大阪桐蔭高校センバツ野球部メンバー2021!出身中学や注目選手

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

大阪桐蔭高校は甲子園の常連校でプロ野球選手を数多く輩出する高校の1つ。

2021年の秋季大阪大会で優勝、秋季近畿大会で準優勝を果たし3年連続13度目となる春の選抜出場を決めました。

スポンサーリンク

大阪桐蔭高校センバツ野球部メンバー2022出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1別所孝亮投手3年生岐阜中濃ボーイズ右/右183/81
2松尾汐恩捕手3年生京田辺ボーイズ右/右178/75
3丸山一喜内野手3年生大東畷ボーイズ右/左179/89
4星子天真内野手3年生熊本泗水ボーイズ右/左166/68
5伊藤櫂人内野手3年生西濃ボーイズ右/右178/74
6鈴木塁内野手3年生瀬戸リトルシニア右/右177/67
7田井志門外野手3年生湖南ボーイズ右/左167/73
8海老根優大外野手3年生京葉ボーイズ右/右182/87
9谷口勇人外野手3年生京田辺ボーイズ左/左174/75
10川原嗣貴投手3年生北摂リトルシニア右/左188/86
11前田悠伍投手2年生湖北ボーイズ左/左180/78
12工藤翔斗捕手3年生瀬戸リトルシニア右/左172/75
13河田流空外野手3年生嶺南敦賀リトルシニア右/左174/80
14大前圭右内野手3年生和歌山日高ボーイズ右/右170/67
15砂川佑真内野手3年生寝屋川リトルシニア右/右174/83
16藤田和也投手3年生金沢リトルシニア右/右181/86
17小林丈太投手3年生四日市ボーイズ左/左176/74
18吉澤昂外野手3年生南大阪ベースボールクラブ右/右174/78

大阪桐蔭高校センバツ野球部メンバー2021の出身中学

大阪桐蔭高校は2020年の秋季大阪大会で準決勝の履正社を8-3で下して勢いに乗ると、決勝の東海大大阪仰星を8-1で勝利し圧倒的な強さを見せつけて優勝

準決勝に至るまでの5試合は、履正社を除く近大付属・箕面学園・興国などの強豪校に対して、いずれもコールド勝ち。

2021年も投打ともに全国でも頭ひとつ抜け大阪桐蔭高校は続く秋季近畿大会でも初戦の長田高校を8-0(7回コールド)を皮切りに、
準々決勝・天理に11-4(7回コールド)、準決勝・京都国際に12-5(7回コールド)で勝利。

決勝は息切れをしたのか逆に智辯学園を相手に3-7と4点差をつけられて準優勝に終わりました。

背番号選手守備学年出身地出身中学中学所属投/打身長/体重
1松浦慶斗投手2年生北海道旭川明星旭川大雪ボーイズ左/左185/91
2田近介人捕手2年生愛知猪子石東海ボーイズ右/右167/67
3前田健伸内野手2年生山口末武山口東シニア左/左176/90
4繁永晟内野手2年生福岡築城飯塚ボーイズ右/右174/77
5宮下隼輔内野手2年生愛知大府南東海中央ボーイズ右/右175/82
6藤原夏暉内野手2年生大阪南池田大阪和泉ボーイズ右/両176/77
7野間翔一郎外野手2年生山口周陽山口東シニア左/左180/72
8池田陵真外野手2年生大阪和泉忠岡ボーイズ右/右172/82
9花田旭外野手2年生大阪新喜多西淀ボーイズ右/右186/82
10関戸康介投手2年生高知明徳義塾中学軟式野球右/右178/80
11竹中勇登投手2年生岡山金光倉敷ビガーズ右/右178/80
12松尾汐恩捕手1年生京都精華京田辺ボーイズ右/右176/69
13海老根優大外野手1年生千葉こてはし台京葉ボーイズ右/右181/85
14川井泰志投手1年生群馬桐生中央桐生ボーイズ左/左186/76
15西川音羽投手2年生広島宮浦三原中央シニア右/右180/83
16藤田翔太外野手2年生兵庫志方神戸中央シニア右/左170/75
17石川雄大内野手2年生大阪岸城忠岡ボーイズ右/右180/78
18小谷太誠内野手2年生鳥取桜ケ丘鳥取中央シニア右/左174/84
19別所孝亮投手1年生岐阜広陵岐阜中濃ボーイズ右/右183/78
20山本颯大捕手2年生大阪堅下北河南シニア右/左172/75

