活躍しています。

モンペリエのユース出身のベルトランは、2017年6月12日にクラブと最初のプロ契約を結んだ[1]。 2017年10月24日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグのグインガン戦で2-0の勝利を収め、プロデビューを果たした[2][3]。

■代表歴
ベルトーはフランスのユース代表で、2017年のトゥーロン大会にも代表として参加しています[4]。

イラン・メスエ Illan・Meslier

イラン・メスエ(2000年3月2日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、プレミアリーグのリーズ・ユナイテッドでゴールキーパーとして活躍しています。

メスリエは、6歳のときに地元のクラブであるメルルベネでサッカーを始め、FCロリアンとの試合で成功した後、そのアカデミーに参加しました[5]。 2018年2月1日、ロリアンと最初のプロ契約を結びました[6]。 2018年7月、ロリアンは、リーグ1のASモナコによるメスリエの1,000万ユーロの入札を拒否しました[7][8]。 また、イングランドのプレミアリーグのチェルシーからも関心を寄せられました[9][8]。

ロリアンに残留し、間もなく2018年8月14日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグのヴァランシエンヌFC戦で1-0で勝利したロリアンで、当時の監督であるミカエル・ランドローの下でプロデビューを果たした[10]。 プロ入り後の5試合で連続してクリーンシートを達成し、6試合目のパリFC戦では初失点を喫した。 [11] ロリアンが1-0で勝利したクレルモン戦では、クレルモンのマヌエル・ペレスが獲得したPKをロスタイムにセーブした[12] 2018-19シーズンには、クラブのナンバー1キーパーとしての地位を固め、全試合で30回出場し、11回のクリーンシートを達成した。彼の活躍により、ロリアンは2018-19年のリーグ2で6位に入りましたが、RCレンズとの得失点差により惜しくもプレーオフ進出を逃してしまいました。[13]

■2019-20シーズン
2019年8月8日、メスリエはイングランド・チャンピオンシップのチームであるリーズ・ユナイテッドとシーズン・ロング・ローンで契約し、リーズはメスリエを永久契約で購入するオプションも持っていた[14][15]。 キコ・カシージャに次ぐセカンド・チョイスのGKとしてシーズンを開始し、カミル・ミアゼクとベンチの座を争ったメスリエは、リーズ・ユナイテッドのアンダー23のために12月までに3つの別々のPKをセーブし、PKセーブの専門家としての評判を得た[16]。

2020年1月4日、マルセロ・ビエルサ監督は、1月6日にリーズがFAカップでプレミアリーグのアーセナルと対戦する際に、メスリエがデビューすることを発表した[17]。 メスリエはデビュー戦でプレミアリーグのアーセナルに1-0で敗れたものの、印象的なパフォーマンスを見せ、試合中の配給やセーブが評価された[18]。 2020年2月29日、アウェイでハル・シティに4-0で勝利した際に、リーズのリーグ戦デビューを果たした[19]。

同僚GKのキコ・カシージャに8試合の出場停止処分が下された後、メズリエはリーズのファーストチョイスとしてシーズンを終え、メズリエはリーグ戦10試合で7回のクリーンシートを達成し、リーズのチャンピオンズリーグとプレミアリーグ昇格に貢献した[20][21]。

■2020-21シーズン
2020年7月23日、メスリエはプレミアリーグ昇格を果たしたリーズに永久加入し、3年契約を結んだ[22] メスリエは2020年9月12日に行われたリヴァプールとのシーズン初戦で2020-21シーズンのプレミアリーグデビューを果たし、アンフィールドで王者に3-4で敗れた試合で先発出場した。 [23][24] 9月28日、ブラモールレーンで行われたシェフィールド・ユナイテッドとのヨークシャー・ダービー1-0の試合で、メスリエは0-0での点差反射セーブを含む一連のファインセーブをして、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。[25]

2021年2月23日、メズリエは21歳以下のGKとして初めて、プレミアリーグの1シーズンで8回のクリーンシートを記録した[26]。

■代表歴
メスリエは、フランスU20’sに至るまで、フランスの国際レベルでキャップを獲得しています。また、2019年のFIFA U-20ワールドカップのフランスU20代表の一員として、2019年5月にファーストチョイスのGKとしてプレーしました[27]。

2019年11月、メスリエはフランスU21’s代表に招集され、2019年11月19日のスイスU21’s戦で3-1の敗北を喫した際、未使用の代役として起用された[28]。 2020年8月、ジョージアU21、アゼルバイジャンU21との試合でフランスU21代表に再招集された[29]。

■プレースタイル
その外見と体格から、メスリエのGKスタイルは、ベルギー代表GKティボー・クルトワと比較されている[30][31]。

ピエール・カルル Pierre・Kalulu

ピエール・カルル(2000年6月5日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、セリエAのA.C.ミランでディフェンダーとして活躍しています。主に右サイドバックですが、セントラルディフェンスでもプレーできます[2]。

■リヨン
カルルは、2010年夏にユースクラブのAS De Saint-Priestからオランピック・リヨンのユースアカデミーに移籍しました。リヨンでは、2010年から2018年まで異なるユース部門を通過し、2018年6月にオリン ピック・リヨンの2ndチームに昇格しました。2020年3月5日のアミアンSCとのホームゲームでは、カルルはオリンピック・リヨンの1stチームに招集されたが、試合には出場しなかった[3]。

■ミラン
2020年夏、カルルはA.C.ミランに移籍し、2025年までの契約を結んだ。[4] 2020年12月10日、カルルはプロデビューを果たし、ヨーロッパリーグのスパルタ・プラハ戦で左サイドのセンターバックとして全試合に出場した。ミランが1-0で勝利した際、カルルはチームのクリーンシート維持に貢献したと称賛された。 [5] その3日後の2020年12月13日、パルマとのホームゲームで、負傷したマッテオ・ガッビアに代わって5分から出場し、セリエAでのデビューを果たした[6] 翌2020年12月16日に行われたジェノアとのアウェイ戦で、カルルはセリエAで初の先発出場を果たし、2-2の引き分けに終わった試合で同点に追いつき、シニアキャリアでのデビューゴールを決めた[7] 。

■代表歴
カルルは、フランスの市民権に加えて、コンゴ民主共和国の市民権も持っています[8]。 2018年6月以降、フランスの様々なナショナルジュニアチームを経て、2019年のUEFA欧州Under-19選手権に参加しています。

ウェズレイ・フォファナ Wesley・Fofana

ウェズレイ・フォファナ(2000年12月17日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、プレミアリーグのレスター・シティやフランスU21代表でディフェンダーとして活躍しています。

フォファナは、ブーシュ・デュ・ローヌ県マルセイユに生まれました[5]。マリ系の血を引いています[6]。6人兄弟の一人で、6歳の時にレポ・ヴィトローでサッカーを始めました[7]。

フォファナはイスラム教徒で、ラマダンの断食中に1時間前に交代したり、断食明けに水分を摂れるように、30分経過後に試合を一時中断したことがあります。

■サンテティエンヌ
2015年からユースに所属していたフォファナは、2018年5月15日にサンテティエンヌと初のプロ契約を結んだ[8]。 2019年5月18日に行われたリーグ1のニース戦で3-0で勝利し、同クラブでのデビューを果たした[9]。

■レスター・シティ
フォファナは、2020年10月2日にプレミアリーグのレスター・シティに加入し、5年契約を結んだ[10]。 サンテティエンヌに支払われた移籍金は、最大で3650万ポンドと報じられた[11]。

ブノワ・バディアシル Benoit・Badiashile

ブノワ・バディアシル(2001年3月26日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のモナコとフランスU21代表でディフェンダーとして活躍しています。

2018年2月5日、ブノワ・バディアシルはモナコとプロとしての初契約を結んだ[1]。 2018年11月11日、パリ・サンジェルマンに4-0で敗れたリーグ1でプロデビューを果たした[2]。

■代表歴
フランスで生まれたブノワ・バディアシルは、コンゴ系の血を引いています[3]。 フランスのユース国際選手です。

同じくモナコのプロサッカー選手であるロイック・バディアシルは兄

イブラヒマ・コナテ Ibrahima・Konate

アドリアン・トゥルフェール Adrien・Truffert

イブラヒマ・コナテ(1999年5月25日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、ブンデスリーガのRBライプツィヒやフランスU21代表でセンターバックとして活躍しています。

コナテは、2017年2月7日に行われたリーグ2のオセール戦で1-0の敗戦を喫したソショーで、17歳にしてプロデビューを果たしました[3]。 デビューシーズンの半年間で12試合・1ゴールと成功を収めたコナテは、2017年6月12日にブンデスリーガのRBライプツィヒに5年契約で移籍しました[4][5]。

