LinkBuds通販予約は?アマゾン・楽天の価格・最安値は?口コミレビューは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

LinkBuds(リンクバッズ)は耳をふさがない構造のソニー製完全ワイヤレス型ヘッドホン。

新開発のリング型ドライバーユニットで周囲の音を自然に聞きながら音楽や音声コンテンツを重ねて楽しむことができますが、LinkBuds(リンクバッズ)の通販情報をまとめています。

Sony LinkBuds Review: A Shocking And Surprising Design
スポンサーリンク

LinkBuds通販は?アマゾン・楽天の価格・最安値は?

ソニー、『ポケモンGO』のNianticと協業発表。聴覚でも楽しめるARゲームの実現に向けて

ソニーは、ARモバイルゲームを開発・提供するNiantic社とヘッドホン向けの音声AR領域で協業契約を締結したと発表した。

ソニーは実世界の音を取り込みつつ、ヘッドホンの音も楽しめる製品・技術を開発しており、一方のNianticは『Ingress』『ポケモンGO』『ピクミンブルーム』などのARゲームを展開。今回の契約締結により、両社が持つ技術を掛け合わせ、視覚だけでなく聴覚でもARを楽しめるゲーム体験の実現を目指すとしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/541de452f5af05607448b82add9a765660d35b04

ソニーのワイヤレス型ヘッドホン「LinkBuds(リンクバッズ)」は穴あきドライバー搭載で“ながら聴き”ができるのが最大の特徴。

音楽を再生しつつ周囲の環境音も容易に聞き取ることができるほか、圧迫感や蒸れ、自分自身の声が籠もったように聞こえる感覚など、耳を塞いだ際に生じる様々な問題を解消。開放的なリスニングが可能だとしています。

連続再生時間はイヤホン単体で約5.5時間、ケースでの充電含め約17.5時間。BluetoothコーデックはAAC/SBCをサポート

2月25日発売予定で、価格はオープンで、市場推定価格は約23,000円(税込)で、アマゾンや楽天では既に通販予約ができます。

楽天でLinkBudsを通販予約するにはこちら

アマゾンでLinkBudsを通販予約するにはこちら

LinkBuds口コミレビューは?

ソニーのリング型ドライバイヤフォン「LinkBuds」を聴いてみた

本体サイズはソニーの完全ワイヤレス史上、最小最軽量。WF-1000XM4と比べて、本体サイズは51%、ケースサイズは26%の小型化を果たしている。

実際に手に持ってみて驚くのは、やはりケースのコンパクトさ。AirPods Proのケースと比べると厚みはあるものの、横幅と奥行きは小さく、まさしく手のひらサイズ。再生プラスチックを使った外装はサラサラとした手触りで心地いい。イヤフォン自体もかなりコンパクトかつ軽量で、装着して重さを負担に感じることもなかった。

ケースの蓋は磁石ではなく、プラスチック製のツメで閉じられており、正面のボタンを押しながら開閉する。イヤフォン自体もプラスチック製のツメと磁石によって固定されている。このあたりは上位モデルとの差別化ポイントと言えそうだ。

装着方法は耳穴に押し込むというより、耳穴の上から差し込むようなイメージ。一般的なイヤフォンとは違う装着法だが、詳しい装着方法とフィッティングサポーターの交換方法は動画でも確認でき、ほとんど苦労せず装着できた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2b553b5ba11927dae6123c37fd07173b1fa63d31
タイトルとURLをコピーしました