前田悠伍(大阪桐蔭)wiki|身長や中学は?進路・評価・グローブは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

前田悠伍投手は大阪桐蔭高校で1年生から投手としてスタメン入りするとチームの主力として活躍。

2022年の夏の甲子園はベスト8止まりとなりましたが、早くも2023年のドラフト候補に名前が挙がる前田悠伍投手の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

前田悠伍の球種・球速は?

【2023ドラフト候補】大阪桐蔭・前田悠伍の投球フォーム(明治神宮大会)

最高球速:145km

球種:スライダー・カーブ・チェンジ・ツーシーム

前田悠伍投手の球速は1年生の時点で既に常時135キロ~144キロ。

高校3年では、ストレートが最速150キロ台になっている可能性が高そうですね。

1年秋の近畿大会・神宮大会を通じて23回を投げ、21奪三振、1四球。K/BBは21.00と恐ろしいコントロールと空振りを奪う力もあります。

高回転で変化球の球種も多彩で牽制(けんせい)球やバント守備などもうまい。

140キロ台後半の直球に加えてカットボール、スライダー、チェンジアップなどの変化球

110キロ後半~120キロ前半のスライダーは左打者からいつでもストライク及び空振りを奪える代物で、ほとんどが空振り。

120キロ後半のチェンジアップ、130キロ前半のカットボールもよく落ち、110キロ大のカーブもブレーキがきいています。

前田悠伍の進路はドラフト評価は?

【甲子園】世代No.1候補の大阪桐蔭・前田悠伍 今も生かされる名門「オリックスジュニア」での学び

 第104回全国高校野球選手権の第9日(14日)は3度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭が聖望学園(埼玉)に25安打で19―0と大勝、満員の甲子園を静まり返らせるほどの強さを見せつけた。

 先発の「世代No.1」の呼び声高い左腕・前田悠伍(2年)は140キロ超えのストレート、スライダー、チェンジアップで聖望打線を手玉に取り、5回を1安打無失点、9奪三振とまさに「レベチ」な内容を披露。前田は「いい経験になった。緩急、奥行きを使って投げ、チェンジアップがよかった。どんな相手でも自分たちの野球をするだけ」と意気込んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3fb4bc136286d475dceb7c24594e1bd6934bf127

前田悠伍投手は高校1年生でベンチりしますが、マウンドで物おじすることなく常に沈着冷静。

いつでも自分の投球ができるメンタルを備えています。大阪桐蔭の監督も当時から「強気と冷静さを兼ね備えた投手」と評価をしていました。

2022/6/22 中日・松永幸男スカウト部長
「今年のドラフトでも1位クラスのピッチャーです。間違いなくいい。ストレートがしっかりと放れて、変化球もさまざまなカウントで使える。ケガをせずに、今のまま伸びていってくれることを願うばかりです」

2022/6/22 DeNA・河原隆一スカウティングディレクター|
「今すぐプロ志望届を出してもドラフト1位で指名される投手でしょう。球が速く、制球もよく、変化球も操れて左打者にもチェンジアップを使える。私も同じ左投手ですが、あんな風に投げられたら気持ちいいでしょうね」

2022/5/18 ヤクルト・阿部スカウト|
「これからも成長を見守りたい」

2021/11/22
「1年生にしては抜群。投手として全てを兼ね備えている。順調なら(再来年のドラフト)上位候補」(中日・米村アマスカウトチーフ)

2021/11/22
「来年のドラフト指名でもいいくらい。うちの早川みたいにキレで勝負できる」(楽天・後関スカウト部長)

2021/11/22
「制球力があり直球はスピンが利いている。今の段階でも完成度は高いがもっと良くなるポテンシャルがある」(ソフトバンク・永井編成育成本部長)

2021/11/22
「バランスがいい。直球はまだまだ(球速が)出てくると思うけど、手元で速く、キレがあるので、打者はタイミングが取りづらい。変化球も緩急が、うまく使えている。順調に成長すれば、素晴らしい投手になれる」(中日・松永編成部長)

2021/11/22
「いつも安定していて、ピッチングがうまい。コントロールもいい。まだ1年生。これから、ひと冬、ふた冬越えてどうなるか楽しみ」(巨人・水野スカウト部長)

前田悠伍wikiプロフィール

【2023年ドラフト候補】大阪桐蔭高校・前田悠伍選手 投球フォーム

名前:前田悠伍

生年月日:2005年8月4日

年齢:17歳

出身地:滋賀県長浜市

小学校:長浜市立古保利小学校

出身中学校:長浜市立高月中学校

出身高校:大阪桐蔭高等学校

投打:投左打

身長:179cm

体重:73kg

ポジション:投手

最高球速:145km

前田悠伍の経歴

前田悠伍投手は大阪桐蔭高等学校に進学すると1年夏から早くも先発ローテーション入りしプロ野球のスカウトから注目される選手となります。

1年の全国高校野球選手権大会ではベンチ入りを果たし、明治神宮野球大会で優勝に貢献しています。

■高校1年生
全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)2021年(2回戦)
明治神宮野球大会(高校野球)2021年(優勝)

■高校2年生
センバツ高校野球(選抜高等学校野球大会)2022年(優勝)
全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)2022年(ベスト8)

年度試合防御率勝利敗北セーブホールド投球回与四死球大会
高校1年大阪(秋)20000000大阪府高校野球秋季大会2021年
高校1年近畿(秋)30.530000174高校野球近畿大会秋季2021年
高校1年明治神宮41.80000155明治神宮野球大会(高校野球)2021年
高校2年センバツ200000132センバツ高校野球(選抜高等学校野球大会)2022年
高校2年大阪(春)10000000大阪府高校野球春季大会2022年
高校2年甲子園10000050全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)2022年

前田悠伍の高校や中学は?

前田悠伍投手の通っていた学校は次のとおりです。

小学校:長浜市立古保利小学校

出身中学校:長浜市立高月中学校

出身高校:大阪桐蔭高等学校

小学校時代には「高月野球スポーツ少年団」に所属し、小学校6年には「オリックス・バファローズジュニア」でもプレーしています。

カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会では日本代表に選出され、決勝戦で韓国を5回1安打無失点に抑えチームを世界一に導いています。

中学からは大阪桐蔭高校の先輩にもあたる横川 凱(大阪桐蔭-巨人)や土田 龍空(近江-中日)を輩出した名門チーム「湖北ボーイズ」所属しています。

2018年の村瀬杯滋賀県選抜ゴールドにも出場しています。

前田悠伍の身長・体重は?

前田悠伍投手の身長体重は次のとおりです。

身長:179cm

体重:73kg

タイトルとURLをコピーしました