キムタク2020ソロライブチケット先行予約(抽選)期間はいつからいつまで?当選倍率は?

キムタク(木村拓哉)が2020年1月8日に発売されるソロアルバム「Go with the Flow」をと共に東京と大阪の二会場で、
SMAP解散後初となるソロライブ「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」を開催することが発表されました。

キムタク(木村拓哉)にとってもデビュー以来初となるソロライブではあるものの、
アルバム「Go with the Flow」にはB’zの稲葉浩志や[ALEXANDROS]の川上洋平、槇原敬之など
様々な豪華アーティストが楽曲提供などで参加をしているので、滅多に見られない共演が披露されるかもしれませんね。

木村拓哉 Special Web Site
木村拓哉 オリジナルアルバム「Go with the Flow」2020年1月8日発売

キムタク2020ソロライブ会場・日程(スケジュール)は?

キムタク(木村拓哉)さんは以前から、ソロ活動をスタートさせてから「騒げる場所(ライブ)」を開催することを明言していましたが、
「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」としてとうとう実現が決定しました。

会場および日程は下記の通りで、キムタク(木村拓哉)の「お客様となるべく近い距離でライブを行ないたい」の意向を重視して決められたそうです。

  • 2月8日(土):東京・国立代々木競技場第一体育館
  • 2月9日(日):東京・国立代々木競技場第一体育館
  • 2月19日(水):大阪・大阪城ホール
  • 2月20日(木):大阪・大阪城ホール

開演・開場時間は未定ですが一般的なライブでは18時開場・19時開演が恒例となっていますね。

国立代々木競技場第一体育館といえば、乃木坂46やあいみょん、三浦大知といったアーティストの他、
2020年1月には伝説のバンド「BARBEE BOYS」も復活ソロライブを行う予定。

大阪城ホールは読売テレビ(日本テレビ系列)のベストヒット歌謡祭が放送されている会場でもあり、
ジャニーズではジャニーズWEST、なにわ男子、KAT-TUNもライブを行っていますね。

キムタク2020ライブチケット先行予約(抽選)期間はいつからいつまで?

キムタク2020ライブチケットの先行予約(抽選)についてはまだ詳しい情報は発表されていません。

新しい情報が確認され次第、ブログに記事を追記しますが、
SMAPのライブコンサートのチケット販売スケジュールを参考にすると、
キムタク2020ライブチケットの先行予約(抽選)の期間は、
12月中にはキムタク(木村拓哉)ファンクラブで募集開始&当落結果発表。

1月初めに予約キャンセル分なども含めて一般販売が行われると思われます。

キムタク2020ライブチケットの価格は?

キムタク2020ライブチケットの価格は東京・大阪ともに

  • ファンクラブ会員:9,500円(税込)
  • 一般:10,000円(税込)

となっています。

ドームツアーのような大規模な会場で行われたSMAP当時のライブコンサートでもだいたい似たような価格帯でしたが、
会場が小規模となり(それでも普通のアーティストにしては大会場)、キムタク(木村拓哉)との距離も近いので、
チケット価格に見合うだけのモノがあると思います。

アルバム購入者限定プレミアムイベントも開催

キムタク2020ソロライブに合わせてすでにアルバムも発売することが発表されていますが、
アルバム購入者限定プレミアムイベントも開催されることが発表されています。

応募期間:1月7日(火)10:00~1月12日(日)23:59まで

日程:2020年2月24日(月・祝)
場所:都内某所

どこでどのようなイベントが開催されるのかはまだ詳しい発表はありませんが、
応募方法に関してはアルバムに封入されている「Go with the Flow購入者限定プレミアムイベント応募カード」を利用します。

追記:2020年1月6日~1月8日のアルバム販売数の集計結果で「Go with the Flow」がなんと91,802枚を売り上げて堂々の首位を飾ったそうです!

木村拓哉さん、おめでとう!

■その他のアルバム購入特典
【店頭先着特典(共通)】B2ポスター※初回限定盤A / 初回限定盤B / 通常盤 
【同時購入特典】:オリジナル卓上カレンダー2020※初回限定盤A / 初回限定盤B

キムタク2020ソロライブ当選倍率は?

キムタク2020ソロライブが行われる2会場・4公演の収容人数は下記のとおりです。

  • 2月8日 国立代々木競技場第一体育館 13,243人
  • 2月9日 国立代々木競技場第一体育館 13,243人
  • 2月19日 大阪城ホール 16,000人
  • 2月20日 大阪・大阪城ホール 16,000

合計で5,8486人となります。

次に想定される申込み人数ですが、参考数値として木村拓哉さんが中国のSNS「Weibo」(微博)に開設しているアカウントのフォロワー数は150万となっています。

この中にはもちろん、中国の方も多数含まれていることを考慮して日本と中国の人口比から、
日本人で登録している人の割合はその10分の1(15万人)と仮定し、全員がキムタク2020ソロライブに申し込みをしたとすると、当選倍率は、

2.56倍

となります。

ファンクラブに入会していてもチケットが全く取れなかったSMAPの時と比べると、
キムタク2020ソロライブなら当選する確率は飛躍的に高くなっているかもしれませんね。

木村拓哉(キムタク)のソロ「Go with the Flow」感想

タイトルとURLをコピーしました