御殿場市長選2021立候補者(勝間田幹也,勝又正美)の公約・プロフィール

スポンサーリンク
0未分類

2021年の御殿場市長選挙(御殿場市長選)について、立候補者のプロフィールや公約(マニフェスト)をまとめています。

スポンサーリンク

御殿場市長選挙(御殿場市長選)2021の立候補者の公約・プロフィール

勝間田幹也の経歴・公約

勝間田みきや後援会
勝間田みきや後援会ホームページです。コロナ禍で混とんとする中、一筋の光を求め、希望ある未来に向け、新しい芽を出さなければなりません。 ここに「市民が主役!」「新 御殿場宣言!!」をテーマに掲げ、私の今までの経験を活かし市民の目線で実現してまいります。 どうかご支援くださいますようよろしくお願いいたします。勝間田幹也

市バレーボール協会理事長(元)市議長・御殿場西高職員▽東海大 

■政策・公約

コロナ対策
無症状者に対するPCR 検査費を公費負担とします。
感染者の宿泊療養施設を確保します。(重症者の拡大防止)
ワクチン接種3 回目の接種体制を確立します。(国からの方針・指針に即座に対応)
アフターコロナを見据えた経済支援、生活支援の充実をはかります。

一人ひとりの声を市政に反映
市民の目線で市政を運営します。(タウンミーティングの充実)
子どもたちがすくすく育つまちづくりを推進します。
さまざまな分野で女性の社会参画を促進します。
お年寄りが安心して生活できるまちづくりを推進します。
地域経済の発展を促す戦略会議を展開します。

行政デジタル化の推進
市民が使いやすいデジタル環境を整備します。
デジタル化で市民の利便性をはかります。(来庁不要で行政手続き)
行政デジタル化専門部署を設置します。

各地域の特性を活かしたまちづくりの推進
6つの地域がともに発展するまちづくりを目指します。
財産区との良好な関係を保ちます。
引き続き自衛隊との共存共栄に努めます。

勝又正美の経歴・公約

沼津東高、東京都立大卒。1978年に御殿場市役所に入り、市教育部長・市企画部長・玉穂小PTA会長を歴任

2016年4月から現職・副市長

■政策・公約
勝又正美候補は、行政経験を生かして前市長の市政を引き継ぎ、「命と暮らしを守る政策」に力を入れたいと訴えます。

勝又正美候補
「危機ともいえるこの難局のなかで、これを勝ち抜くためにも、行政経験43年の勝又正美を信じていただいて、ぜひチャンスをいただきたいと思います。私にぜひ任せて頂きたいと思います」
https://www.sut-tv.com/news/indiv/12329/

タイトルとURLをコピーしました