藤原麻里菜の高校や大学などwiki調査!考える術でマツコ番組・夜更かし出演

スポンサーリンク
0未分類

藤原麻里菜さんは女子大に通う美人発明家で2021年時点で200点を超える工作物、発明品を発表。「考える術」という著作も発表しています。

テレビにはマツコ・デラックスさんがMCを務める「月曜から夜ふかし」の他「火曜は全力!華大さんと千鳥くん」にも出演した藤原麻里菜さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

藤原麻里菜wikiプロフィール

名前:藤原麻里菜(ふじわら まりな)

生年月日:1993年7月20日

年齢:27歳

血液型:AB型

出身地:神奈川県横浜市戸塚区

出身高校:横浜桜陽高校

事務所:フリー(2020年8月によしもとクリエイティブ・エージェンシー退社)

職業:コンテンツクリエイター、文筆家、映像作家、発明家、YouTuber

藤原麻里菜さんは高校卒業後に吉本の養成所に入所。

1年間の養成所期間を経て、東京NSCを18期生として卒業すると2013年に芸人デビューしています。

すると所属していた吉本興業で、芸人のYouTubeチャンネルを作る計画が持ち上がり、藤原麻里菜さんは現在まで続く「無駄づくり」チャンネルを開設することになります。

、自作の実験工作や発明を動画で投稿している。

寿司を食べるときの醤油をピタゴラ装置で取る「お醤油を取る無駄装置」

藤原麻里菜の経歴

藤原麻里菜さんの「無駄づくり」チャンネルでは2021年時点で200点を超える自作の実験工作や発明が動画で紹介されていますが、寿司を食べるときの醤油をピタゴラ装置で取る「お醤油を取る無駄装置」などが初期作品。

2016年に藤原麻里菜さんは芸人を辞めると、現在はYouTubeチャンネル「無駄づくり」を中心にやツイッターなどの映像媒体、WEBメディアやブログなどの記事媒体の2本柱で、月4本程度のペースで更新を続けています。

「ウザい人をキスで黙らせるマシーン」「『別れました』とツイートされると光るライト」など、実用性はないものの見た人の共感を誘う「無駄づくり」発明品を数多く手がけています。

藤原麻里菜は村上信五さん(関ジャニ∞)とマツコ・デラックスさんの深夜番組「月曜から夜ふかし」に下町の発明王としてたびたび登場したことで知名度がどんどん上がっています。

「別れました」とツイートされると光るライト | 無駄づくり

2016年、Google社主催の「YouTube Next Up」に入賞。2018年6月、国外での初個展『無用發明展-無中生有的没有用部屋in台北』を開催

2019年度には、総務省の「異能vaton 破壊的な挑戦部門」で最終選考を通過

2021年には第24回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門で「オンライン飲み会緊急脱出マシーン」が審査委員会推薦作品に選出

オンライン飲み会緊急脱出マシーン | 無駄づくり

■藤原麻里菜のTV出演
・デジ魂(BS日テレ)

・お願いランキング(テレビ朝日)

・魂の文科系TV(TBS)

・なぜ?そこ?(テレビ朝日)*YouTube動画

・ありがとッ!(tvk)

・ニュースな二人(TBS)*YouTube動画

・マサカメTV(NHK)

・月曜から夜ふかし(日本テレビ)

・スッキリ!!(日本テレビ)

・今後爆売れしたら、前から知ってたよって自慢できるので集めてみた(MBS)

・ほぼほぼ?真夜中のツギクルモノ探し?(テレビ東京)

・火曜は全力!華大さんと千鳥くん

ミニ四駆で壁ドンマシーン作った  | 無駄づくり

藤原麻里菜の考える術

藤原麻里菜さんは『考える術-人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』という著作を発表しています。

人と違う「ひらめき」を生み出すための思考テクが、71個も紹介されている本で、以下の8つのカテゴリーに分類してまとめられています。

「言葉」から考える
「半径1メートル」から考える
ひねくれて考える
「みんなが知っていること」から考える
「自分のこと」から考える
「情報」から考える
「感情」から考える
「考え方」を考える

