呉真由美の速読の評判は?本や学歴もwiki調査してみた

スポンサーリンク
0未分類

呉真由美さんは速読を通じて能力開発をサポートする速読インストラクター

『時速150キロのボールをバッテングセンターで打つ速読の先生』としても有名な呉真由美さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

呉真由美の速読の評判や口コミは?

速読を身に着けることによって、一般的な人の本を読む速度は、1分間におよそ400~800文字ですので、最大で5倍約4,000文字程度までは読む速度をアップできるとされています。

単純計算で、今まで読んで理解するのに1時間かけていた本なら、速読を身に着けるとわずか10分ちょっとで読書完了できるようになります。

呉真由美さんは速読をスポーツに応用させた「スポーツ速読」を提唱し、これまでにサッカー柴崎岳選手、ハンドボール宮崎大輔選手など数多くのアスリートを指導してきた経歴があります。

スポーツにおける「見るチカラ」のことを「スポーツビジョン」とも呼び、近年はテレビ番組で特集が組まれるなど、注目されています。

野球未経験の女子生徒が、速読のトレーニングを経験することで軽々と165kmの球をバットに当てることができるようになっています。

速読で鍛えた驚異の動体視力! 野球未経験で165キロの球に挑戦!

本を速く読むための技術である速読がなぜスポーツなど運動面でも効果が期待できるのかというと、速読によって動体視力が鍛えられるのが最大の理由だと考えられます。

ただ速読で動体視力が鍛えられると言っても眼筋(目の周りの筋肉の総称)を鍛えるというわけではなく「右脳の使い方」に大きなポイントがあります。

速読で右脳が活性化させることで、目に入った情報をイメージ化する、つまり理解する時間が速くなり、「判断能力」が高くなる効果が期待できます。

また、速読によって自分の視野空間にある状況を素早く正確に把握できる能力「空間認識能力」も向上できるということで、主にチームスポーツを行うアスリートに人気があります。

■呉真由美さんの指導実績

・サッカー ヴァンフォーレ甲府 河田 晃兵選手

・サッカー FC東京 丹羽 大輝選手

・サッカー 鹿島アントラーズ 西 大伍選手

・サッカー 鹿島アントラーズ 中村 充孝選手

・サッカー デポルティーボ・ラ・コルーニャ 柴崎 岳選手

・サッカー 川崎フロンターレ 赤崎 秀平選手

・サッカー セレッソ大阪 田中 亜土夢選手

・サッカー 川崎フロンターレ 長谷川竜也選手選手

・サッカー FC琉球 新井 幹人選手 

・サッカー FC琉球 和田 凌選手

・サッカー FC琉球 瀧澤 修平選手

・テニス 大西 賢選手

・キックボクシング 丹羽 圭介選手

・野球・阪神タイガース 石崎 剛選手

・プロテニスプレーヤー 大西 賢選手

・女子野球 川保 麻耶監督

・フェンシング 三宅 諒選手

・ゴルフ 上原 彩子選手

・マラソン 大森菜月選手

■速読の評判

夕刊フジ 速読で武装

大手都銀のNさん(三二)は速読効用について話す。
「まず残業がなくなりました。銀行に残業はつきものですが、他の社員を尻目にノー残業を続けられるのは速読を取得したからだと思いますよ。五倍の仕事を同じ時間内でできる。このこは“できる奴”の評価となってハネ返ってきていますね」

「ファクト」営業部の吉岡裕恭さん(二五)は、「当初は、趣味の読書のためでした。今日で九回目のレッスンですが、九倍の速さで読め、理解度も同じ。どんな形で効果となって表れるか楽しみですね。
将来、仕事上で責任を負う立場に立ったら、この特技は一層役立つでしょう」と〝先行投資〟を強調する。

損保関係に勤める田中修一さん(二九)は、速読を身につけてから上司の見る目が違ってきたという。
「会議資料の理解、暗記力が身につきました。会議室に資料を持ち込んで、その場でペラペラしなくて済む。一時間かかって読んでいたものが、同じ一時間で六、七回読めるようになったからです」

https://www.unou-jp.com/fuji/

呉真由美wikiプロフィール

名前:呉真由美(読み方:くれ まゆみ)

生年月日:1972年

出身地:兵庫県

職業:速読インストラクター、脳開コンサルタント協会 会長

10代後半に通信教育で速読にチャレンジするも、挫折。
その後、再び速読にチャレンジし、習得。

速読インストラクターとして全国で速読講習やセミナーを行ない、本が速く読めるということが最終形ではなく、速読によって高められた「脳力」でいろいろな事にチャレンジすれば、より多くの成果を得られるということを多くの方たちに伝えています。

呉真由美の本

■スポーツ速読完全マスターBOOK

50kmの剛速球を打てるとテレビで話題の速読インストラクター、
呉真由美氏による速読トレーニングブックがついに登場!
速読トレーニングで誰でも150kmが打てるようになる! 速読=本を速く読む、ということではない。脳が活性化することで、「脳が本を早く読める状態にある」ということなのだ。
速読で脳を活性化させることによって、★本が速く読める ★仕事の処理能力が高くなる
★集中力が高まる ★プレゼン上手になる ★家事の手際がよくなる……などの効果があるが、特筆すべきなのがスポーツだ。

スポーツには技術が必要だが、筋肉などに指令を出しているのは脳だ。より広く視覚からの情報を得、それを脳が素早く処理することにより、
今まで以上に技術を発揮することができる。それは、プロのアスリート選手も理学療法の専門家も認めるところだ。

速読トレーニングは特殊技能でも「とばし読み」でもない。添付のDVDに従ってトレーニングをすれば誰でもマスターすることができる。
それによって、スポーツが上達し、勉強での成績もあがったという子どもたちがたくさんいる。
プロ・アマ問わず、スポーツで結果を出したいすべての人にチャレンジしてほしい。
特に、部活を頑張る中学生、高校生の保護者の方、必見!!

■脳を活性化する速読メソッド

テレビやネットで話題沸騰の速読インストラクターが解説する、速読・脳力開発の真髄。
「速読」というと、特別な才能を持った人の特技であったり、
斜め読みや飛ばし読みのテクニックであったりというイメージを持っていませんか?

本書でいう「速読」とは、脳の情報処理速度をアップさせることによって、
本が速く読めている状態のこと。本を手短に読むためのテクニックを
紹介しているわけではありません。
脳の潜在能力を引き出すトレーニングによって、本が速く読めるだけでなく、
思考力や記憶力・集中力・発想力など、さまざまな能力の向上も望めます。
(速読トレーニングをすると、野球の素人でも150キロの球も打てるようになるのも
その一例です)
学習に、ビジネスに、スポーツに、あなたの持つ潜在能力を活かすために、
ぜひ速読トレーニングに取り組んでみてください。

呉真由美のツイッターやインスタグラム

呉真由美のツイッター

呉真由美のインスタグラム

呉真由美のフェイスブック

呉真由美の公式HP

呉真由美の高校や大学など学歴は?

調査中

呉真由美さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていません。

呉真由美の結婚した旦那(夫)や子供は?

調査中
呉真由美さんのプライベートについて調べられる範囲ではスキャンダルが報じられたこともなければ結婚に関する情報は一切ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました