コストルナヤの現在をwiki調査!体形変化した?コーチは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

アリョーナ・コストルナヤ選手はロシアを代表するフィギュアスケート選手。

コストルナヤさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

コストルナヤwikiプロフィール

名前:アリョーナ・コストルナヤ

英語:Alena Sergeyevna Kostornaia

ロシア語: Алёна Сергеевна Косторная

身長:156㎝

生年月日:2003年8月24日

年齢:18歳

国籍:ロシア

2020年ヨーロッパチャンピオン、2019-20年グランプリファイナルチャンピオン、2019年アンテルナショナル・ド・フランスチャンピオン、2019年NHKトロフィーチャンピオン、2019年CSフィンランディアトロフィーチャンピオンである。国内での競技では、2020年ロシア国内銀メダリスト、2度のロシア国内銅メダリスト(2018年、2019年)です。コストルナヤ選手は現在、2020-21年のフィギュアスケートシーズンに続き、国際スケート連盟による女子シングルの世界ランキングで8位に入っています。

ジュニアレベルでは、コストルナヤ選手は、2018年ジュニア世界銀メダリスト、2018-19年ジュニアグランプリファイナル優勝、2017-18年ジュニアグランプリファイナル銀メダリスト、ロシアジュニア国内銀メダリスト2回(2018年、2019年)です。シニアの国際大会でトリプルアクセルジャンプを着氷した女性としては、史上10人目です。

コストルナヤ選手は、1つのシニア国際大会で認められている最大数のトリプルジャンプ(ショートプログラムで4回、フリーで8回)に挑戦し、着氷した女性としては、チームメイトのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手、日本の紀平梨花選手に次いで3人目です(ザヤックルール参照)。彼女は、2019年のアンテルナショナル・ド・フランスで初めてこれを達成し、その後、2019-20年のグランプリファイナルで12本の3回転すべてをクリーンに着氷しました[5][6] 現在、女子スケートのシニアおよびジュニアのショートプログラム最高得点の世界記録を保持しています。

コストルナヤのコーチは?

コストルナヤの歴代コーチは次のとおりです。

エテリ・トゥトベリーゼ(Eteri Tutberidze)
セルゲイ・デュダコフ(Sergei Dudakov)
ダニイル・グレイヘンガウス(Daniil Gleikhengauz)

セルゲイ・デュダコフは2012年からエテリ・トゥトベリーゼと共にSDUSSHOR 37(現サンボ70[1])で共同コーチをしています。

ダニイル・グレイヘンガウスはアイスダンスで優勝経験のあるロシアの元フィギュアスケート選手です。

コストルナヤの性格や態度は?

コストルナヤの性格や態度がうかがい知れる生い立ちにについて。

2003年8月24日、コストルナヤはモスクワでセルゲイとタチアナの両親のもとに誕生。

ISUには “Alena “と登録していますが、Instagramの公式アカウントでは “Aliona “と表記しています。

引退後は大学で医学を学び、脳外科を専門にしたいと述べています

空き時間には乗馬を楽しみ、ファンから馬やユニコーンのぬいぐるみをもらうことも多いという。

また、ファンから贈られたウサギ、猫、オードリーという名のマルチプーなど、多くのペットを飼っている

2021年9月現在、コストルナヤはロシア国立体育・スポーツ・青少年・観光大学の学生

コストルナヤの成績

■2017-2018シーズン ジュニア国際デビュー
コストルナヤ選手の国際デビューは、2017年10月初旬、ポーランドのグダニスクで開催された2017-18ISUジュニアグランプリ(JGP)大会でした。ショートプログラムで1位、フリーで2位となった彼女は、銀メダルを獲得したトレーニングパートナーのダリア・パネンコワ選手に1.36点の差をつけて金メダルを獲得しました。 [13] JGPイタリア大会では、ソフィア・サモドゥロワに0.04点の差をつけて銀メダルを獲得しました[14] その入賞により、2017-18ジュニアグランプリ・オブ・フィギュアスケート・ファイナルへの出場権を獲得し、ショートプログラム2位、フリー1位で銀メダルを獲得しました。シニアレベルでは、コストルナヤ選手は2018年ロシア・フィギュアスケート選手権で銅メダルを獲得しました。その後、2018年ロシア・ジュニア選手権では、チームメイトのアレクサンドラ・トルソワに0.58点の差をつけて銀メダルを獲得しました[要出典]。