■代表歴
フランス生まれ、マリ系フランスのユース国際選手。

ジュール・クンデ Jules・Kounde

ジュール・オリビエ・クンデ(1998年11月12日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーガエスパニョーラのセビージャとU21フランス代表でセンターバックとして活躍しています。

クウデは、2018年1月7日に行われたラウンド・オブ・64でUSグランビルに2-1で敗れたクープ・ドゥ・フランスのアウェイ戦で、ボルドーのトップチームデビュー戦に先発出場し、通常時の90分と延長戦の30分にフル出場しました。 [3] 2018年1月13日に行われたトロワとの1-0のアウェイ戦で、ボルドーのリーグ1デビュー戦で先発出場しました[4] 2018年2月10日に行われたアミアンとの3-2のリーグ1ホーム戦で、クウンデは開幕ゴールを決めました。これは彼のキャリア初のリーグ1ゴールであり、ボルドーのトップチームでの初の競争力あるゴールでした[5] 。

■セビージャ
2019年7月3日、スペインのセビージャFCと契約。ボルドーに支払われた移籍金は2500万ユーロと報じられた[6]。

コラン・ダグバ Colin・Dagba

コラン・オバサニャ・ダグバ(1998年9月9日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のパリ・サンジェルマンとU21フランス代表で右サイドバックとして活躍しています[2][3]。

フランスで生まれたダグバの両親は、フランス人とベニス人。

2017年7月3日、ダグバはパリ・サンジェルマンとプロとして初めての契約を結び、3年間クラブに在籍しました[4]。 2018年8月4日にプロデビューし、2018年のトロフェ・デ・チャンピオンズのモナコ戦で先発し、PSGの4-0の勝利として終えました[5]。

2019年10月3日、ダグバはPSGと2024年6月30日までの契約を締結した[6]。 パリのクラブでの初ゴールは、2020年12月5日のモンペリエとのリーグ戦で3-1で勝利したときのものだった[7]。

フェトゥ・マウアサ Faitout・Maouassa

Christ-Emmanuel Faitout Maouassa(1998年7月6日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のレンヌやフランスU21代表で左サイドバックとして活躍している[1]。

ブバカル・カマラ Boubacar・Kamara

■ナンシー
マウアサは、ナンシーのユースのエキスパンドです。2015年8月3日のトゥール戦で、リーグ2デビューを果たした[2]。

■レンヌ
2017年6月16日、ナンシーが降格の憂き目にあったため、マウアサはリーグ1のレンヌと4年契約を結んだ[3]。

■代表歴
マウアサは、コンゴ共和国出身の両親のもと、フランスで生まれた[4]。 フランスのユース代表である。

マテオ・ゲンドゥージ Matteo・Guendouzi

マテオ・ゲンドゥージ(Matteo Guendouzi、1999年4月14日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、プレミアリーグのアーセナルからレンタルされているブンデスリーガのヘルタBSCと、フランスU21代表でミッドフィールダーとして活躍しています。

ゲンドゥージは、6歳でパリ・サンジェルマンのアカデミーでキャリアをスタートさせ、2014年にパリを離れてロリアンのアカデミーに参加しました。ロリアンのリザーブチームの代表を経て、2016年にトップチームに昇格しました。

■ロリアン
ゲンドゥージは、2016年10月15日、1-2で敗れたリーグ1のナント戦でロリアンにデビューしました。デビューシーズンの2016-17シーズンは、ロリアンがシーズン終了後に2部に降格したため、全コンペティションで9回プレーしました[4][5][6]。

2017-18シーズン、ゲンドゥージはロリアンで21回出場しましたが、昇格を逃し、リーグ2の7位に終わりました[7]。

■アーセナル
夏の移籍市場であった2018年7月11日、ゲンドゥージがプレミアリーグのアーセナルに、700万ポンド(約7億円)+ボーナスとみられる非公開の移籍金で加入したことが発表された[8]。 ヘッドコーチのウナイ・エメリは次のように述べている。彼は才能のある若い選手で、多くのクラブが彼に興味を持っていました。彼は大きな可能性を秘めており、昨シーズンはロリアンでトップチームでの良い経験を積んだ。彼は学び、向上することを望んでおり、我々のトップチームの重要な一員となるだろう」[9] 2018年8月12日、グェンドゥージはアーセナルの開幕戦であるディフェンディングチャンピオンのマンチェスター・シティ戦でプレミアリーグデビューを果たし、チーム最多の72タッチを記録した。試合は0-2で敗れました[10]。2018年10月4日、アーセナルが3-0で勝利したカラバフFKとのアウェイ戦で、アレクサンドル・ラカゼットのアシストを受けて、ペナルティエリア内から低い弾道でゴールを決め、キャリア初のプロゴールを記録しました[11]。 2019年5月29日、ヨーロッパリーグ決勝のチェルシー戦で、グエンドゥージはベンチから出場しましたが、結局アーセナルは1-4で敗れました[12]。

