ドラキュラ、元々の意味は?竜の息子?コウモリの菌?#ことば検定

スポンサーリンク
0未分類

5月26日の「グッドモーニング」内のクイズ「ことば検定」で出題された問題は「ドラキュラ、元々の意味は?」でした。

created by Rinker
朝日新聞出版

スポンサーリンク

答え:ドラキュラ、元々の意味は?【ことば検定】

青:コウモリの菌
赤:竜の息子
緑:中日の天敵

答え:竜の息子(赤)

15世紀ルーマニアのワラキアの領主。正式には「ヴラド三世」。 串刺し刑を好む苛烈な性質から『串刺し公』の異名をもち、自らは「竜の子(ドラキュラ)」と称した。 後世に様々な汚名を着せられた末に「吸血鬼ドラキュラ」のモデルとされるも、近年では「護国の鬼将」として再評価が進んでいる。

なぜヴラド・ツェペシュが吸血鬼のモデルなの?
彼は策略に長け、手持ち勢は少数でも大挙して押し寄せるトルコ軍を撃退に次ぐ撃退。
それでも矛先を緩めないトルコ軍の士気を失わせるため、
捕虜としたトルコ兵を身体ごと串刺しにし、見せしめにしました。
この残忍さとしたたる流血から、ヴラド・ツェペ シュ(串刺し公ヴラド)と
呼ばれるように。

なぜ、串刺し公ヴラドがドラキュラ公なの?
ドラキュラ公という名前は、家系から。
お父さんのヴラド2世がドラクル
(Dracul=竜公、または悪魔公、神聖ローマ帝国より竜騎士団の騎士に任命されていたから)
と呼ばれていて、その息子、という意味で
ドラクレア(Draculea=竜の息子、英語名ドラキュラ)。

https://tabicoffret.com/article/74888/index.html
タイトルとURLをコピーしました