2018年3月、コストルナヤは2018年世界ジュニア選手権に出場しました。ショートプログラムとフリーで2位となり、トルソワに次ぐ銀メダルを獲得しました

■2018-2019年シーズン

コストルナヤは前年にトリプルアクセルを習得し、当初は競技で導入する予定でした。しかし、彼女はオフシーズン中の成長に続いてジャンプを失ってしまった[15]。 コストルナヤは、2018年のJGPシリーズに出場してシーズンをスタートさせた。オーストリアのリンツで開催されたシーズン最初のJGP大会で金メダルを獲得した。ショートプログラムとフリーの両方で1位となり、銀メダルのチームメイトであるアレナ・カニシェワ選手に11点以上の大差をつけて金メダルを獲得しました[16]。

今シーズン2回目のJGPオストラバ大会では、再びショートプログラムとフリーの両方で1位となりました。銀メダルのキム・イェリム選手に約2点の差をつけて金メダルを獲得しました[17]。JGPで2勝したことで、2018-19ジュニアグランプリファイナルの出場権を獲得し、ショートプログラムとフリーの両方で1位となり、金メダルを獲得しました。チームメイトでありトレーニングパートナーでもあるトルソワ選手を約2.5ポイント上回りました。この大会で、コストルナヤ選手は自己ベストの217.98点を獲得し、さらにショートプログラムでジュニアレベルのレディース新記録(76.32点)を樹立しました[18][15]。

2019年のロシア選手権で、コストルナヤはショートプログラムでステップシークエンス中に転倒して3位となりましたが、これはプログラムの終わりに近づき、すでにすべてのジャンプパスを終えていたため、「リラックスしすぎた」ことが原因と考えられています[19]。 その後、フリーでも3位となり、2年連続で国内銅メダルを獲得しました[20]。

コストルナヤは2019年のロシア・ジュニア選手権に出場し、ショートプログラムで優勝、フリーで2位となりました。総合2位となり、2年連続でジュニア国内銀メダルを獲得しました。大会後、トレーニングメイトのトゥルソワ、アンナ・シュチェルバコワとともに、2019年世界ジュニア選手権のロシアチームに選出されました。しかし、大会初日の3月4日、コストルナヤは病状を理由に出場を辞退しました。その後、振付師のダニール・グライケンガウズによって脚の炎症であることが明らかにされ、4週間のトレーニング離脱を余儀なくされました。代わりにクセニア・シニツィーナが出場した[21]。

■2019-2020年シーズン。無敗のシニア国際デビューと欧州タイトル獲得

プログラムは、前シーズンのショートプログラムを踏襲し、前年の「トワイライト」をテーマにしたエキシビションプログラムを修正してフリーに使用しました。フリーではトリプルアクセルを2回取り入れ、国際大会でトリプルアクセルを跳んだ史上10人目の女性となり、総合得点は234.84点で、銀メダルのエリザベータ・トゥクタミシェワに22.31点差をつけました[24]。

2019年のアンテルナショナル・ド・フランスでシニアグランプリデビューを果たしたコストルナヤは、ショートプログラムに初めてトリプルアクセルを取り入れて1位になりました[25]。 そして、浅田真央、紀平梨花、エリザベータ・トゥクタミシェワに続く史上4人目の女性として、フリーで完全に回転したトリプルアクセルを2回着氷し、159.45点の自己ベストスコアで区間1位になりました。トレーニングメイトであり、世界選手権とオリンピックの覇者であるアリーナ・ザギトワ選手に19.94点の差をつけて金メダルを獲得しました[22] 2019年のNHK杯では、コストルナヤ選手はトリプルアクセルを成功させたクリーンなスケーティングを披露し、ショートプログラムで1位となり、5. 同じくトリプルアクセルを着氷した紀平梨花選手に15点差をつけ、シニアレベルの女子ショートプログラムで85.04点の世界新記録を樹立しました[26]。 フリーでは再び1位となり、自己ベストのトータルスコア240.00点で優勝しました。コストルナヤ選手は、金メダル2回、総合得点30点を獲得し、トリノで開催されるグランプリファイナルの予選でトップとなりました[27]。