2020年6月20日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの選手であるニール・モーペイと試合後に口論した後、ゲンドゥージは「態度と一般的な行動」に問題があったことを理由に、アーセナルのトレーニングから除外され、クラブの試合日のメンバーからも外されました[13]。

■ヘルタBSC(レンタル)
2020年10月5日、アーセナルはグェンドゥージが2020-21シーズンの間、ヘルタBSCにレンタルされることを発表した[14]。 2020年11月1日、グェンドゥージはブンデスリーガのVfLヴォルフスブルク戦で1-1の引き分けでデビューした[15]。 2020年12月12日、クラブでの初ゴールを決め、ブンデスリーガのボルシア・メンヘングラッドバッハ戦では1-1の引き分けに終わった[16]。

■代表歴
ゲンドゥージは、フランス・パリの郊外で生まれた。フランスU20までのレベルでフランス代表として活躍してきた[7] モロッコの血を一部引いているグェンドゥージは、2017年にモロッコのエルヴェ・ルナール監督からモロッコ代表としてプレーするための忠誠心の変更を打診された。しかし、2017年3月にグェンドゥージの父親がレナールに会った後、グェンドゥージは残留してフランスに忠誠を誓うことを決めた[17]。

2019年9月2日、グェンドゥージは、UEFAユーロ2020予選のアルバニア戦とアンドラ戦で、負傷したポール・ポグバに代わってフランスのシニアチームに初めて招集された[18]。 しかし、両試合ともに使用されない代役であった。

マテオ・ゲンドゥージの兄ミランもサッカー選手。

オーレリアン・チュアメニ Aurelien・Tchouameni

オーレリアン・チュアメニ(2000年1月27日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のモナコとフランスU21代表で守備的MFとして活躍しています[2]。

■ボルドー
チュアメニは、2018年7月26日に行われたUEFAヨーロッパリーグ第2次予選のラトビアのFK Ventspilsとのアウェイ戦で、1-0でボルドーのトップチームデビューを果たし、試合に先発して89分間プレーしました[3]。 8月9日には、ヨーロッパリーグのボルドーのマリウポリとのアウェイ戦で3-1で勝利した際に、決勝ゴールを決めて、シニアクラブでのキャリア初ゴールを記録しました[4]。

モナコ
2020年1月29日、チュアメニは、リーグ1のモナコと4年半の契約を結んだ[5]。約1年間、クラブチームでプレーした後、2021年1月23日のオリンピック・ドゥ・マルセイユ戦で2点目のゴールを決め、ついにリーグ戦での初ゴールを記録した。

■代表歴
チュアメニはカメルーン系です[6] フランスのユース代表です。

ロマン・フェーヴル Romain・Faivre

ロマン・フェーヴル(1998年7月14日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のブレストとフランスU21代表でミッドフィールダーとして活躍しています。

■モナコ
2018年2月12日、フェーヴルはモナコとプロとして初めての契約を結んだ[2]。 2018年12月19日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグのロリアン戦(1-0)でプロデビューを果たした[3]。

■ブレスト
2020年6月30日、フェーヴルは65万ユーロの契約でブレストに移籍した[4]。 8月23日のニームとのリーグ戦4-0の敗戦で、同クラブでのデビューを果たした[5]。

エドゥアルド・カマヴィンガ Eduardo・Camavinga

エドゥアルド・カマヴィンガ(2002年11月10日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のレンヌやフランス代表でMFとして活躍しています[3]。 コンゴ人の両親のもと、アンゴラで生まれた彼は、世界のサッカー界でもトップレベルの若手として注目されています。

キンシャサから逃れてきたコンゴ人の両親のもと、2002年にアンゴラのミコンゲの難民キャンプで生まれた[4]。2歳のときに家族でフランスに移住し、フジェールに移り住んで成長した。柔道をやっていた時期もあったが、サッカーに専念するために柔道をやめた。2013年、Camavingas家が焼失し、一家の財産のほとんどが失われたが、Eduardoはこれが自分をサッカーの道に向かわせる動機になったと主張した[5]。

2020年7月7日、言及なしでバカロレアES(経済・社会)を取得した[6][7]。

■クラブでのキャリア
カマヴィンガは11歳からレンヌのユースに所属していた。 2018年12月14日に16歳1カ月で初めてプロ契約を結び、同クラブの史上最年少プロ選手となった[8]。 2019年4月6日に行われたリーグ1のアンジェとの3-3の試合でレンヌのプロデビューを果たし[9]、16歳4カ月でレンヌのトップチームでプレーした史上最年少選手となった[10]。

2019年8月18日、2-1で勝利したパリ・サンジェルマン戦で、カマヴィンガはアシストを記録し、マン・オブ・ザ・マッチ賞を受賞した[11]。 2019年12月15日、1-0で勝利したリヨン戦で、試合終了間際の89分にレンヌでの初ゴールを決めた[12]。

■代表歴
アンゴラのカビンダで生まれたカマビンガは、2歳のときにフランスに移住した。2019年11月5日、フランス国籍を取得した[13]。 2019年11月11日、カマヴィンガは、マテオ・ギュンドゥージがシニアチームに招集された後、ジョージア戦とスイス戦のフランスのアンダー21チームの代表に選ばれた[14]。

2020年8月27日、ポール・ポグバがCOVID-19の陽性反応で欠場した後、カマヴィンガはフランスのシニアチームに招集された。その際、フランスのシニアチームに招集された最年少選手は、1932年のルネ・ジェラール(17歳9ヶ月17日)以来となった[15]。 9月8日、UEFAネーションズリーグのクロアチア戦(4-2)で、後半途中からンゴロ・カンテに代わってデビューした[16]。 その際、フランス代表でプレーした最年少選手は、1914年のモーリス・ガスティガー(17歳9ヶ月29日)以来となった[17]。

2020年10月7日のウクライナ戦(7-1)で、カマビンガはフランス代表として初めて先発出場し、オーバーヘッドキックでゴールを決め、国際大会での初ゴールを記録した。これにより、フランス代表では1914年のモーリス・ガスティガー以来の最年少ゴール記録を達成した[18]。

ブバカリ・スマレ Boubakary・Soumare

ブバカリ・スマレ(1999年2月27日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のリールと21歳以下のフランス代表のミッドフィールダーとして活躍しています。国際的には、U16からU21までのフランス代表として活躍しています。

サッカーを始めたばかりの頃、スマレはパリFCのユース選手でした。2006年から2011年まで同クラブに在籍し、その後、パリ・サンジェルマン・ユース・アカデミーに入団します。PSGでは、2017年に同クラブのBチームで8試合に出場し、同年末に退団することになる。

■リール
2017年7月7日、スマレはリールと3年契約を結んだ[2]。 プロデビューは、2017年11月5日に行われたリーグ1のメッス戦での3-0の勝利だった[3]。 2017-18シーズンの終わりに、リールはリーグ1に残留することができ、契約にそのようなオプションが含まれていたため、スーマレの契約は2年延長されることになった[4]。

スマレのリールでの初ゴールは、2019年5月5日に行われたリヨンとの2-2の引き分けで生まれた[5]。

■代表歴
スーマレはフランスで生まれ、セネガル系の血を引いている。様々なレベルのフランスのユース代表として活躍している[2]。

■プレースタイル
将来性のあるボックス・トゥ・ボックス型のMFで、フィジカルと技術力のバランスの良さから、ポール・ポグバと比較されている。

アレクシー・クロード=モーリス Alexis・Claude-Maurice

アレクシー・クロード=モーリス(1998年6月6日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のニースとU21フランス代表でフォワードとして活躍している[1]。

FCロリアンの下部組織に所属し、2017年にトップチームデビュー。各国から注目を集め、2018-19シーズン終了後はアーセナルFCやウェストハム・ユナイテッドFCから興味を持たれたが本人はボルシア・メンヒェングラートバッハへの移籍を希望していた[1]。メンヒェングラートバッハはその後800万ユーロを提示したがロリアン側に断られている[2]。

2019年夏の移籍市場でリーグ・アンのOGCニースに移籍した[3]。

アミーヌ・グイリ Amine・Gouiri

アミーヌ・グイリ(2000年2月16日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のニースやU21フランス代表でストライカーとして活躍しています[2]。

■リヨン
2013年からオリンピック・リヨネに所属していたグイリは、2017年7月3日にリヨンと3年間のプロ契約を初めて結びました[3]。

国際的に有名なプロスペクトであるグイリは、2016年9月10日に行われたリーグ1のFCジロンダン・ド・ボルドー戦で16歳にしてリヨンのベンチ入りを果たし、17歳にしてリヨンBチームでデビューした[4]。 2017年11月19日に行われたリーグ1のモンペリエとのホームでの0-0の引き分けでトップチームデビューを果たした。73分後にタンギー・ンドンベレに代わってフィールドに入った[5]。

■ニース
2020年7月1日、グイリは同じリーグ1のニースに4年契約で700万ユーロで加入した[6][7] 2020年8月23日、ニースでの最初の競争試合となったリーグ戦のホームでの昇格したばかりのレンズ戦に2-1で勝利して2ゴールを決め、フランスのトップリーグでのクラブデビューで少なくとも2ゴールを決めた過去70年間のクラブ最年少選手となった。 [8] 2020年10月29日、2020-21UEFAヨーロッパリーグのハポエル・ベエル・シェバ戦で1-0の勝利を収め、唯一のゴールを決めた[9]。

■代表歴
フランスのユース代表として活躍したグイリは、2017年のUEFA欧州Under-17選手権で7ゴールを挙げ、大会得点王となりました[10]。 同大会での活躍後、グイリは欧州の様々なクラブから注目を集め、『ガーディアン』紙では世界最高のヤングタレントの一人と評価されました[11]。

グイリはフランス代表として2017年FIFA U-17ワールドカップ(インド)にも出場し[12]、大会デビュー戦となったニューカレドニアU17代表戦でブレースを決めた[13]。同大会では合計5ゴールを決めた。

2018年のUEFA U19ユーロでは、グループステージ第2戦のトルコ戦[14]と第3戦のイングランド戦[15]で、2試合連続でブレースを決めました。

ジョナサン・イコネ Jonathan・Ikone

ナニタモ・ジョナサン・イコネ(1998年5月2日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のリールとフランス代表でフォワードとして活躍しています[2]。

■パリ・サンジェルマン
イコネは2016年9月28日、UEFAチャンピオンズリーグのルドゴレツ戦で、1-3のアウェー戦で88分後にアンヘル・ディ・マリアに代わってプロデビューした[3]。 その3日後のボルドー戦で、2-0のホーム戦で88分後に再びディ・マリアに代わって出場し、リーグ1デビューを果たした[4]。

■モンペリエ(レンタル)
2017年1月18日、イコネは同じリーグ1のモンペリエに残りのシーズンのためにレンタルされた[5]。 その3日後のメッス戦でデビューし、試合全体に出場した[6]。

■リール
2018年7月1日、イコネは5年契約でリーグ1のリールに移籍しました[7]。

国際的なキャリア
イコネはフランスで生まれ、DRコンゴ系の血を引いている[8] フランスのユース国際サッカー選手である[9] 2019年9月のアルバニア戦とアンドラ戦でフランスのシニア代表に招集された[10] 9月7日のアルバニア戦では、キングスレイ・コマンの代役として77分から出場し、デビュー戦でゴールを決めた[11] 。

ランダル・コロ Randal・Kolo

ランダル・コロ(1998年12月5日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のナントとフランスU21代表でフォワードとして活躍しています。

2021年2月、コロ・ムアニは、2018年にウィリアム・サリバが撮影した、フランスのユース国際チームのチームメイトが自分の体を触ったり、自慰行為をしている様子を撮影した物議を醸すビデオの被写体になっていると噂された[7]。 コロ・ムアニは、フランスのユースチームでサリバと同じドレッシングルームにいたことすらSNSで否定している[8]。

ボンディで生まれたコロ・ムアニは、パリ近郊の様々なクラブでプレーした後、2015年にナントのユースアカデミーに移籍しました[1]。 2018年6月4日、ユース所属のナントと初めてプロ契約を結びました[2]。 2018年11月30日に行われたリーグ1のサンテティエンヌ戦(3-0)でプロデビューを果たしました[3]。

