年に1度のビッグセール!amazonブラックマンデー

2021年11月26日(金)~12月2日(金)ポイント最大8%還元

amazonブラックマンデーの詳細&エントリー方法こちら

迷う本来の意味は?布の糸が片寄る?前と間を空ける?#ことば検定

スポンサーリンク
0未分類

5月27日の「グッドモーニング」内のクイズ「ことば検定」で出題された問題は「迷う本来の意味は?」でした。

created by Rinker
朝日新聞出版

スポンサーリンク

答え:迷う本来の意味は?【ことば検定】

青:布の糸が片寄る
赤:前と間を空ける
緑:中国語「母ちゃん」

答え:布の糸が片寄る(青)

「迷う」の由来
「迷う」の由来は「紕う(まよう」という古い言葉にあります。本来の「紕(ひ)」の字義は、ふちかざり、へりのかざりのこと。「比」はならべる意味なので、糸+比では糸を並べてひもを組むという意味でした。

そして「紕う」は布の織り目がゆるんで薄くなり、糸が片寄った状態のことで、糸が片寄る→糸が乱れる→もつれてからむ→あちこちに移り動く、入り乱れるというように意味が転じていき、物事の整理がつかなくなる状態を表すようになりました。その後で意味の近い言葉である「惑う(まどう)」と混同されたようです。

https://word-dictionary.jp/posts/1985
タイトルとURLをコピーしました