2019-20グランプリファイナルでは、ショートプログラムで85.45点を獲得して自身の世界記録を更新し、1位となりました[28]。 女子選手の中で唯一クリーンなフリーを滑ったにもかかわらず、コストルナヤは同種目でチームメイトのアンナ・シェルバコワと0.51点差の2位となりました。しかし、ショートプログラムからリードしたことで、シュチェルバコワ選手に7点近くの差をつけて優勝しただけでなく、それまでアレクサンドラ・トルソワ選手が持っていた女子シングルの合計得点の世界記録を更新しました。また、ジュニアグランプリファイナルとグランプリファイナルを2年連続で制した5人目のフィギュアスケーターとなりました[29]。

次の2020年ロシア国内選手権に出場したコストルナヤは、ショートプログラムで再び優勝し、2位のアンナ・シュチェルバコワに10点のリードを築きました[30]。しかし、ダブルアクセルとトリプルフリップ-トリプルトゥループのコンビネーションでミスがあったため、フリーでは2位となりました。Shcherbakova選手と2点差で銀メダルを獲得し、欧州と世界の代表の座を確保しました[31]。

2020年の欧州選手権では、ショートプログラムでクリーンな演技を披露したコストルナヤがトップに立ちました[32]。フリーでは、最後のジャンプパスであるトリプルルッツで転倒して減点されたため、シチェルバコワに次ぐ2位となりましたが、それでも3点差で欧州選手権のタイトルを獲得するには十分な得点でした。優勝後にインタビューを受けた彼女は、ミスを考慮して優勝できるとは思っていなかったので、結果に驚きを示した[33]。

COVID-19パンデミックへの懸念から2020年の世界選手権が中止された後、コスタルナイアは正式にシニアデビューのすべての国際大会で無敗のままシーズンを終えた。

■2020-2021年シーズン。コーチングの変更とCOVID-19

2020年7月31日、ロシアのメディア「R-Sport」は、コストルナヤがエテリ・トゥトベリーゼ監督と決別し、エフゲニ・プルシェンコ監督のキャンプで練習することを選んだと発表した[34]。 このニュースは、トゥトベリーゼ自身がInstagramで最初に報じたもので、彼女は、他のチームメイトと氷を共有することをコストルナヤが拒否したことが原因で決別したと主張した[35]。彼女はBillie EilishとKhalidのLovelyの3つのバリエーションに合わせた新しいフリープログラムを含む2つの新しいプログラムをセットしてトゥットゥリゼを去ったが、プルシェンコはタスのインタビューで、彼と彼のチームは今シーズン、コストルナヤのためにさらに2つの新しいプログラムをセットし、国際的な振付師を起用する可能性があると述べている[36]。 [36] 彼女の新しいショートプログラムは結局、コーチのセルゲイ・ロザノフが振り付けたが、新しいフリープログラムはCOVID-19の渡航制限により、カナダの元アイスダンサーで振付師のシェイ=リン・ボーンが遠隔で振り付けた。

2020年のロシアのテストスケート大会では、練習時間が限られていたためにフリープログラムが確定しなかったため、コストルナヤはショートプログラムのみを披露した[37]。また、彼女のコーチであるエフゲニ・プルシェンコは、コストルナヤが不特定多数の怪我から回復中であり、まだトップフォームに戻っていないと述べている。怪我と遅いコーチ交代により、コストルナヤは、ロシア・フィギュアスケート選手権の出場資格を決定するために用いられる国内大会シリーズである2020-21ロシア・カップ・シリーズの最後の2大会に割り当てられた[38]。 また、2020年ロステレコム・カップへの出場も割り当てられた。

コストルナヤは、11月8日にロシアのカザンで開催された国内ロシア杯シリーズの第4ステージで競技シーズンを開幕した。ショートプログラムでは、3回転フリップと3回転トウループのコンビネーションでステップアウトしたり、ビールマンスピンでコントロールを失ったりしたものの、78.15点でチームメイトのアレクサンドラ・トルソワ選手に僅差で勝利しました。フリーではトゥルソワに次ぐ2位となり、総合では銀メダルを獲得した[39]。2020年のロステレコム杯では、ショートプログラムをきれいに滑って78.84点で1位となり、トリプルアクセルを成功させたもののコンビネーションでミスをしたエリザベータ・トゥクタミシェワに4点差をつけた[40]。その後、彼女はこう言いました。「最高のレベルで戦うためには、トリプルアクセルやクワッドのようなジャンプが必要なので、それは私の計画の中にあり、それに向けて努力しています」[41]。