2019年8月、コロ・ムアニはブローニュに1シーズンのレンタル移籍で加入した[4]。

■代表歴
フランスのユース代表です。ランダル・コロは以前、U21チームで試合に出場したことがある

アルマン・ラウリアンテ Armand・Lauriente

アルマン・ラウリアンテ(1998年12月4日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、リーグ1のLorientとU21フランス代表でフォワードとして活躍しています。

2018年7月23日、ラウリエンテはスタッド・ルネF.C.とプロとして初めての契約を結び、すぐにフランス・リーグ2のオルレアンにレンタル移籍した[1]。 ラウリエンテは、2018年7月27日に行われたRCレンズとのリーグ2での2-0の敗戦で、オルレアンでプロデビューを果たした[2]。

2019年1月にレンヌに復帰した[3]。

■代表歴
ラウリアンテは、2021年からフランスU21代表に選出されています。

オドソンヌ・エドワール Odsonne・Edouard

オドソンヌ・エドゥアール(1998年1月16日生まれ)は、フランスのプロサッカー選手で、スコティッシュ・プレミアシップのセルティックとフランスU21代表のフォワードとして活躍しています。

AFボビニーのユースを経て、2011年7月にパリ・サンジェルマンと契約したエドゥアールは、2016-17シーズンに同じリーグ1のトゥールーズにレンタルされました。翌シーズンはセルティックにレンタルされ、国内3冠を達成した後、クラブ史上最高額の移籍金でセルティックに期限付き移籍しました。

また、様々なユースレベルでフランス代表として活躍し、2015年のUEFA欧州U-17選手権では同国の中心選手として活躍し、ゴールデンプレーヤー賞とゴールデンブーツ賞を受賞しました。

エドゥアールは、フランス領ギアナのクールーで生まれました[1] アマチュアチームのAFボビニーから、2011年にパリ・サンジェルマン・アカデミーに入団しました[2][3] 最初に目立った活躍をしたのは、2013-14年のシーズンで、U17レベルでクラブの得点王となり、U17ナショナル・チャンピオンシップで22試合に出場して25ゴールを記録しました。翌シーズンのU17では、リーグ戦14試合に出場して22ゴールを記録し、アル・カス・カップでは優勝チームの一員として、5試合に出場して3ゴールという成績で大会を終えた[4][5] また、U19の代表として、UEFAユースリーグ2試合、クープ・ガンバルデッラの試合、U19チャンピオンシップ7試合に出場し、7ゴールを記録した。2年間でクラブのユースレベルで60以上のゴールを決め、「ロケット」「マジック・オドソンヌ」の愛称で親しまれた[6]。

2015-16シーズン、エドゥアールはU19チームとCFAチームの両方でプレーしました。2016年1月には、クラブのサポーターが投票して特定のシーズンの最優秀アカデミー選手に贈られる賞「2015年ティティ・ドール」を受賞した[7]。 この賞は、過去にキングスレイ・コマンやジャン=ケヴィン・オーギュスタンなどの選手が受賞したことでも知られている。PSGはユースリーグの決勝にも進出したが、最終的にはチェルシーに2-1で敗れた。エドゥアールはこの大会で3ゴール、3アシストを記録した[8]。

2016年4月27日、パリ・サンジェルマンのシニアチームとプロ契約を結んだ[2][3][8] 2016-17年のプレシーズン中、エドゥアールは2016インターナショナル・チャンピオンズ・カップに参加するPSGのメンバーに含まれていた。 [9] それまで代役として出場していた彼は、レスター戦の79分に出場し、非競技デビューで得点を決め、クラブのインターナショナル・チャンピオンズカップ最終戦の終了間際に4-0としました[10][11] この勝利の結果、PSGはインターナショナル・チャンピオンズカップのチャンピオンに輝きました[12] 。

■トゥールーズへのレンタル
2016年8月8日、エドゥアールはトゥールーズに1シーズンのレンタル移籍で加入しました[13][14][15][16] 2016年8月14日のマルセイユ戦で、0-0のアウェイでの引き分けで74分後にイシアガ・シッラと交代し、クラブでのデビューを果たしました[17] エドゥアールは11月19日のメッス戦で、2-1のホームでの敗戦で、アディショナルタイムの後半にコンソレーションゴールを決め、プロとしての初ゴールを記録しました[18] 。

