雉真繊維のモデル会社はカンコー?トンボ?クラレ?カムカムエヴリバディ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

雉真繊維(きじませんい)とはNHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に登場する会社。

雉真千吉(段田安則)社長が岡山で一代で築き上げたという雉真繊維(きじませんい)ですが、モデルとなった会社はあるんでしょうか?

スポンサーリンク

雉真繊維のモデル会社はカンコー?トンボ?クラレ?カムカムエヴリバディ

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に登場する雉真繊維(きじませんい)は戦前から足袋・学生服を扱う繊維メーカー。

戦争が始まると軍服などを製造するようになり戦争特需で潤うように…。

戦後は主人公・安子(上白石萌音)の縁もあり、米軍からの受注で朝鮮特需で雉真は更に大きくなっていきますが、雉真繊維には直接的なモデルとなった会社・企業は存在しないようです。

ただカムカムエブリバディで舞台となっている岡山県といえば繊維産業がさかんで学生服を日本で一番出荷しています。

全国の70%近くの学生服を岡山県内のメーカーが生産していて、制服最大手の

トンボ (トンボ学生服) 創業1876年
明石被服興業(富士ヨット学生服) 創業1865年
菅公学生服(カンコー学生服) 創業1854年

の3社は全て、岡山県に本社を置いています。

中でも「トンボ」は1876年(明治9年)に家内制手工業による足袋づくり(三宅商店)からスタートしています。明治末期に工業化・量産化により「キラクたび」の足袋ブランドを確立。

創業年からみると、カムカムエブリバディで雉真繊維の創業者・千吉が1878年に生まれていたかどうかも微妙な年代なので、ここは違いますね。

トンボは1908年に創業者が亡くなり、次男の三宅保正さんが初代社長となります。

その後、学生服の生産を手掛けて「アサヒトンボ学生服」をヒットさせると、戦時中には軍需品の製造の命を受けて軍服の製造をしています。

またトンボは岡山県玉野市で創業しましたが、公式サイトでは「会社設立 大正13年5月10日 (創業 明治9年)」と記載されています

沿革
トンボ学生服で知られる株式会社トンボは学校制服・ユニフォームの総合メーカーです。スクールウエア、スポーツウエアなどのスクールユニフォームの企画・デザインや高校・中学・小学校のモデルチェンジを提案しています。

ただ、カムカムエブリバディで雉真繊維の跡取り・勇(村上虹郎)が野球部を作って社員の結束を高め、雉真繊維の経営を立て直していくという話しもありました。

岡山県の繊維会社では、クラレ岡山が1952年に『倉敷レイヨン硬式野球部』を発足させると、創部から6年目の1957年に都市対抗野球に初出場し、8強入りを果たしています。(1973年解散)

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を全話無料視聴するには「U-NEXT」がオススメです。

NHKのドラマやドキュメンタリー、バラエティなどを配信している「NHKオンデマンド」を視聴するには月額990円かかりますが、NHKオンデマンド経由で「U-NEXT」を申し込むと初回1000ポイント(通常初回登録時は600ポイント)もらえるんです!

そのポイントを利用してNHKオンデマンドを契約すれば、全話無料で視聴できます。月額990円分を初回登録でもらえる1000ポイントで購入できるんです!

それ以外にも大河ドラマやクローズアップ現代、NHKスペシャル、ドキュメンタリーまでNHKオンデマンドの番組であればすべてU-NEXTで再放送を待つことなく視聴できます。

しかも、U-NEXTは動画配信サイト最長の31日間の無料期間があるので、自分の好きなタイミングでゆったりと見たい分を視聴ができます。

U-NEXTで朝ドラを視聴するには、パソコン、スマホ、タブレットなどで再生ができるほか、Fire TV Stickのような機器を使うことでテレビでも視聴可能。

U-NEXTにはダウンロード機能もあるので、見たい動画をスマホに保存しておけば、憂鬱な通勤通学途中も楽しく過ごすことができますよ。

[30日間無料]unextの詳細&申込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました