鋼の錬金術師でタッカーの奥さん・最後は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

鋼の錬金術師の実写では大泉洋さんがショウ・タッカーを演じました。

自身の欲望・名誉・名声のために娘のニーナをアレキサンダーとキメラにしてしまったことから作中でも屈指のクズとされるキャラクターですが、タッカーの奥さんは?

スポンサーリンク

鋼の錬金術師でタッカーの奥さんは?

鋼の錬金術師でショウ・タッカーは、奥さん(妻)には逃げられたことになっていたが、実は自身が国家錬金術師の資格を得る糸口を作るため、妻を人体錬成しようとし人語を話す合成獣の材料にしています。

人語を理解する合成獣を錬成しようと試行錯誤を重ねるものの研究は思うように進まず来る日も来る日も失敗を続けます。

研究成果が出ないことで国家錬金術師の資格を失う焦りから、「そうだ、人語を理解することができる生き物が近くにいるじゃないか」と奥さんをほかの動物と一緒に錬成させ、合成獣にしてしまうのでした。

タッカーは奥さんを材料としたことを内密にして研究の成果として軍に提出。軍は驚いて、タッカーに国家錬金術師の称号を与えますが、人語を理解する合成獣は、すぐに亡くなってしまう。

そのキメラは死にたいと一言言った後食事を取らず死んでしまいました。

次は娘のニーナと飼い犬のアレキサンダーを使って第二の「人語を解する合成獣」を錬成した。

初めて人語を解するキメラが妻であり、それが軍に評価され国家資格をとっていて、彼は貧しい生活の”おいたち”を作中語っていて、その貧しさに戻る(国家資格を失う)のがいやで、とんでもない”あやまち”をした人物として描かれています。

鋼の錬金術師でタッカーの最後は?

「ニーナとアレキサンダーはどこに行った!」

「勘のいい餓鬼は嫌いだよ。」

ニーナとアレキサンダー、人と動物を使っての錬成。エドワードの圧勝により軍に人語を話す合成獣の材料が公表されています。

タッカーは国家錬金術師を無差別に殺害しているスカーによって殺害されますが、

そばにいたニーナとアレキサンダーのキメラがタッカーの死体に寄り添い泣きながら「お父さん」と言っていたことからその正体を知りそのキメラが元にも戻れずいずれは実験動物扱いされると考えたためこのキメラも殺してしまいました。

タッカーの扱いに関しては、原作やFAMでは、スカーにより退場となり、無印では、己がキメラになって生き残って研究を(ニーナを人体練成意外の方法で取り戻す研究)している描写があります。

タイトルとURLをコピーしました