2017年3月30日、エドゥアールは2月11日にエアソフトガンで通行人に発砲し、頭部を負傷させた疑いをかけられた[19]。 この事件の結果、警察の取り調べを受け、トゥールーズからローンが早期に打ち切られた[20]。 ローンが打ち切られた時点で、エドゥアールは同クラブで17試合に出場し、1ゴールを決めていた。後に、チームメイトのマシュー・カファロが銃を撃ったのは自分だと告白したことが明らかになった[21]。 しかし、カファロは後に撤回し、6月13日、トゥールーズの検察官は、この事件への関与について、エドゥアールに4カ月の執行猶予付きの実刑判決と6,000ユーロの罰金を科すよう求めた。エドゥアールは、カファロが銃を撃ったと主張していたが、カファロは銃撃時に車に乗っていなかったと主張していた[22]。 7月4日、エドゥアールはトゥールーズの矯正裁判所から執行猶予付きの4カ月の懲役刑を言い渡された。また、6,000ユーロの罰金と、被害者の耳に受けた傷に対する2,600ユーロの損害賠償の支払いも命じられた[23]。

■セルティック
パリ・サンジェルマンからレンタル
エドゥアールは、2017年8月31日にスコティッシュ・プレミアシップのセルティックと1シーズンのレンタル契約を結んだ[24]。 9月8日にアウェーで行われたハミルトン・アカデミカル戦でデビュー戦でゴールを決め、セルティックの4-1の勝利に貢献した。 [25] その後、12月2日にセルティック・パークで行われたマザーウェル戦で5-1の勝利を収め、キャリア初のハットトリックを達成した[26] その3日後、グループステージで敗れたアンデルレヒト戦で、同胞のムサ・デンベレの代役として出場し、UEFAチャンピオンズリーグにデビューした[27] 。

2018年3月11日、アイブロックス・スタジアムでライバルのレンジャーズに3-2で勝利した際、69分に勝利のゴールを決め、4月29日には同じ相手に5-0で勝利して2ゴールを追加し、セルティックのリーグ7連覇を決めた[28][29]。 最終的にシーズン29試合に出場し、11回のゴールを決め、セルティックは国内3冠を達成した[27]。

2018年6月15日、エドゥアールはセルティックと4年契約を結び、その金額はクラブが史上最高額だと述べた[30]。 その金額は、クラブが2000年にクリス・サットン、2001年にジョン・ハートソンに支払った600万ポンドを超えなければならなかったはずで、関係者は800万ポンド以上と見積もっている[31]。 翌月、彼は2018年のゴールデンボーイ賞の100人の候補者に選ばれ、スコットランドでプレーする唯一のサッカー選手として栄誉ある賞にノミネートされた。 [32] 今シーズンの初戦、2018-19 UEFAチャンピオンズリーグの予選ラウンド第1戦のアラシュケルト戦で、エドゥアールは3-0の勝利で開幕ゴールを決めた[33] 次のラウンドでも得点を重ね、セルティック・パークで行われたローゼンボリ戦で3-1の勝利で2回ネットを揺らし、ブレンダン・ロジャース監督は彼のプレーを見て「トップストライカー」と表現した[34][35] 。

2019年5月25日、エドゥアールはセルティックがハーツを下してスコティッシュ・カップを獲得し、スコティッシュ・プレミアシップ、スコティッシュ・リーグ・カップ、スコティッシュ・カップを3年連続で制覇するという歴史的な “トレブル・トレブル “を達成するために2得点した[36] 。

11月には、監督のニール・レノンが「ニグル」と表現した軽度の負傷に見舞われたが[38]、後に彼は、エドゥアールはリーグカップ決勝でプレーするのに適しているはずだと述べた[39]。 エドゥアールは、COVID-19パンデミックのために縮小された2019-20スコティッシュ・プレミアシップで、得点王に輝いた[40]。

■代表歴
クラブレベルでの印象的なパフォーマンスの後、エドゥアールはジャン=クロード・ギティーニ監督によって2015年のUEFA欧州U-17選手権に選出され、フランスは15ゴール、2回の失点のみで優勝した。エドゥアールは、5試合でフランスの15ゴールのうち8ゴールを決め、大会記録を達成し、ゴールデンプレーヤーと得点王に輝きました[41][42][43][44] 特に、ドイツとの決勝戦では、試合を制するハットトリックを決めました[45]。

タイトルとURLをコピーしました