長谷川大樹wiki|お魚コンシェルジュの経歴やプロフィールは?

スポンサーリンク
未分類

長谷川大樹さんは自身の鮮魚店を営む傍らで「長谷川大樹」として全国を飛び回り未利用魚の普及に力を注いでいる専門家の一人。

現役の漁師さんも舌を巻く知識と経験を持つ長谷川大樹さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

長谷川大樹の神経締めがすごい!

長谷川大樹さんは「神経締め」の名手としても知られています。

「神経締め」とは世界にはない日本の独自技術で魚の脊髄の神経を破壊することで、
死んだ魚の死後硬直を丸一日遅らせることができます。

【魚突き】石鯛の水中神経抜き!

大きな魚(マグロなど)は魚の眉間から、ハマチなどは尾の方から針金のような道具を背骨に沿った脊髄線まで刺しことで、
活魚に与えるストレスを最小限にでき、傷みの早い魚でも鮮度が落ちるスピードを低下させ長持ちします。

長谷川大樹の未利用魚がすごい!

長谷川大樹さんは高級魚か未利用魚かは「全部人の価値観で決まることで時代とともに変わる」という信念を持ち、
地方によっては廃棄されたり、流通にのってもほとんど値のつかない「未利用魚」を積極的に取引しています。

相模湾でとれた魚の中にはかつて雑魚として捨てられていたイバラヒゲとシマオコゼなどがありますが、
長谷川大樹さんが価値を見出したことによって、ミシュラン2つ星の「中国料理 茶禅華」でも使用されるなど、水産業界に旋風を巻き起こしています。

ミシュラン1つ星のフレンチ「L’orgueil」でもやはりかつて捨てられていた未利用後のウスバハギをカルパッチョが利用されるようになっています。

長谷川大樹さんのオススメの未利用魚は「ホシエイ」だそうですが、
未利用魚の中には入荷すれば即完売になるほど人気魚になってしまったものもあるそうです。

長谷川大樹さんは知られていなかった魚の

1.適切な漁法
2.適切な処理
3.適切な流通
4.適切な商品
5.適切な食べ方

を伝え、熱く語り、漁師たちの意識までも変えて広げていく活動に力を注いでいます。

長谷川大樹wikiプロフィール

名前:長谷川大樹
出身地:神奈川県
生年月日:1977年
年齢:42歳
職業:株式会社さかな人 代表取締役
特技:水中神経締め

長谷川大樹さんは子供の頃から海が大好きで大学時代はダイビング部に所属し、
しまいには20歳に時に大学を休学して海をもっと知るために、鹿児島県口永良部島の漁師のところへ弟子入り。

卒業後はいったんは元広告代理店のサラリーマンをしていた時期もあったそうですが、35歳の時に魚への愛が高じて、仲卸の世界へ入ります。

「すべての魚は同等の命の価値がある。雑魚と呼ばれる魚も、きちんと扱えば美味しく楽しめる」
「日本の魚は、エラの裏の動脈を切って血抜きをするうえ、内臓は最も体温が高い部分なので、そこをまず船上で冷やす」

など、精力的に未利用魚の普及に務めています。

長谷川大樹さんの子どもの頃から図鑑が好きで、大人になった今でも時間さえあれば魚の生態や特徴を調べていることから、その膨大な膨大な知識量は同業者でも舌を巻くほど。

未利用魚に限らず食性や産卵、調理方法に至るまで精通しており、会社員時代から休日には港に足を運び、珍しい魚を見つけては貪欲に食べていたそうです

長谷川大樹の経歴

長谷川大樹さんは仲卸の仕事を始めた時には1日の売上が1000円にもならない日もあったほどなかなか軌道に乗らずに苦労したそうです。

様々な試行錯誤を重ねていた中で、普段は捨てられてしまうような魚をどのようにすれば美味しく食べられるかを追求し、その魚の魅力を伝えはじめたところ、業績が上向くようになります。

未利用魚を使った長谷川大樹さんの著類音一つが神経締めしたサメの軟骨を梅肉で和えた「梅水晶」で、
知り合いの居酒屋に提案すると瞬く間に売れ、その店の看板メニューになったそうです。

フレンチ、イタリアンと日本の魚 長谷川大樹

長谷川大樹のツイッターやインスタグラム

長谷川大樹さんはツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

長谷川大樹の高校や大学など学歴は?

調査中

長谷川大樹の結婚した嫁は?子供はいる?

長谷川大樹さんのプライベートについて調べられる範囲では結婚に関する情報は見当たりませんでした。

長谷川大樹の年収は?

調査中

タイトルとURLをコピーしました