前橋育英野球部メンバー2021!出身中学や注目選手#甲子園スタメン

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

前橋育英高校野球部が2021年の夏の甲子園(第103回全国高校野球選手権大会)出場を決めました。

決勝では延長12回にもつれる死闘を6-1で制し、5大会連続6度目の甲子園出場となりました。

スポンサーリンク

前橋育英高校野球部メンバー2021の出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1外丸東眞投手3年生前橋市立桂萱中右/右173/73
2阿部咲人捕手3年生館林ボーイズ右/右
3佐藤大我内野手3年生群馬西毛ボーイズ右/右
4岡田啓吾内野手2年生高崎中央ボーイズ右/左
5井上陽太内野手3年生高崎中央ボーイズ右/右
6野村慶内野手3年生高崎ボーイズ右/左
7横倉拓実外野手2年生桐生ボーイズ右/左
8皆川岳飛外野手3年生館林市立第四中右/左181/81
9矢島頼我外野手3年生高崎ボーイズ右/右
10菊池樂投手3年生玉村町立玉村中左/左179/70
11田村入来投手3年生富岡市立東中右/右
12飯島寛登捕手3年生高崎市立南八幡中右/右176/74
13天田祐輝内野手3年生上州ボーイズ右/右
14野中寿真内野手3年生足利リトルシニア右/左
15原嶋晃宏内野手3年生富岡ボーイズ右/右
16西澤大希外野手3年生上州ボーイズ右/右
17清水優雅内野手3年生沼田市立利根中右/右168/68
18町田豪汰外野手3年生前橋リトルシニア右/右
19安藤廉内野手3年生高崎中央ボーイズ右/左
20上原真翔内野手3年生安中市立第一中右/左

前橋育英高校野球部メンバー2019の出身中学

2019秋季関東大会メンバーの出身中学一覧です。

背番号名前ポジション学年出身中学中学所属
1菊池 樂投手1群馬 玉村中学校中学軟式野球部
2須永 武志捕手2群馬 あずま中学校前橋桜ボーイズ
3諸田 空也内野手2群馬 渋川北中学校高崎中央ボーイズ
4飯野 堪多内野手2群馬 榛名中学校中学軟式野球部
5井上 翔央内野手2群馬 川内中学校桐生ボーイズ
6野村 慶内野手1群馬 高崎長野郷中学校高崎ボーイズ
7永野川 夏樹外野手2群馬 藪塚本町中学校中学軟式野球部
8髙橋 駿外野手2群馬 昭和中学校中学軟式野球部
9皆川 岳飛外野手1群馬 館林第四中学校中学軟式野球部
10武藤 翔也控え2群馬 塚沢中学校中学軟式野球部
11細野 力輝百控え2群馬 前橋第七中学校中学軟式野球部
12飯島 寛登控え1群馬 南八幡中学校中学軟式野球部
13若林 康太控え2調査中です群馬西毛ボーイズ
14小田桐 智哉控え2調査中です群馬西毛ボーイズ
15山口 雄大控え2群馬 前橋第五中学校中学軟式野球部
16新藤 隼控え2群馬 大泉西中学校中学軟式野球部
17半田 雄大控え2調査中です館林ボーイズ
18大河原 康生控え2群馬 大胡中学校前橋中央ボーイズ

前橋育英高校野球部メンバー2021甲子園スタメンは?

前橋育英高校の甲子園スタメンは地方大会決勝のベンチ入りメンバーとほぼ同じになると予想されます。

打順 守備 名前 学年
1 左 横倉拓実 2年生
2 一 佐藤大我 3年生
3 遊 岡田啓吾 2年生
4 中 皆川岳飛 3年生
5 三 野村慶 3年生
6 右 西澤大希 3年生
7 投 外丸東眞 3年生
8 捕 阿部咲人 3年生
9 二 井上陽太 3年生

