国分寺市長選挙2021立候補者の公約・プロフィール(井沢邦夫、立石しょうこ)

スポンサーリンク
0未分類

2021年の国分寺市長選挙について、立候補者(井沢邦夫、立石しょうこ)のプロフィールや公約(マニフェスト)をまとめています。

スポンサーリンク

国分寺市長選挙2021の立候補者の公約・プロフィール

井沢 邦夫 無所属 70歳 (男) 現職 国分寺市長
立石 しょうこ 無所属 68歳 (女) 新人 (元)市子育て支援課長

井沢 邦夫

自民党と公明党、それに国民民主党が推薦

1950年9月15日、東京都国分寺市東恋ヶ窪生まれ。

国分寺市立第三小学校、国分寺市立第一中学校、中央大学附属高等学校卒業。

1973年(昭和48年)3月、中央大学法学部法律学科卒業。同年4月、東邦生命保険相互会社に就職。

1998年(平成10年)からエジソン生命保険相互会社に勤める。2002年(平成14年)、鹿島建設の子会社に転職。2004年(平成16年)12月、同社を退社

2005年(平成17年)7月3日に行われた国分寺市議会議員補欠選挙に出馬し初当選。市議を3期務める。

2013年(平成25年)5月31日に辞職。同年6月の国分寺市長選挙で初当選。

二期八年の実績として、駅北口の再開発や、近隣二市と共同での可燃ごみ処理施設の稼働などを挙げた。
 コロナ対策では「昨年の当初から対策本部を立て、先手先手を打ってやってきた。高齢者の約七割が一回目のワクチン接種を打っている」と主張した。
 市の人口増に触れ「市の魅力を発信していきたいと掲げてきた。多くの方が移り住み、ここで産み、育てていこうという環境になってきているのではないか」と強調した。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/113184

立石 しょうこ

1953年生まれ。秋田県出身。日本大学文理学部卒。
1977年、国分寺市役所に入職。
2005年、子育て支援課長に就任。
学童保育所・児童館の増改築を多数手掛けるとともに、児童手当などの手当助成係や療育施設のこどもの発達センターつくしんぼ、虐待などに対応する子ども家庭支援センター、野外あそび場、親子ひろば事業などを所管。子どもに関する次世代育成支援計画などの策定にも携わる。

現市政を「残念ながら子どもの権利に理解を示していない。そんな市長に任せていられない」と批判。「子ども第一」を掲げ「子どもの権利条例」の制定をアピールした。
 「私は時間を設けて職場を回り、職員に『頑張っているね』と声を掛けたい。職員の元気がないのは市民の不利益になる」と職場環境の改善を訴えた。
 また、市民や市職員の多様性を尊重することや、SDGs(持続可能な開発目標)を市政に反映することも公約として主張した。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/113184

立石しょうこオフィシャルサイト
子育て子育ち 明日の国分寺をつくる会の立石しょうこのオフィシャルサイトです。
タイトルとURLをコピーしました