大阪桐蔭高校センバツ野球部スタメン

2021年11月の明治神宮野球大会(高校野球) 全国大会 決勝・広陵高校との対戦は、以下のスタメンで行われ見事に優勝を果たしました。

打順守備名前学年
1三・一伊藤櫂人2年生
2谷口勇人2年生
3松尾汐恩2年生
4丸山一喜2年生
5海老根優大2年生
6田井志門2年生
7星子天真2年生
8鈴木塁2年生
9別所孝亮2年生

大阪桐蔭高校センバツ野球部メンバー注目選手

谷口勇人

【中学硬式】京都の怪物・谷口勇人選手(京田辺ボーイズ)が春に名門校で高校野球デビュー‼

名前:谷口勇人

出身地:大阪府

身長:174cm

体重:75kg

投打:左投左打

ポジション:外野手

最高球速:141km

出身中学:久御山町立久御山中学校

出身高校:大阪桐蔭高校

【大阪桐蔭】谷口 勇人 選手のバッティング【二年秋】

谷口勇人選手は大阪桐蔭高校に進学すると高校2年の明治神宮野球大会では見事に優勝を果たしました。

伊藤櫂人

大阪桐蔭 伊藤櫂人 2ランホームラン 6回裏|明治神宮野球大会2021年11月23日(火)[準決勝九州国際大付戦]

名前:伊藤櫂人(いとう かいと)

出身地:岐阜県

生年月日:2004年9月30日

年齢:17歳

身長:178cm

体重:74kg

投打:右投右打

ポジション:内野手(サード)

出身高校:大阪桐蔭

伊藤櫂人選手は小学1年生から野球を始める。

ドラゴンズベースボールアカデミーのエキスパートコース受講生で、中学時代は中学硬式野球チーム「西濃ボーイズ」に所属。

2019年5月、日本ボーイズリーグ中日本ブロック8支部で行われた選抜トライアウトを経て、イタリア・ローマで開催された「第38回世界少年野球大会」の日本代表に選出。

同大会ではリーダーシップを評価されキャプテンに抜擢されると予選・決勝を通じ本塁打2本、二塁打4本を記録。

決勝でアメリカに7-1で勝利し、2年ぶりに世界大会優勝に大きく貢献し大会MVPを受賞しています。

前田悠伍

生年月日:2005年8月4日

年齢:16歳

出身地:滋賀県

出身中学校:長浜市立高月中学校

出身高校:大阪桐蔭高等学校

投打:投左打

身長:179cm

体重:73kg

ポジション:投手

最高球速:145km

前田悠伍選手は大阪桐蔭高等学校に進学すると1年夏から先発ローテーション入り。

全国高校野球選手権大会ではベンチ入りを果たし、明治神宮野球大会で優勝に貢献しています。

大阪桐蔭高校野球部メンバー2021の進路

今中 慎二
桐山 明佳
大西 崇之
背尾 伊洋
萩原 誠
渕脇 芳行
川井 貴志
森本 学
北川 利之
谷口 悦司
水田 圭介
福井 強
桟原 将司
岩田 稔
中村 剛也
西岡 剛
三島 輝史
高島 毅
平田 良介
辻内 崇伸
丸毛 謙一
岡田 雅利
中田 翔
浅村 栄斗
江村 直也
西田 直斗
澤田 圭佑
藤浪 晋太郎
森 友哉
香月 一也
青柳 昴樹
高山 優希
山足 達也
中村 和希
根尾 昂
横川 凱
藤原 恭大
柿木 蓮
福田 光輝
正隨 優弥
中田 惟斗
仲三河 優太
中村剛也(西武内野手)
中田翔(巨人内野手)
浅村栄斗(楽天内野手)

関戸康介

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

守備:投手
身長/体重:179.0cm/81.0kg
投打:右投右打
球速:154km/h
遠投:110m
50m走:6.4秒

小学時代には福岡ソフトバンクホークスジュニア選抜に合格しており、小学6年の時には12球団ジュニアトーナメントで最速129㎞をマーク。

明徳義塾中学3年時には2018全日本少年夏季軟式野球大会で全国準優勝を経験。

均整のとれた体格の本格派右腕で中学の軟式146キロを記録していました。

やや動く球を投げ、カーブ・スライダー・カットボール・スプリットを変化球を駆使して討ち取る投球スタイル。

松浦慶斗

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

守備:投手、内野手
身長/体重:186.0cm/90.0kg
球速:151km/h
遠投:90m
50m走:6.7秒

長身で恵まれた体格の本格派左腕。

マウンド上では小さく周り、力強い状態で球を押し込む。最速は150キロを越え、スライダー、カーブ、スプリット、ツーシームを投げる。

小学6年時には2015日本ハムジュニアで活躍。中学1年時には日本代表に選出されカル・リプケン12歳以下の世界大会に出場。決勝のアメリカ戦などを含む3戦に登板し、世界制覇に貢献しています。

