ボビー死因(毒殺)の毒物は?犯人の動機は?世界が騒然!本当にあった衝撃ファイル

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ボビー(ボブ・カーリー)は1991年9月にアメリカ・ペンシルベニア州で原因不明の発作で入院すると間もなく死亡が確認されました。

ボビーの死因については長らく分からないままでしたが、それから数年後、法医学の進歩によって意外な人物が犯人として逮捕されました。

■世界が騒然!本当にあった?衝撃ファイル 放送内容
遺体から致死量の毒物を検出!死者が語る事件の真実…完全犯罪を目論む真犯人は誰だ!?法医学が暴いた毒殺ミステリー

1991年アメリカ・ペンシルベニア州。32歳のボビーが原因不明の発作で病院に運び込まれた。医師による懸命の処置も虚しく、日に日にその症状は悪化…そして助かる見込みが無く、家族同意のもと生命維持装置が外されることとなる。しかし検死の結果、ボビーの体内から致死量をはるかに超える量の毒物を検出!実はボビーは、完全犯罪を目論む何者かに毒殺されていた!闇に潜む真犯人の正体を暴くべく、ベテラン検死官が立ち上がる!

スポンサーリンク

ボビー死因(毒殺)の毒物は?犯人は誰?世界が騒然!本当にあった衝撃ファイル

ボビー(ボブ・カーリー)は1991年9月にインフルエンザのような症状でハーシー医療センターに入院し、手のひらと足の裏の衰弱性の痛みを訴え、嘔吐して髪を失い始めました。

ボビーが昏睡状態に陥いると、医者は彼の妻・ジョアン・カーリー(Joann Curley)とと相談の上、生命維持から外すことに同意し、脳死したと宣言されました。

ジョアン・カーリーはボビーが息を引き取るまで部屋で待ち、その間、涙を見せることはありませんでした。

検察による司法解剖の結果、ボビーの死因は、かつて害虫駆除でラットを殺すために使用された、無色、無臭、無味の毒である殺鼠剤の主成分「タリウム」による中毒であると判断されました。

警察は当初、電気技師として働いていたボビーが同僚のいたずらで毒殺されたと信じていました。

ラットの毒の成分として使用されていた金属物質であるタリウムは、カーリーが働いていたウィルクス大学の研究室にも保管されていたからです。

実は、妻のジョアン・カーリーだけではなくボビーの娘にもタリウム中毒の症状がありました。

ただ、ボビーの髪と爪のサンプルを使用して毒素が人のシステムに最初に導入された時期を判断する、当時の画期的な法医学検査方法を使用することで、ボビーは11か月の間にゆっくりと毒殺されたと判断しました。

毒物学による髪の毛と爪のサンプル分析の結果、一定期間にわたって繰り返し摂取されたことを示しました

しかし、ボビーが致死量の900倍に相当するタリウムの摂取が認められ、それは大学で働き始める前から中毒が始まったことを示していたことから、ボビーの元同僚並びに大学関係者も犯人のリストから除外。

残るはボビーの妻、ジョアン・カーリーでしたが一貫して事件の関与を否定し続けます。

警察は彼女が意図的に毒の一部を飲み込んだと判断し、5年間もの時間をかけて辛抱強くジョアン・カーリーによる犯行であることを突き止め、1996年にようやく逮捕に至ります。

娘にタリウムを飲ませたのも、全ては夫の同僚に疑いの目を向けさせるためでした。

ボビー死因(毒殺)犯人の動機は?世界が騒然!本当にあった衝撃ファイル

彼の髪の毛のテストは、彼が10から11ヶ月にわたって繰り返し中毒されたことを示し、ジョアン・カーリーは少なくとも12回彼のお茶に殺鼠剤を入れたことを認めました。

1990年8月の結婚式からわずか2か月後に彼を毒殺し始め、約1年後に亡くなったことになります。

ボビーは生前、看護師に

「私を助けてください。私の妻は私を殺そうとしています。彼女は見た目どおりではありません。」

と告げた翌日に命を落としています。

ボブ・カーリーは、妻に殺されたとき、わずか32歳でした。

ジョアン・カーリーはボビーが耐え難いほどの痛みに苦しみつつも、彼が病院のベッドで死にかけている間、最後の大量投与を行っていました。

ジョアン・カーリーの動機はボビーの保険金(30万ドル)が目的でした。

ジョアン・カーリーは実は前の夫が10年近く前の霧の夜にトラクタートレーラーの事故で命を落としていましたが、こちらもジョアン・カーリーが裏で手を引いていて、170万ドルもの保険金を獲得しました。

彼女は3度の殺人で有罪を認めると、1996年から2016年まで10年から20年の懲役刑を言い渡されます。

その間、毎年仮釈放を申請していたものの、ボビーの兄弟と母親が仮釈放を拒否するように働きかけ続けていました。

しかし2016年になってジョアン・カーリーの刑期は終わり既に出所。

彼女の元義理の姉にという人物が迎えに来てルザーン郡で暮らしていると言われています。

タイトルとURLをコピーしました