前島貴子の出身大学をwiki調査!経歴は医学部合格

スポンサーリンク
0未分類

前島貴子さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

前島貴子は39歳で医学部合格!53歳で医師に

39才で医学部合格、53才で医師免許取得の女性「分数から学び直した」

人生100年時代。50代や60代になっても、まだまだ学ぶことはできる。なかには、50代を超えてから難関試験に挑戦する人もいるのだ。いったいどんな方法で勉強し、高いハードルを超えたのだろうか。3児の母から53才で医師となった前島貴子さん(56才)にその極意を聞いた。

39才で医学部に合格。53才で医師免許を取得し、現在、産婦人科の医局で働く専攻医の前島さんは、「医師になるまでの私は、決して成績優秀ではありませんでした」と語る。

「高校1年生で両親が離婚しましたが、小・中学生の頃の私は精神的に“うつ状態”で、勉強もほとんどしませんでした。特に理科と数学は、中学校で習う基礎的なことがまったく理解できておらず、学校の成績も常に学年で下の方。唯一、英語は好きだったのと、上京したかったので、東京の短大の英文科に進学しました」(前島さん・以下同)

 卒業後は東京で一般企業に就職。25才で故郷の島根県に帰り、母親が経営する薬局を手伝いながら、お客さんと接するうちに、心身を病む人を救いたいと思うようになった。臨床心理士を目指して勉強を始めたが、その直後に父親が自ら命を絶ってしまう。

「父を救えなかったことが悔しくて、自ら死を選ぶような人をなくしたい、患者を心身ともに支えたいという思いから、医学部受験を決意しました。ただ、医学部受験に必要な理数系の知識は中学生以下。まず、中学校で習う分数の計算問題からやり直しました」

https://news.yahoo.co.jp/articles/b361a4fe820ca01b787ad6cc58d65da00cb61537

前島貴子さんは医学部合格の学力を身に着けるべく、32歳の頃に大人も対象にしていた実家の近くの学習塾に通い始めます。

7年越しでようやく愛知県内の大学の医学部に合格し、奨学金を借りて入学をしたものの、大学で進級することは想像以上に厳しく何度か留年も経験。

医師免許を取得するための国家試験にも落ちて浪人したものの、2019年4月から医師として働き始めています。

前島貴子の出身大学は?

前島貴子さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、10代の頃は高校卒業後、唯一、英語は好きだったのと、上京したかったことから、東京の短大の英文科に進学。卒業しています。

39歳で改めて合格したのは、藤田保健衛生大学医学部(現:藤田医科大学)です。

同大学広報部によると、昨年度の医学部合格者の男女比率は、72.5対27.5。医学部の総志願者数(のべ)3679名のうち、30代以上の女性(のべ)は20人(0.54%)と極めて少ない。また、昨年度の医学部合格者全体に占める30歳以上の女性の割合は、0.58%となっている。

引用:7浪して医学部に合格した「3児の母親」の執念

在学中は、テキストは肌身離さず持ち歩いて目を通すようにして、問題を暗記するまで繰り返し解いていたそうです。

一冊丸ごと頭に入れることで「どんな問題が出ても大丈夫」と言えるだけの自信を持つようにしたのに加え、頭に入れたことは必ず誰かに説明するように務めていたそうです。

たとえば『糖尿病はこんな症状があって、どういう治療がある』など、家族や友人に説明するという、前島貴子さんはいわゆるアウトプットを重視する勉強法を自然と取り入れていたようです。

最近の研究では、インプットの回数よりもアウトプットの回数を増やしたほうが学習効率は高くなることが示唆されています。

前島貴子wikiプロフィール・経歴

名前:前島貴子

生年月日:1965年3月

年齢:58歳

出身地:島根県

「目の前にいる患者をなんとか救いたい」という信念のもと、7浪の末に39歳で医学部に合格を果たすと53才で医師免許を取得しています。

挫折を繰り返し、3人の子育てをしながら7年かけて医学部に合格した主婦の頑張る女性への応援メッセージ

前島貴子の結婚した旦那(夫)や子供は?

前島貴子さんは医学部合格に向けて受験勉強中のほとんど期間を育児と妊娠・出産に負われています。

結婚相手は、おそらく、前島貴子さんが学んだ学習塾の経営者。

2021年時点で19才の長女、17才の長男、13才の次男の3人の子供を持つ母親となっていまsう。

結婚した旦那は勉強が得意で、前島貴子さんの受験勉強では心強い味方になったそうです。

長女を出産したのが36歳の時で、長男を出産した年(39才で)でついに前島貴子さんは医学部に合格。

その間、結婚した旦那の転勤で福岡、北海道と引っ越しを繰り返していますが、その間も、地方受験可能な医学部を受験していたそうです

妊娠後期、願書締め切り日当日に上京したことも。そこまでするには、「何としてでも医師になりたい」という譲れない思いがあったからだ。

タイトルとURLをコピーしました