球速は旭川大雪ボーイズ時代に138キロを記録し、中学3年時の日本少年野球選手権でベスト8入り。

多くの強豪校から誘いを受ける中、大阪桐蔭進学を決めると、
最速150キロで伸びのある速球を武器にスライダー・カーブ・スプリットなどを駆使して投球します。

長身ながら体幹がぶれず、美しいフォームで力のあるボールを内外に投げ込みます。

池田陵真

守備:捕手、外野手
身長/体重:172.0cm/82.0kg
投打:右投右打

中学3年時には2018年第4回 WBSC U-15ワールドカップの日本代表に選出され4番・主将を務めた2021年の大阪桐蔭高校の主将。

小柄ながら忠岡ボーイズ時代は「右の森友哉」とも称され、1学園上の藤原恭太と同じオリックスバッファロージュニア出身

ガッチリとした筋肉質の体格から繰り出される鋭いスイングあh、打球のスピードが速く野手のグラブを弾くほど強烈な打球

準決勝・履正社戦では、3本の2塁打を含む5打数4安打1打点。大阪大会決勝までの6試合で18打数13安打、打率.722と超高校級の記録を残しています。

大阪桐蔭高校野球部の監督

大阪桐蔭高校野球部の監督は1988年から指導している監督歴33年目の西谷浩一さんです。

名前:西谷浩一

生年月日:1969年9月12日

年齢:51歳

出身地:兵庫県

出身高校:報徳学園高校

最終学歴:関西大学

歴代3位の甲子園春夏通算56勝、春夏通算の優勝7度は歴代1位。

少年野球チームでのポジションはキャッチャー

報徳学園高校では2年秋の近畿大会出場するも初戦敗退。

高校3年生のときに甲子園出場のチャンスを得たものの、不祥事により県大会出場辞退となりました。

大阪桐蔭の初代監督を務める長澤和雄に誘われ関西大学に一浪で進学。

捕手として入部すると2年秋からは控え捕手としてベンチ入りしチームを切り盛り。

4年時は主にブルペン捕手ながらも主将を任されていました。

大学卒業後、母校・報徳学園でコーチを一時務めた後、1993年から長澤和雄さんに請われ大阪桐蔭高校コーチに就任。1998年秋に同校の監督に就任しています。

現在までに1年間だけコーチに退いたことがあるものの、基本的に監督を続け、浅村栄斗を擁する2008年夏の選手権で2度目の全国制覇を達成。

2012年春のセンバツでは藤浪晋太郎、森友哉のバッテリーを擁して初の選抜優勝を果たすなど大阪桐蔭高校を平成時代の超強豪校に導いています。

「野球日誌」を導入している指導者でもあり、チームで共有している野球日誌もあれば、選手個人の野球日誌もあり、毎日の指導に大きな役割を果たしているそうです。

史上初のとなる甲子園連覇の3度達成を記録したことから、2019年に第6回ジャパンコーチアワード最優秀コーチ賞を受賞しています。

西谷浩一監督率いる大阪桐蔭高校野球部は甲子園出場が当たり前の常勝校となったばかりか、プロ入りする選手を量産するプロ養成学校ともなってきました。

おやつカンパニーが製造するベビースターラーメンが好物で、教え子である藤浪晋太郎が年明けに母校・大阪桐蔭高で自主トレする際に差し入れとして持ち込むのが恒例行事

春:出場10回 ・23勝6敗・優勝3回(2012年、2017年、2018年)
夏:出場9回・33勝5敗・優勝4回(2008年、2012年、2014年、2018年)
通算:出場19回・56勝11敗・優勝7回

大阪桐蔭高校野球部の戦績

■大阪桐蔭高校甲子園戦績
出場回数:春の選抜13回、夏の選手権:11回
優勝:8回
準優勝:0回

■大阪桐蔭高校2021戦績
秋季府大会 優勝
秋季近畿大会 準優勝
第93回春選抜大会 1回戦で敗退
春季府大会 優勝
春季近畿大会 優勝
夏季府大会 優勝
第103回夏季選手権大会 2回戦で敗退

■大阪桐蔭高校2020戦績
秋季府大会 優勝
秋季近畿大会 準優勝
夏季大阪府独自大会 ベスト4

■大阪桐蔭高校2019戦績
秋季府大会 準優勝
秋季近畿大会 ベスト8
春季大阪府大会 5回戦で敗退
夏季大阪府大会 ベスト8

■大阪桐蔭高校2018戦績
秋季府大会 優勝
秋季近畿大会 優勝
明治神宮大会 ベスト4
第90回選抜大会 優勝
春季府大会 優勝
春季近畿大会 優勝
夏季北大阪大会 優勝
第100回選手権大会 優勝

タイトルとURLをコピーしました