晴夏(画家)の作品やwikiプロフは?仰天ニュース「9歳の自分からの手紙」

スポンサーリンク
0未分類

晴夏さんは画家として油絵、アクリル画、水彩画などを手掛けるアーティストで、インスタグラムなどに数多くの作品を発表しています。

9歳の頃に未来の自分に向けたメッセージが残っていたことがテレビ番組「仰天ニュース」でも紹介された晴夏さんの気になるプロフィールをまとめています。

■「仰天ニュース」放送内容
悩める女子に過去から来た手紙
現在24歳の晴夏さん。父の影響で幼い頃から絵を描くのが大好きだった。 そして画家になる夢を目指し美術系の学校に進学するも、 挫折を繰り返し人生に悩んでいた。 そんなある日、ふと小学生の頃にはまっていたある人気のゲームソフトを見つけ、 久しぶりに遊んで見ることに…するとそこには15年前の9歳の自分からメッセージが。 その内容に運命が大きく変わる!

スポンサーリンク

晴夏が仰天ニュースに出演!「9歳の自分からの手紙」

晴夏さんの「9歳の自分からの手紙」の内容は下のような内容です。

「みらいの はるかさんへ」
《えの、しごとの、ついていますか?そうだといいな。そうだといいな。まあ。ほかのでもいいけどね。。。いまのじぶんでがんばって☆はるかより》

晴夏さんが実家に保管されていたニンテンドーDSを約15年ぶりに見つけると、なんとなく電源を入れ「おいでよどうぶつの森」を立ち上げたところ、9歳の自分からのメッセージが残されていました。

その時の様子が画像と共にTwitterに投稿されたたことから大きな話題を呼びました。

Twitterでは30万以上のいいねが集まり、

「朝から泣いてしまいました。夢は叶うのですね」
「dsがタイムカプセルになるなんて感動的すぎる…」

などのリプライも数多く寄せられました。

晴夏さんはもちろん、9歳の頃にそんな手紙を書いたことなんて全く覚えておらず、
「『画家として絶対に成功しなきゃ』と気を張っていたので肩に力が抜けて今まで以上に私らしい作品を作り出していける気がしてきました」と語っています。

晴夏の作品

晴夏さんの水彩画には人物画を中心に赤、青、黄といったシンプルな配色の作品が多くみられます。

他にも油彩画作品は、水彩作品と比べむき出しの感情をそのまま描いているかのような作品が特徴的です。

晴夏wikiプロフィール

名前:晴夏
誕生日:1996年6月1日
年齢:24歳
出身地:公表されていませんが、おそらく埼玉県だと思われます。
在住:北海道
活動拠点:東京⇒北海道
職業:フリーランスの画家(主に、油絵の具、水彩絵の具を用いて絵を描いている)
趣味:ひとり旅、映像制作、 タトゥー

晴夏さんは5歳の時より絵に興味を持ち始めると中学3年まで地元の絵画教室に通い、とにかく楽しんで自由に描いていたそうです。

高校も美術系の学校へ進学していますが、それまでとは違い、自由に描くことよりも既存の型にはめられる指導方針や、
「描く理由」や「目的」を必要以上に求められることへの違和感から自主退学を決断。

独学で絵について学びつつ『映像系の専門学校』にて映像も学ぶと、専門学校卒業後は就職せずに20歳で『油絵画家』としてすぐに独立。

絵と映像の制作に取り組みながら個展やアートイベン際の様々な活動を続けています。

晴夏の経歴

晴夏さんは東京を活動拠点にしていたものの、2019年10月から個人事業主となり北海道に活動拠点を移し、
本格的にフリーランスの画家として活動を始めています。

晴夏のツイッターやインスタグラム

晴夏のツイッター
@_harenatsu

晴夏のインスタグラム
@_harenatsu/

晴夏のフェイスブック
晴夏のブログ
https://suzuri.jp/_harenatsu
晴夏のオンラインショップ

晴夏のyoutube
晴夏のtiktok

晴夏の高校や大学など学歴は?

調査中

晴夏の年収は?

調査中

タイトルとURLをコピーしました