今際の国のアリス(ドラマ)のwiki!相関図や原作あらすじは?最終回の結末ネタバレ

スポンサーリンク
未分類

ドラマ「今際の国のアリス」はやりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が主人公の戦慄のサバイバル・サスペンス。

スポンサーリンク

今際の国のアリス(ドラマ)の放送日程

悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。夜、ふらりと入った神社で告げられる「げぇむ」の始まり。一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスの眠っていた能力が目覚め始める…

ドラマ「今際の国のアリス」はNetflixオリジナルシリーズで、
配信開始は2020年冬殻を予定しています。

今際の国のアリス(ドラマ)のあらすじ

人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリスは突然放り込まれた謎の世界“今際(いまわ)の国”で生き残るために、“げぇむ”に挑む

持ち前の観察力と判断力を発揮してクリアしていくアリスは、どんな苦境でも仲間を作らずたった一人で「生きる意味」を探し続けるウサギと出会う。

共に信頼を築きながら命を懸けるというかつてない体験を通し「生きること」 に正面から向き合い「生き延びる」ために理不尽な現実に挑んでいくストーリー。

今際の国のアリス(ドラマ)の原作

ドラマ「今際の国のアリス」は「週刊少年サンデーS」で連載されていた同名の漫画が原作で、作者は麻生羽呂(あそう・はろ)さん。

単行本の累計発行部数は130万部を記録するヒット作です。

今際の国のアリス(ドラマ)のキャスト相関図

山﨑賢人 有栖良平
土屋太鳳 宇佐木柚葉
村上虹郎 苣屋駿太郎
森永悠希 勢川張太
町田啓太(劇団EXILE) 苅部大吉 
三吉彩花 安梨鶴奈
桜田通 韮木傑
朝比奈彩 水鶏光
栁俊太郎 佐村隆寅
渡辺佑太朗 竜田康大
水崎綾女 紫吹小織
吉田美月喜 九条朝陽
阿部力 九頭龍慧一
金子ノブアキ 弾間剛
青柳翔(劇団EXILE) 粟国杜園
仲里依紗 加納未来

山﨑賢人 有栖良平

勉強もスポーツもぱっとしない落ちこぼれの高校3年生
裕福な家庭の生まれだが、教育者である父親からは出来のいい弟と比べられていて、家庭に居場所がなく息苦しく感じている。その現実から自分を引き上げてくれたカルベとチョータに信頼を抱いており、「今際の国」に入った後も共に行動していたが、滞在初日に知り合ったシブキも含めて彼らが自分のために死んでしまったことで、「今際の国」の謎を解明するべく奔走する。

土屋太鳳 宇佐木柚葉

クライマーの女子高生
「おにごっこ」の会場でアリスと出逢う。価値観の違いが許されない周囲の世界に失望しており、孤独を好んでいる。
唯一敬愛していた同じクライマーである父・重憲が不祥事の濡れ衣を着せられ自殺し、彼を弔った後に「今際の国」へと誘われる。

村上虹郎 苣屋駿太郎

アリスの小学校時代の同級生。アリスやチョータと同い年ながら高校を中退後にBARを経営しており大人びている少年。

森永悠希 勢川張太

アリスの高校の同級生で、酒と女が好きな不良少年。
腑抜けのお調子者に見えて義理堅い所がある。アリス同様、何をやってもうまくいかない落ちこぼれで、普段は温和で気楽な態度を装うも、内心では不遇な環境によるトラウマとコンプレックスを抱いている

町田啓太(劇団EXILE) 苅部大吉 

整理中

三吉彩花 安梨鶴奈

警視庁鑑識班。ボーシヤ率いるカルト派に属し、論理や科学の力で「げぇむ」に挑むことを得意とする、冷静な性格をした女性。熱心な科学信捧者だが、オカルトの類にも一定の理解を示す。

桜田通 韮木傑

ゲームエンジニア。アグニ派に属する舌にピアスをつけた粗野な男。
学生時代は気弱な性格であり、不良生徒から酷いいじめを受けて自身が「嫌われ者」であることを確信。それが原因か他者から嫌悪される言動に抵抗を感じない。「今際の国」に来てからも恐怖心より満足感を覚え、「げぇむ」に関してもクリア如何よりもその過程を楽しむことを重視している。

朝比奈彩 水鶏光

アパレル店員。女性を装っているが、実は性別違和の(元)男性でニューハーフ。ドレッドヘアで関西弁を話す。チシヤとは利害の一致で手を組む仲間にあたる。
厳格な父親の元で空手を習い道場を継ぐはずだったが、自分のジェンダーのあり方が原因で両親が不仲になることに耐え切れず、実家から逃げ出す形で父親と決別した。

栁俊太郎 佐村隆寅

無職。顔と左腕に刺青を彫ったスキンヘッドの無口な男。アグニ派に所属している。通称の由来は「ラスボス」のように強いことから。
「現代社会では『死』から過剰に守られているため、『生』を実感出来ない」「本当に自分を理解してくれる人間はいない」という考えから、外界はもとより家族との接触すら絶つ引きこもりの生活を送っていた。

渡辺佑太朗 竜田康大

フリーター。ムードメーカー気質のお調子者。自動車整備士の息子で機械に詳しい。「ビーチ」崩壊後はアリスと行動を共にしている。
元は売れないお笑い芸人で、流行や甘言に乗せられやすく行き当たりばったりな生活を送っていた。過労で身体を壊して死んでしまった父親のような生き方を嫌い、母親に孝行したいと思いつつも、失敗の連続で目的を見失いかけていたところ「今際の国」へと誘われた。

水崎綾女 紫吹小織

アリスが「今際の国」に来て初めて遭遇した滞在者。
「クローバー3」の会場でアリスたちと出逢い、共に「げぇむ」に挑んでから仲間となる。グループの中では年長ということもあり、アリスやチョータから慕われている。気丈に振る舞っているが精神的に脆く、表面には出さないように努めている。

吉田美月喜 九条朝陽

高校生。正体は「でぃいらぁ」の1人で、「まじょがり」の準備のために「ビーチ」に潜入していた。
互いに殺し合う「ぷれいやぁ」に失望し全滅を望んでいたが、地獄の中でも生きようともがくアリスに希望を見出す。

阿部力 九頭龍慧一

「ダイヤのK」を名乗る国民。国際弁護士。絵札を除く全ての「げぇむ」を「くりあ」した後に放送されたテレビ中継に出演した1人で、眼鏡をかけた知能派の男性。「ふぁあすとすてぇじ」を乗り越えた猛者「ぷれいやぁ」達の思考や不測の事態でさえ容易に計算に組み込む驚異的な頭脳の持ち主。

金子ノブアキ 弾間剛

多摩川沿いのホテルを拠点とした滞在者の集団
「ビーチ」の支配者。
元は歌舞伎町のホストだったが父親の店を受け継ぎ、商店街の人間から「帽子屋(ボーシヤ)」のあだ名をつけられた。アグニとは昔馴染みの親友同士で、アグニのことを「杜ちゃん」と呼んでいる。「?」を得意とすることからも解る通りの強靭な肉体と宗教指導者を連想させるような高いカリスマ性を併せ持つ。

青柳翔(劇団EXILE) 粟国杜園

自衛官。アグニ派のリーダー。ボーシヤの親友で、ボーシヤのことを「剛」と呼んでいる。
幼少のころより父から母共々激しい暴力を受け、母を守るために暴力の矛先となるべく囮を演じていた。その後、母が家を出て行ったことに応じるように自身も家出し、父への復讐を誓い肉体と意志を鍛え続けた。しかし父は当のアグニが家出した半年後に急性アルコール中毒で死亡しており、以来やり場を失った怒りを抱きながら生きてきた。

仲里依紗 加納未来

「ハートのQ」を名乗る国民。精神科医にして脳科学者。絵札を除く全ての「げぇむ」を「くりあ」した後に放送されたテレビ中継に出演した1人で、人形のような表情を崩さない長髪の女性。
どこまでも無邪気な好奇心を行動原理とし、人間観察のため「ビーチ」内に滞在者として潜伏(初登場時の序列はNo.7)したり、「げぇむ」を主催する動機を「病気」と称する等の不気味な言動を繰り返す。

今際の国のアリス(ドラマ)の最終回・結末をネタバレ

「今際の国」の正体は、臨死体験の最中にある人々(滞在者)が迷い込んだ、この世とあの世の狭間に位置する世界で滞在者の意識を基に形成されている

「げぇむ」では「今際の国」の国民となり死ぬまで「げぇむ」に参加し続ける『永住権』を取得するか『永住権』を放棄して現実世界に帰還するかを迫られ、
現実世界へ帰還した人間からは基本的に「今際の国」で起きた全ての出来事の記憶が失われる。

ただ現実世界へ帰還する際に失われた記憶、または「今際の国」に入国する際に失われた「今際の国」に関する記憶は、人為的に復活させることが可能。

今際の国のアリス(ドラマ)の感想

タイトルとURLをコピーしました