のえ(鎌倉殿の13人)史実では?実在モデルは伊賀の方?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「のえ」はNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物の一人。

第34話で主人公・北条義時の第3の妻として初登場し、菊地凛子さんが大河初出演となりましたが、のえは史実では実在モデルがいるんでしょうか?

スポンサーリンク

のえ(鎌倉殿の13人)史実では?実在モデルは伊賀の方?

『鎌倉殿の13人』“のえ”菊地凛子はきのこ好き? まさかの本音にネット悲鳴&ツッコミ続々

小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第34回「理想の結婚」が4日に放送され、のちに義時(小栗)の妻となるのえ(菊地凛子)が初登場。ラストシーンで“裏の顔”が描かれると、ネット上には「こわ!」「なんというラスト…」などの声が集まった。

 独り身の義時はある日、官僚の二階堂行政(野仲イサオ)から孫娘・のえを紹介され「もらってやってくれんか?」と言われる。あまりに急な話に義時は思わず困惑するものの、大江広元(栗原英雄)の勧めもあり一度会ってみることにする。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8e146e045c3152afc1c87e800d652dd058d7c6c

「鎌倉殿の13人」で、のえ(菊地凛子)は第34話「理想の結婚」で初登場。

文官・二階堂行政(野仲イサオ)の孫娘ということで、北条義時に対して

「もらってやってくれんか。気立ての優しい子なんだ。頼むよ。非の打ち所がない。身内が言ってるんだから、間違いない」

と猛プッシュされ、八田知家(市原隼人)に“見極め”を依頼するといった展開でしたが「のえ」は実在の人物です。

実家の名字から「伊賀氏」「伊賀の局」「伊賀の方」と呼ばれるようになります。

北条義時の後妻で名前は7代執権北条政村、金澤流の祖の北条実泰や公家の一条実雅の妻となる娘などを産みます。

1224年に北条義時(小栗旬)の死ぬと、伊賀の方(菊地凛子)は息子の政村を次の執権に、娘婿の一条実雅を次の将軍にしよう画策する。政村の烏帽子親で有力御家人の三浦義村(山本耕史)の味方することを期待しての陰謀であったが、北条政子(小池栄子)が義村に北条泰時(坂口健太郎)支持を取り付けたことで未然に防がれた。

敗れた伊賀の方と兄弟らは流罪となった(カッコの名前は演じた俳優)。

ただし、「のえ」という名前は三谷幸喜さんによるオリジナルです。(本名不明)

のえ(鎌倉殿の13人)史実では伊賀の方?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました