Get Ready(ドラマ)あらすじ・原作は小説・マンガ?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドラマ「Get Ready!」は正体不明の闇医者チームの活躍を1話完結で描く医療ヒューマンドラマ。

妻夫木聡さんが孤高の天才執刀医・波佐間永介(通称:エース)を演じますが、ドラマ「Get Ready!」の原作は小説・マンガ?

日曜劇場『Get Ready!』|TBSテレビ
TBS「日曜劇場『Get Ready!』」の番組情報ページです。
スポンサーリンク

Get Ready!(ドラマ)原作は小説・マンガ?

妻夫木聡主演でダークな医療エンターテインメント放送「日曜劇場ではなかなか見られないようなにおい」

来年1月、俳優妻夫木聡(41)主演でTBS系日曜劇場「Get Ready!」(日曜午後9時)が放送されることが決定した。妻夫木は超人的なオペ技術と法外な治療費で手術を請け負う闇医者チームを率いる通称・エースという天才執刀医を演じる。エースの相棒役のジョーカーと呼ばれる国際弁護士を共演の藤原竜也(40)が担う。孤高の天才執刀医が患者の人生にメスを入れる前代未聞のダークな医療エンターテインメントがスタートする。

妻夫木演じる波佐間永介の昼間の顔は、自身のパティスリー「カーサブランシェ」のパティシエだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/75bd89d7ef6063fa610f98f929ad0b81cc7fa479

ドラマ「Get Ready!」は超人的なオペ技術と法外な治療費でどんな手術も請け負う正体不明の闇医者チームを軸に、人間の生きる意味を問いただすダーク医療ストーリー。

1話完結の完全オリジナル作となっているため、原作はないようです。

Get Ready!(ドラマ)あらすじ

昼間はパティスリー「カーサブランシェ」でパティシエをしている波佐間永介の正体は孤高の天才執刀医で通称:エース。

その器用さと大胆なアイデアで繊細なケーキを作り販売しているが、法外な報酬と引き換えに超人的なオペ技術でどんな手術も請け負う闇の最強医療チームを率いる絶対的存在である。

パティスリーの地下には最新機器を取り揃えたオペ室があり、他で見放された患者を対象にオペを行っている。

この闇医者チームは、ターゲットとなる患者の前では仮面で顔を隠し、その正体は世の中には知られていない。素顔を隠し、秘密裏に医療行為を行う理由はいったい何なのか?

タイトルとURLをコピーしました