12月4日、コストルナヤがCOVID-19に感染し、ロシア杯の第5ステージを辞退したことが発表されました[42]。その後、コストルナヤは、ウイルスからの回復によるトレーニング時間の不足を理由に、12月22日に2021年のロシア選手権を辞退しました[43]。 2021年1月19日、コストルナヤがチャンネル・ワン・ロシア・フィギュアスケート・カップ(各種目6名のスケーターまたはチームが3人1組で対戦する国内団体戦)への出場が決定したことが発表されました[44] コストルナヤは、2021年1月19日に開催されたチャンネル・ワン・ロシア・フィギュアスケート・カップに出場しました。 [44] コストルナヤは、2021年の国内選手権での演技ができなかったため、2020年の欧州選手権での演技の強さを評価されて出場権を獲得し、他のトップコンテンダーであるアンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、ダリア・ウサチェワ、カミラ・ヴァリエヴァと一緒に出場することになったのです。彼女はその後、COVID-19からの回復が不十分なため、2月3日にイベントを辞退しました[45]。

コストルナヤは1月28日にインスタグラムで、再びシェイリーン・ボーンの振り付けによる新しいフリープログラムを開発したことを発表した。ISUの副会長であるアレクサンダー・ラケルニックは、プログラムを磨くためにコストルナヤのトレーニングセッションのひとつを訪れた[46]ルカ・ダルベルトの「My Way」と「Yellow Moon」に合わせた新しいフリーに加え、コストルナヤはアントニオ・ヴィヴァルディの「The Four Seasons」に合わせた新しいショートプログラムもデビューさせた。2021年ロシア杯ファイナルでの「冬」。このファイナルは、2021年ストックホルム世界選手権のロシア女子チームの3位の座をめぐって、コストルナヤとエリザベータ・トゥクタミシェワが争うものと広く受け止められていた[47]。 彼女はこの大会のショートで苦戦し、意図したトリプルフリップ-トリプルトゥループのコンビネーションで、トリプルフリップの着地が乱れた後にタイトなダブルトゥループを実行しただけで、セグメントで6位となった。 [48]フリーでも順位を維持し、トゥクタミシェワより2つ下の総合6位となりました[49]。 3月1日にトゥクタミシェワが世界選手権の代表に選出されたため、このファイナルをもってコスタルナイアの競技シーズンは終了しました。

3月3日、タス通信によると、コストルナヤは前監督であるエテリ・トゥトベリゼとの復帰交渉を進めており、トゥトベリゼ本人の合意を待っているとのこと。

■2021-2022年シーズン
コストルナヤ選手は、2021年ロシアのテストスケート大会でオリンピックシーズンのプログラムをデビューさせ、2019-20シーズン以来、トリプルアクセルに再挑戦しました。彼女は2回の試技のうち1回をクリーンに着氷しました。今シーズン最初の国際任務である2021年CSフィンランディア・トロフィーで、コストルナヤはショートプログラムでトリプルアクセルに挑戦せず、コーチの助言のもとクリーンに滑ることを選択し[54]、ロシアのチームメイトであるエリザベータ・トゥクタミシェワに次いでセグメント2位となりました。フリープログラムでは、技術的な要素に苦戦し、セグメント4位となりましたが、トレーニング仲間のカミラ・ヴァリエヴァとトゥクタミシェワに次ぐ銅メダルを獲得し、表彰台に残りました[55]。

COVID-19パンデミックに関連した渡航制限のため、ロシア代表の他の数人のメンバーとともに、コスタルナイアが今シーズン最初のグランプリ課題である2021年スケートカナダへの出場に間に合わないのではないかと懸念されました。幸いなことに、コストルナヤと同胞たちは、大会開始の4日前である10月25日にパスポートとビザを受け取りました。10月26日、マッチTVによって発表されたのは、コストルナヤがスケートカナダに先立って2つのプログラムを変更することを選択したということであり、『ニューヨーク・ニューヨーク』に合わせたショートプログラムに変更し、フリーの振り付け師であるダニール・グライケンガウズが2020-21シーズンに彼女のために当初設定していたフリーの振り付けを、ビリー・エイリッシュとカリッドの『ラブリー』の3つのバリエーションに戻したということであった[56]。

コストルナヤのツイッターやインスタグラム

コストルナヤのツイッター

コストルナヤのインスタグラム
@aliona_officialnew/

タイトルとURLをコピーしました