勝てば甲子園が決まる全国高等学校野球選手権群馬大会決勝で前橋育英高校野球部は高崎健康福祉大高崎高校と対戦。

前橋育英が5回に先制を許すも、8回に皆川岳飛主将(3年)のタイムリーで同点に追いつくと試合は延長戦へ。

延長12回は無死二塁で、岡田啓吾遊撃手(2年)が右翼への決勝2ランで勝ち越し。

この回打者一巡の猛攻で一挙5点を奪うと高崎健康福祉大高崎高校を6-1で制し、5大会連続6度目の甲子園出場を決めました。

■選手権群馬大会の戦績
決勝 健大高崎 6-1
準決勝 太田 4-1
関東学園大付 4-3
桐生第一 5-2
館林商工 10-0
桐生市商 10-0

前橋育英高校野球部メンバー2021の注目選手

皆川岳飛

出身地:群馬県館林市

ポジション:外野手

身長:181.0cm

体重:81.0kg

投打:右投左打

球速:147km/h

通算本塁打:26本

生年月日:2003(平成15)年4月30日

年齢:18歳

出身中学:館林市立第四中学校

皆川岳飛選手は小学校1年から軟式野球を始めています。

前橋育英ではシャープなスイングで広角に強い打球を打つセンスが評価され、1年時秋から背番号9でベンチ入り。

県大会を勝ち進み関東大会1回戦・習志野戦で1番・右翼スタメンとして初出場すると2安打を放ち、以降、レギュラーとして定着。

2年時秋からは主将・4番を務めています。

兄弟には4歳上の兄・皆川喬涼がいて投手として前橋育英で野球をしています。

前橋育英の荒井直樹監督も

「おにいちゃんは身体能力が高かった。弟も近い。打撃は弟の方がいい」

と兄弟そろって今年のドラフト有力候補です。

■皆川喬涼プロフィール

出身中学:群馬県 館林市第四中

中学所属:軟式野球部

身長:179㎝

体重:79㎏

投打:右投げ右打ち

遠投:110m

50m走:6秒0

スクワット:280kg

出身大学:中央大学

がっちりとした長身から最速149キロの速球を投げ込む右腕。

速球と縦に落ちるスライダー、カーブ、チェンジアップを組み合わせて投球する。

制球力も良く、三振を多く取る本格派。

2019/04/16 中央大・皆川喬涼投手

前橋育英高校野球部メンバーの進路

西澤 洋介
廣神 聖哉
高橋 光成
神戸 文也

前橋育英高校野球部の監督

前橋育英高校野球部の監督は荒井直樹監督です。

■荒井直樹プロフィール

生年月日:1964年8月16日

年齢:56歳

出身地:神奈川県

出身高校:日大藤沢高校

チーム経歴:いすゞ自動車

現役引退後、母校・日大藤沢で監督を務めたのち、前橋育英コーチを経て2001年に監督へ。2011年に選抜初出場。2013年に夏甲子園初出場で全国制覇を成し遂げた。

日大藤沢高時代、甲子園出場は果たせなかったものの投手として活躍。

1年後輩の山本昌投手(現中日ドラゴンズ)と二枚看板として3年生の夏の神奈川県大会では、2試合連続無安打無失点試合を達成

高校卒業後は社会人野球の名門・いすゞ自動車に入社。

社会人野球を13年間続け、都市対抗野球には7回出場。

引退後は、1996年に母校である日大藤沢高で監督に就任すると、1999年からは前橋育英高に赴任し野球部コーチに就任。

2001年に監督に就任すると10年目の2011年春、創部47年目のチームに初の甲子園出場

2013年夏の甲子園では当時2年生だった高橋光成(西武)をエースに据えて初出場・初優勝を達成しています。

「選手をむやみに怒る必要はない」という考えから「じっと見守る」指導方針で時には指導が甘いと言われることもあるようですが、あいさつや掃除など生活面にも厳しい面をのぞかせています。

野球の技術的なことについては怒らないものの、当たり前のことができていないときや自分勝手なプレーには容赦ない指導方針となっています。

前橋育英高校野球部の戦績

■前橋育英高校2021戦績
秋季県大会 ベスト8
春季県大会 3回戦で敗退
夏季県大会 優勝

■前橋育英高校甲子園戦績
出場回数(春選抜大会) 2回
    (夏選手権大会) 5回
優勝 1回
準優勝 0回

※2013年第95回夏の選手権大会
◯ 1-0 岩国商
◯ 1-0 樟南高
◯ 7-1 横浜高
◯ 3-2 常総学院高
◯ 4-1 日大山形高
◯ 4-3 延岡学園高

タイトルとURLをコピーしました