「シャリアピンステーキ」が生まれたきっかけは?#ことば検定

スポンサーリンク
0未分類

9月27日の「グッドモーニング」内のクイズ「ことば検定」で出題された問題は【「シャリアピンステーキ」が生まれたきっかけは?】でした。

created by Rinker
朝日新聞出版

■当ブログの人気コンテンツ

スポンサーリンク

答え:「シャリアピンステーキ」が生まれたきっかけは?【ことば検定】

青:歯痛
赤:ダイエット
緑:

答え:歯痛

さて突然ですが皆さんは「シャリアピンステーキ」を

ご存知でしょうか?

これは日本特有のステーキで、牛肉を使ったマリネステーキの一種です。

1936年、日本を訪れたロシアのフョードル・シャリアピンという世界的なオペラ歌手。

シャリアピンは歯が痛いのでろくに食べられない状態でした。

どうやら歯周病だったようです。

でもオペラに求められるあの大きな声量を発揮するためには

シャリアピンにとってステーキを食べなければ無理だ、という考えがあったそうです。

そこで当時宿泊していた帝国ホテルの料理長に、歯が悪くてもステーキが食べたい、

と要望を出しました。

すると、当時の総料理長・筒井福夫氏が、すき焼きにヒントを得て

ステーキを玉ねぎに漬け込むことで牛肉を柔らかくすることに成功。

シャリアピンは歯周病で歯が悪かったにもかかわらず、

おいしくステーキを平らげることができたのだそうです。

https://komaidc.jp/hn5udb/
タイトルとURLをコピーしました