羽生結弦 勇気をもらった憧れの選手は?【エンタメ検定】

スポンサーリンク
0未分類

4月12日の「グッドモーニング」内のクイズ「エンタメ検定」で出題された問題は「羽生結弦 勇気をもらった憧れの選手は?」でした。

スポンサーリンク

答え:羽生結弦 勇気をもらった憧れの選手は?【エンタメ検定】

青:八村塁
赤:伊藤美誠
緑:内村航平

答え:内村航平(緑)

羽生結弦 前人未到の大技4回転半ジャンプ会得へ体操五輪2連覇・内村航平からヒント

フィギュアスケートの世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)の男子ショートプログラム(SP)で五輪2連覇の羽生結弦(26=ANA)が106・98点をマークして堂々の首位発進。4年ぶり3度目の世界王者へ大きく前進した。

羽生は、かねて挑戦を表明している人類初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)について「自分としてはこの試合(フリー)で入れたかったというのも本当の気持ち。かなりギリギリまで粘って練習していたんですけど、最終的に入れることができなかった」と今大会での投入を封印。決断した時期は「(現地入り前の)出発の3日くらい前」と説明した。

 その一方で、前人未到の大技を会得する過程で体操の五輪2連覇・内村航平(32=ジョイカル)からヒントを得たことも明かした。昨年末に内村が成功させた鉄棒のH難度の大技「ブレトシュナイダー(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)」に大きな刺激を受けたといい「自分にとって4回転半がかなり大きな壁なので、どうやって回転数を増やしていくのか、どうやってジャンプの高さや滞空時間をのばしていくのかって考えたりもしていました」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7bc6ed94a2d319beefbf09b90293d38a2acee6e9

世界フィギュアスケート選手権2021<男子ショートプログラム・羽生結弦>ノーカット配信【フジテレビ公式】
<男子フリー・羽生結弦>ノーカット配信、世界フィギュアスケート選手権2021
タイトルとURLをコピーしました