松山英樹がマスターズ優勝!池ポチャからのバウンスバックに海外の反応は?

スポンサーリンク
0未分類

松山英樹選手が男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントで2位のウィル・ザラトリスに1打差で優勝。日本選手初のメジャー制覇をマスターズで達成しました。

スポンサーリンク

松山英樹がマスターズ優勝!池ポチャからのバウンスバックに海外の反応は?

松山秀樹メジャー初制覇 日本勢89年越しの悲願 10度目挑戦で金字塔

待ちわびた瞬間が、ようやく訪れた。日本男子ゴルフ界が90年近くも挑み続けた悲願のメジャー大会制覇が、現実のものになった。

日本、さらにはアジアで初めてマスターズの勝者として歴史に名を刻んだのは松山英樹、29歳。10回目のオーガスタ挑戦にして、ゴルファーなら誰もが憧れる栄光の「グリーンジャケット」に袖を通した。

1932年、宮本留吉が全英オープンに挑んだ日本選手初のメジャー大会出場から89年。36年に戸田藤一郎、陳清水の2人がマスターズの招待状を手に太平洋を渡ってから、85年もの月日が流れた。その間、青木功、尾崎将司、中嶋常幸、伊沢利光、片山晋呉ら日本ゴルフ界の頂点を極めた猛者たちが何度も挑み続けては、はね返されてきたメジャーの舞台だ。

2位に4打差をつけ、初めて単独首位で迎えた最終日。松山は、そんな歴史の重みや悲願達成への期待とは無縁のプレーを続けた。自らの技術と経験、それだけを信じてボールを打ち続けた。激しい優勝争いの中、そこには普段通りの松山がいた。

「世界一美しく、難しい」と称されるオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブを、松山が初めて目にしたのは2011年。当時アマチュアとしてマスターズをプレーし、日本選手初のローアマにも輝いた。出場直前に東日本大震災が発生し、「ここ(マスターズ)に来られるかも分からなかった」と振り返った松山。「それでもローアマを取ることができて、その経験がなければ今の自分はいないと思う」と続けた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb27d47a9b72201d82c62a002bc01f797291f6b3

もし、シャウフルが16番をトリプルボギーにしていなかったら、プレーオフになっていたかもしれませんね。おめでとう、ヒデキ。

勢いに乗っていたザンダーは、あのティーショットで全てを台無しにしてしまいました。

ザラトリスが3パットをしなかったら、彼はグリーンジャケットを着ていただろう。

去年、プレーヤーズでコックブロックされたことを思えば、当然の結果だ。

日本人男性初のメジャー制覇!?
ただの快勝ではなく、歴史的な快勝なのです

秀樹の素晴らしいパフォーマンス

松山選手にはおめでとうと言いたいところですが、なんというか、お粗末な日曜日でした。7位以下の4人は、通常のコースコンディションでは何もできず、プレッシャーに押しつぶされてしまった。

頑張れヒデキ! 私のお気に入りだったので、彼がやってくれて嬉しいです。

アジアでのゴルフにとって大きな日。アジア系アメリカ人である私にとっても、この思いがけない出来事は大きな意味を持っています。

Yessss!!!!! この週末はずっと彼を応援していました。彼にグラッツを、そして日本にグラッツを! 素晴らしいマスターズを見ることができました

バンカーショットはうまくいったが、ボールがホールに入らなかったということだ。

本当に素晴らしい。数年前から素晴らしい、突破して良かった。

笑)8フッターでトリプルボギーを取った時の方が興奮しているように見えました。

EAがリニューアルしたゴルフシリーズのプレイアブルキャラクターとして登場させてほしいですね。

もっと多くの選手がお祝いに駆けつけてくれたらいいのに。タイガーが優勝したときは、グリーンジャケットのパレードがありました。残ってくれたリーシュとスピースに感謝します。

ゴルフでは、あのような大騒ぎはできません。これは紳士のゲームなのです。

ザラトリスとのプレーオフを期待していたが、彼にとっても日本にとっても非常に嬉しいことだ。

私がヒデキのことを初めて知ったのは、タイガー、ローリー、デイが出演した日本代表のスキンを見たときだったと思います。堅実なパフォーマンスは当然のことです。

タイトルとURLをコピーしました