平野流佳wikiプロフィール動画(戦績,スポンサー,出身地)ボードブランド・メーカーは?

スポンサーリンク

2020年の第3回冬季ユースオリンピック(原則15~18歳が対象)のスノーボードのハーフパイプ(HP)男子決勝で、
97・33点の高得点をマークして金メダルを獲得したのが17歳の平野流佳選手。

2022年の北京オリンピック出場も期待されるについてプロフィール情報を整理しています。

スポンサーリンク

平野流佳wikiプロフィール

生年月日:2002年3月12日
出身地:大阪府大阪市
高校:昇陽高校(中高一貫)
身長:165cm
体重:61kg
所属:ムラサキスポーツイオンモール各務原店所属

2018年の世界ジュニア選手権優勝を17歳で制した平野流佳さんは、
両親がスノーボードをしていたことがきっかけで滑り始めるようになり、
現在は戸塚優斗選手らと同じくGSD(グローバルスノーデザイン)アカデミー特待生として練習に励んでいます。

グローバルスノーデザインとはハーフパイプの造成、請負業務、ハーフパイプアカデミーの運営、アスリートの育成などを手掛けている会社で、

平野流佳は高鷲スノーパーク(岐阜県)、カムイみさか(山梨県)といったところを拠点にしているようですね。

平野流佳のスノーボード動画

Ruka Hirano | Men's Halfpipe | Copper | 3rd place | FIS Snowboard
Ruka Hirano | Men's Halfpipe | Secret Garden | 3rd place | FIS Snowboard
Ruka Hirano: Gear Impressions
2019/20 YONEX TEAM MOVIE 戸塚優斗/冨田せな/平野流佳
RELIVE – Freestyle Skiing & Snowboarding Halfpipe – Day 12 | Lausanne 2020

平野流佳のスポンサー

平野流佳選手は若干17才ながらすでに多数のスポンサー契約を獲得しているプロのスノーボーダー。

ムラサキスポーツ イオンモール各務原店、YONEX(ヨネックス)、SMITH、PAP TUNE-UP SERVICE、DOMINATOR、Personal training Gym REAL、Global Snow Design(グローバルスノーデザイン)、高鷲スノーパークなど

平野流佳の使用ボードのメーカー(ブランド)

平野流佳が愛用しているボードはおそらくは、YONEX(ヨネックス)から用具提供を受けていることが理由だと思われますが「SMOOTH」を使用しています。

YONEX ヨネックス SMOOTH スムース 152cm 19-20

YONEX(ヨネックス)は他のスノーボードメーカーとは異なり木材の代わりに優れた軽量性と剛性を持つカーボン(炭素繊維)を採用しており、
「SMOOTH」シリーズではさらにヨネックス史上最軽量の新構造「STOMP-TECH 3.0」でスムーズな高速スピンができるようになることが大きな特徴。

全体重量が大幅に軽量化されたことで、従来に比べると1440°(4回転)のトリックをする際に、1/8回転(約43°)分を省力化。

同じトリックでも1/8回転分の余裕が生まれるのは、トッププレーヤーにとっては大きなアドバンテージと言えます。

YONEX(ヨネックス)のホームページでは「パーク、パイプだけでなく様々なシーンでも本領を発揮する」ヨネックスを代表するオールラウンドモデルと紹介されています。

ちなみに、日本を代表するスノーボーダーの青野令選手もYONEX(ヨネックス)を使用しており、
2013年トヨタビッグエアの覇者のAntoine Truchon(アントワンヌ・トゥルション)もYONEX(ヨネックス)とスポンサー契約(おそらく用具提供)をしています。

平野流佳実績

■2017年
準優勝 PSA ASIA Snowboard Pro Tour

■2018年
優勝 札幌ジュニアスノーボード競技会 中学生・高校生
優勝 北海道スキー選手権FISクラス
準優勝 ジュニア世界選手権(ニュージーランド・カードローナ)
準優勝 FIS WORLD CUPシークレットガーデン(中国)

■2019年
5位 FIS WORLD CUP LAAX Open(ラークス・オープン、スイス)
優勝 世界ジュニア選手権(スイス・レザン)
準優勝 FIS WORLD CUP(カナダ・カルガリー)
5位 Burton US Open(アメリカ・コロラド州・ベイルマウンテンリゾート)
3位 FIS WORLD CUP 中国張家口・密苑
準優勝 FIS WORLD CUPシークレットガーデン(アメリカ・アトランタ)
3位 FIS SNOWBOARD World Cup US GRAND PRIX(アメリカ・カッパーマウンテン)

スノーボード・ワールドカップには2018・2019シーズンから参戦していますが、
いきなり準優勝を2回達成獅子総合2位を達成していますから国内大会ではきっとぶっちぎりの優勝だったんじゃないでしょうか。

2018年は全日本スキー連盟より、今後の成長が期待される10代の選手に贈られる「ネクストヒーロー・ヒロイン賞」が授与されています。

タイトルとURLをコピーしました