ios14.8でソフトウェアをアップデートできませんでした,ダウンロード中にエラーが起きました

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

iphoneでOSをios14.8などアップグレードしようとしたところ

「アップデートをインストールできません。ダウンロード中にエラーが起きました(もしくはインストールでエラーが起きました)」というエラーメッセージが表示され、アップデートに失敗してしまうこともあります。

スポンサーリンク

ios14.8でソフトウェアをアップデートできませんでした,ダウンロード中にエラーが起きました

「アップデートをインストールできません。ダウンロード中にエラーが起きました」というエラーメッセージが表示され、アップデートに失敗してしまうこともあります。

といったメッセージが表示され何度やってもダウンロードエラーでアップデートができない場合、考えられる原因は、

安定しないWi-Fiに接続している
接続時間の限られたWi-Fiに接続している
速度の遅すぎるWi-Fiに接続している

といったケースで、一言でいうと通信環境の悪い状態でiOSのアップグレードをしようとしているからです。

コンビニWi-Fiなどフリースポットで利用できる無料Wi-Fiで起こりがち。

フリースポットの無料Wi-Fiは不特定多数の人が同時に利用していることもあって、通信速度が遅いケースがほとんど。

仮に99%までダウンロードに成功しても、残り1%の段階でWi-Fiが途切れてしまうと、また最初からダウンロードし直しになってしまいます。

「アップデートをインストールできません。ダウンロード中にエラーが起きました」というエラーメッセージが表示された場合、通信速度が比較的高速で安定した環境でiOSのアップグレードを試してみてください。

ios14.8でソフトウェアをアップデートできませんでした,インストールでエラーが起きました

「アップデートをインストールできません。インストールでエラーが起きました」というエラーメッセージが表示され、アップデートに失敗してしまうこともあります。

iPhoneの空き容量が不足している
アップデートサーバに接続できない(アップデートを検証できない)

といったケースが考えられます。

空き容量についてはホーム画面の「設定」アプリから「一般」>「iPhone/iPadストレージ」で確認できます。

iPhoneストレージの利用状況を確認できますが、普段使わないアプリや、写真動画などをiPhone端末から削除して、iOSのアップデートに必要なデータ量のiPhoneのストレージ容量を増やしましょう。

ただ空き容量が例えば1GB以下になるほどiPhoneの残りストレージ容量が少なくなってしまうと、iPhoneの動作が重くなってしまい危険があります。

動作がカクカクしたりヌルヌルしたり、タップしてから反応するまで時間がかかるといったケースが起こりえます。

自分のiPhone端末がアップグレードに対応していたとしても、必ずしも軽快に動作するわけではありません。

iOSをアップグレードした際、極端に動作が重くなってしまった場合には、端末の買い替えをおススメします。

タイトルとURLをコピーしました