岩隈久志の娘の病気って難病なの病名は?治療法で完治するの?

スポンサーリンク
0未分類

岩隈久志といえば2020年に現役を引退するまでに日米通算170勝を記録し、沢村賞やメジャーでノーヒットノーランも達成した日本球界を代表する投手。

今はなき近鉄バファローズや楽天イーグルスからメジャーリーグのマリナーズで先発ローテーションとして活躍したのち、2021年からはテレビ東京で野球解説者を務めることが決まっています。

そんな岩隈久志さんは21歳の時に結婚するとすぐに娘(長女)を授かっていますが、国指定の難病に冒されていたことが明らかにされました。

スポンサーリンク

岩隈久志の娘は難病だった!病気の病名は

岩隈久志の娘さんは生まれて間もなく国指定の難病と診断され、生後2か月ころに早くも手術を受けています。

医師からは「15年間異常なしで初めて完治」と告げられ、小さい頃は倒れることがしばしばあったそうですが、
何ごともなく15歳の誕生日を迎えたことが、岩隈久志さんのインスタグラムで紹介されていました。

岩隈久志の娘の名前や年齢は?

岩隈久志の娘の名前は羽音(うた)さんという名前で
中学3年生になるまで宮城県立こども病院などに通って年3回の検診を受け続けていたそうです。

年齢は2018年で15歳となったことと、岩隈久志さんがインスタグラムで娘の誕生日を祝っていた日付から、

生年月日:2003年12月9日
年齢:17歳

だということがわかります。

岩隈久志の娘の中学校や高校は?

岩隈久志の娘は2019年4月から高校生となっていますが、学校名については明らかにされていません。

ちなみに、岩隈久志さんがメジャーリーグ・マリナーズに移籍をしていて、一家そろってアメリカのシアトルに移住をしているので、少なくとも2012年~2018年の約7年間は現地の日本人学校かインターナショナルスクールに通っていたとみられます。

小学3年生~中学3年生頃はアメリカの学校に通っていたわけですが、
岩隈久志さんの日本球界復帰に伴って帰国をしているので、高校は日本の学校であることは間違いありません。

岩隈久志は娘がきっかけでゴールデンスピリット賞

岩隈久志さんは日本のプロ野球選手の中で最も社会貢献活動に活躍した選手に対して贈られる賞「ゴールデンスピリット賞」を2008年に受賞しています。

1999年から開催され球場外のMVPともいわれる賞で、

近鉄時代から大阪の児童福祉施設などを訪ね、チャリティー活動を続けていたこと
楽天球団創設の2005年からはクリネックススタジアム宮城の年間シート10席に東北の児童福祉施設の子どもや障害を持った子どもたちを招待
自身の公式ホームページで定期的にチャリティーオークションを開催し収益金を児童養護施設などに寄付
2008年のセパ交流戦MVPの賞金100万円は岩手・宮城内陸地震の被災者に全額寄付

2007年からは世界の恵まれない環境の改善や紛争後の町づくりなどを応援するボランティア団体「ハビタットフレンズ仙台」に1勝につき10万円の寄付を行い、その寄付金でタイの学校に図書館が建てられています。

2015年4月には自身が発起人となって日本の子どもの「食の貧困」の解決を目指す『アス食プロジェクト』を発足。

名前の由来は「明日(アス)を担う子どもたちをアスリートが支援します」の合言葉から。

農業生産法人越後ファーム株式会社(新潟県)の協力のもと、このプロジェクトで1投球回毎にお米1万円分を寄付し、そのお米はフードバンク(※)を通して食の貧困に直面している日本の子どもたちに届けられていました。

■岩隈久志のプロフィール
出身地:東京都東大和市
生年月日:1981年4月12日
血液型:AB型
身長:190cm
体重:95kg
ポジション:投手
出身高校:堀越高等学校

岩隈久志の嫁の名前や馴れ初めは?

岩隈さんの結婚した嫁はまどかさん(旧姓:広橋)です。

まどかさんの父親は元プロ野球選手で現在は指導者として活躍している広橋公寿さん。

東京都内の美術館で広橋一家と岩隈久志さんが偶然遭遇したことが一番最初のきっかけで、その後、
岩隈久志選手が東北楽天ゴールデンイーグルスの選手となったとき、広橋公寿さんも同チームのコーチに就任。

岩隈久志選手がプロ初勝利を飾ると、まどかさんからのお祝いのメールを送ったことが縁で交際に発展したようで、
その後、2002年12月に岩隈久志選手は公寿さんの娘である広橋まどかさんと結婚しています。

岩隈久志の息子(長男)の名前と画像

岩隈さんの長男の名前は、「大志(とわ)」くんです。

2019年1月9日に10歳の誕生日を迎えていることから生年月日は2009年1月9日で、
実は長男の大志くんも、1歳のころに鼠径(そけい)ヘルニアの手術を受けています。

タイトルとURLをコピーしました