自分が知りたい種類の思考術に辿り着きやすい「思考の辞書」のような立て付けになっています。

また、「考える術」の中で藤原麻里菜さんは「ダジャレ」から考えることがアイディアの突破口になると指摘しています。

例えば、AIをテーマにダジャレでアイディアを考えることで、

・AIドル(Al×アイドル):人工知能を搭載したアイドル
・吉田AI作(AI×吉田栄作):トレンディなセリフしか言わない人工知能

といったものが出てくる事例を紹介しています。

言葉から発想する癖をつけることで、想像力がどんどん成長していき、ふつうだと思いつかないようなアイディアが生まれる。そしてこれは、無作為に言葉をつくる発想法なので、アイディアを考えるスピードが速くなり、量を増やすことができる。その分、ピタッとくるアイディアに出合う確率も高くなる。

ダジャレに限らず、2つ以上のものを組み合わせて新しいものを考えるというのは、あの孫正義さんも学生時代にひたすら繰り返した起業アイデアの創出方法として知られています。

カリフォルニア大学の学生だった孫正義さんは、「スピーカー」と「翻訳」という2つを結び付けることで音声付き自動翻訳機を発明すると、なんと1億6000万円で売れたというエピソードがあります。

藤原麻里菜のツイッターやインスタグラム

藤原麻里菜のツイッター
@togenkyoo

藤原麻里菜のインスタグラム

藤原麻里菜のフェイスブック

藤原麻里菜の高校や大学など学歴は?

藤原麻里菜さんの通っていた高校は、神奈川県横浜市戸塚区汲沢町にある横浜桜陽高校です。

地元の学校にある偏差値もそれほど高くはない学校なので、藤原麻里菜さんは通学しやすさを重視してこの高校を選んだのかもしれませんね。

下記2校が統合してできた新しい学校で

神奈川県立豊田高等学校
神奈川県立汲沢高等学校

日本初のフレキシブルスクール(単位制の普通科高校)つまり、大学の講義のようなスタイルで授業をしているそうです。

高校卒業後、藤原麻里菜さんは美術大学への進学を希望していたものの、学力がまったく足りなかったため断念。

かといって就職する気もなかったこともあり、母親と進路の相談をしたところ芸人になることをとても喜んでくれたそうです。

「麻里菜はちっちゃい頃からすごく面白かったから、絶対芸人になれるよ!」と背中を押され、引くに引けなくなってしまった藤原麻里菜さん。

居酒屋やたい焼き屋さんで必死にバイトして、吉本興業のお笑い芸人養成所で必要な授業料の40万円を稼いだそうです。

藤原麻里菜の彼氏は?

藤原麻里菜さんのプライベートについて調べられる範囲では彼氏の存在を匂わせる情報は確認できませんでした。

ただ「彼氏にキスで起こされるマシーン」は当時、恋人募集中だった藤原麻里菜さんが彼氏の口づけで目を覚ますシチュエーションに憧れたことがきっかけで生み出された発明品とのこと。

目覚まし時計のスイッチが入ると同時に、モーターのついた発泡スチロール製の男性の顔が寝ている人めがけて落ちてくるマシーンとなっています。

藤原麻里菜の年収は?

藤原麻里菜さんの現在、東京の江東区のアトリエで発明品の制作に取り組んでいるそうですが、は企業から依頼を受けて、PR用に作品をつくることも増えてきて、ほどほどに暮らせるだけの年収を得られるようになったそうです。

ただもちろん最初から十分な収入があったわけではなく最初はわずかなギャラしかもらえなかったそうです。

それでも「小さな仕事だって、きちんと育てていけば、いずれは稼げる仕事になるかもしれないと」小さな仕事の積み重ねていった結果、スキルアップや人脈につながり、あとからお金がついてくるようになったと話しています。

藤原麻里菜さんの年収や稼ぎ方については「無駄なことを続けるために ほどほどに暮らせる稼ぎ方」という著書に詳しくまとめられています。

■内容
生活には必要ないけど、あったら暮らしが豊かになる「無駄づくり」というYouTuber活動を通して、弱冠25歳の女性が見つけた「ほどほどに暮らせる新しい稼ぎ方」。億万長者にならなくたって、自分の暮らしを満足させられるマネタイズ方法を彼女なりに提案。人にとっては無駄かもしれない、けれど、あなたにとって楽しくて好きなことを続けるための手助けになる一冊。

タイトルとURLをコピーしました