弁慶役は誰?鎌倉殿の13人(大河ドラマ)は佳久創?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では北条義時の立場から源頼朝や鎌倉幕府の様子が描かれます。

キーパーソンとなる源義経は菅田将暉さんが演じますが、弁慶役の俳優は誰なんでしょうか?

スポンサーリンク

佳久創が鎌倉殿の13人で弁慶役

「鎌倉殿の13人」注目の弁慶は元ラガーマン佳久創!大河ドラマ初出演“源義経”菅田将暉の忠臣

元ラガーマンの俳優・佳久創(かく・そう、31)が来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(1月9日スタート、日曜後8・00)に武蔵坊弁慶役で出演することが25日、分かった。大河ドラマ初出演。俳優の菅田将暉(28)演じる天才武将・源義経の忠臣に注目が集まっていたが、7人制ラグビー日本代表候補に選出された経歴を持ち、1メートル85と大柄な佳久が起用された。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝役を演じる俳優の大泉洋(48)とは、2019年7月期のTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」で共演している。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/12/25/kiji/20211225s00041000209000c.html

弁慶は元比叡山の僧でありながら義経に仕えた僧兵で歌舞伎の人気演目「勧進帳」の主人公になるなど、語り継がれる豪傑。

大河ドラマではこれまで1966年「源義経」で緒形拳(義経は七代目尾上菊五郎)、2005年「義経」で松平健(義経は滝沢秀明)、2012年「平清盛」で青木崇高(義経は神木隆之介)が演じてきました。

ちなみに松平健さんは「鎌倉殿の13人」では平清盛の役で出演をしていますね。

京で育ち比叡山に入った鬼若でしたが、修行にも身が入らず乱暴ばかり働いていたので追い出されたことから、自ら剃髪すると「武蔵坊弁慶」と称して乱暴の限りを尽くしました。

弁慶の最後は1189年閏4月30日の「衣川の戦い」。

源義経が籠った堂の入口に立って薙刀を振るって防戦し仁王立ちのまま息絶えたと伝えられ「立ち往生」という言葉の由来となりました。

再三の鎌倉の圧力に屈した藤原泰衡は、照井太郎ら500騎にて、衣川館(高館)を襲撃しました。

迎え撃ったのは、源義経の主従である武蔵坊弁慶、鈴木重家、亀井重清らがわずか10数騎であり、多勢に無勢・・。

ちなみに、頼朝がなぜ義経を討ったのか?

あまりに義経が「できる若者」だったため、頼朝に警戒されたと言われていますが、実際には源義経が政治的なバランスや後先のことを顧みず、ただまっしぐらに目の前の敵を打ちとり続けたことが原因用です。

頼朝としては平氏を滅亡させることまでは考えていなかったようで、当時の天皇・安徳天皇と共に三種の神器を源氏に取り戻すことを目的としていました。

ところが義経によって結果的に安徳天皇は平宗盛に擁せられて西走、1185年壇ノ浦の戦で平氏一門とともに入水。

天皇の権威を示す三種の神器すらも失われたことが頼朝が義経を疎んじる要因となったようです。

佳久創wikiプロフィール

名前:佳久創(かく そう)

出身地:愛知県名古屋市出身

生年月日:1990年10月28日

年齢:31歳

身長:185cm

体重:92㎏

俳優、元ラグビー選手

事務所:アクロスエンタテインメント所属

出身高校:愛知中学校・高等学校(中高一貫)

出身大学:明治大学法学部

趣味;ラグビー、筋トレ、映画鑑賞、WWE観戦

タイトルとURLをコピーしました