水戸の偕楽園で梅を植えた理由は?梅酒?家紋?非常食?#お天気検定

スポンサーリンク
0未分類

5月27日の「グッドモーニング」内のクイズ「お天気検定」で出題された問題は「水戸の偕楽園で梅を植えた理由は?」でした。

スポンサーリンク

答え:水戸の偕楽園で梅を植えた理由は?【お天気検定】

青:梅酒を作るため
赤:家紋が梅だから
緑:非常食

答え:非常食(緑)

斉昭自撰の名文「種梅記」が自筆の隷書で刻まれています。斉昭は、春に魁(さきがけ)て咲く梅を愛し、また梅干しは軍事の際の非常食として役立つとして、偕楽園と弘道館をはじめ、その近郊や士民の家にも梅の木を植えさせました。「種梅記」には、斉昭が梅に込めた思いが記されています。

水戸家9代藩主徳川斉昭が作った水戸の偕楽園は日本三大名園のひとつ。斉昭は飢饉対策など領民の暮らしの安定にも力を注いでいた人で、「偕楽園」という名前も、「皆ともに楽しむ」という意味で、日を決めて、領民にも庭を開放していたといわれている。園内には、約100品種。3,000本の梅が植えられている。

【絶景茨城】偕楽園 梅 [4K]茨城県水戸市|VISIT IBARAKI, JAPAN
タイトルとURLをコピーしました