ロゼ事件とは?鋼の錬金術師(ハガレン)

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

鋼の錬金術師(ハガレン)ロゼ事件とは?

2003年に放送された鋼の錬金術師アニメ1期のロゼとは?

スポンサーリンク

ロゼ事件とは?鋼の錬金術師(ハガレン)

2003年に放映された鋼の錬金術師アニメ1期は、エド、アル始め、登場キャラクターほぼ全てに原作よりも苛烈で、過酷な運命が課せられるというオリジナルストーリーとなっていました。(ホムンクルスでさえ!)

ロゼはリオールで恋人を生き返らせてもらいたくて教主ダンテによるレト教にハマった少女ですが、原作だとエド達に助けられた後に終盤近くでリオールの復興を頑張る姿が描かれています。

エルリック兄弟によって教主のペテンが暴かれ、兄弟がリオールを立ち去った後、エンヴィーの化けたニセ教主によってリオールはふたたび煽動され、ついにはハクロ将軍率いる中央軍の介入にまで事態は悪化します。ロゼが連行されたのは、このときです。

本来なら恋人の死を乗り越えて明るく活発な少女として描かれる予定だったロゼが軍部に暴行され身ごもり、声まで失い、悪者のダンテの新しい器(肉体)にされかけるという不幸の極みを歩んでいます。

2003年版のアニメではその後の登場シーンでロゼが赤ちゃんを抱えており、その子供はロゼの実子でリオールの暴動で軍部に連行された際に暴行されて出来た子供という事になっています。

エドがふたたびリオールを訪れたとき、ロゼと再会するのですが…声を失ったロゼは、反中央の象徴として゛聖女″と呼ばれ、祭り上げられていました。

彼女を聖女に仕立てたのはスカーであり、そもそもエドはスカーを止めるためにリオールへ…という展開です。

結果として賛否両論となってしまい、原作の荒川先生が、「通すべきでなかったと思う」という言い回しで、このロゼの境遇について納得しない事態と発展し、2003年版の汚点として見るファンも存在します。

その一方で、本放映時、「土曜の夕方から、すごい話をやってる!」と、世間に衝撃を与えたのも事実です。

ロゼは、エドのピンチに振り絞るように声を出し、再び声を取り戻します。

また、不幸な形で得た子供とは言え、彼女にとって我が子であることは違いなく、彼女は子育てを生き甲斐として前に進んで行く生き方を選びます。

鋼の錬金術師(ハガレン)のロゼ事件にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました