メールプライバシー保護どっち?する?しない?ios15でメリット・デメリット

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ios15からiphoneでは「メールプライバシー保護」機能が追加されました。

「メールプライバシー保護」はする・しないを選択することができますが、どっちにしたほうが良いんでしょうか?

ios15で「メールプライバシー保護」のメリット・デメリットは?

スポンサーリンク

メールプライバシー保護どっち?する?しない?ios15でメリット・デメリット

■iOS15のiPhoneでメールプライバシー保護の設定方法
1.「設定」 >「メール」>「プライバシー保護」と選択します。
2.「“メール”でのアクティビティを保護」をオンにします。

「メール」App では、メールプライバシー保護を使って、メール送信者があなたの「メール」のアクティビティに関する情報を知ることを防ぎ、あなたのプライバシーを保護することができます。この機能をオンにすると、IPアドレスが隠され、送信者はIPアドレスをあなたのほかのオンラインアクティビティと関連づけたり、位置情報を特定したりすることができなくなります。また、あなたに送信したメールが開かれたかどうか送信者が確認することもできなくなります。

iPhoneでメールプライバシー保護を使用する
iPhoneの「メール」で、「メールプライバシー保護」を使ってプライバシーを保護すると、送信者があなたの「メール」のアクティビティを追跡することが困難になります。

簡単にまとめると、「メールプライバシー保護機能」とはApple Mail (アップル社の純正メールクライアント・アプリケーション) のユーザーがメールを開いた(本文を見た)ことを送信者に知られないようにします。

またIPアドレスを隠すことで、メール送信者が取得できていた 、

開封
位置情報
他のオンラインのアクティビティとの関連付け

などの情報を、メール受信者に関する情報とは無関係な情報に置き換えることでプライバシーを保護する機能です。

「メールプライバシー保護機能」はiphoneの「Mail」アプリを利用してメールの送受信をした場合にも適用されるので、例えばgmailや個人メールにも適用されます。

ios15(iphone)ユーザーとして、「メールプライバシー保護」をする・しないは、どっちでも構いません。

主なメリットとしては、メール送信者にメールを開封したことを知られなくて済むといった程度でしかないからです。

位置情報といっても、厳密には家の近くにあるメールサーバーの位置が特定される可能性があるくらいなので、そもそも、自宅や会社の住所まで特定されるようなことはありません。

タイトルとURLをコピーしました