桐子(二胡奏者)の年齢などwiki調査!経歴は?激辛がすごい!

スポンサーリンク
0未分類

桐子さんは日本を打票する二胡奏者で、これまでに数々の賞を受賞しています。

二胡奏者の他にも激辛好きという側面を持つことからテレビ出演も多い桐子さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

桐子(二胡奏者)の激辛がすごい!

桐子さんは二胡修行のために中国・北京に留学していたときに、麻辣火鍋、麻辣香鍋といった激辛鍋を食べてから激辛料理の魅力のすっかり取りつかれたそうです。

この世で一番好きな食べ物は「蒙古タンメン中本の北極ラーメン」と即答するようになった桐子さんは激辛料理を食べずにはいられない体質となり、「アウトデラックス」にも出演。

激辛好きで鳴らす瑛茉ジャスミンを打倒する新たな刺客として登場しました。

ただ、桐子さんは実は激辛好きが災いして以前、救急搬送された過去をカミングアウト。

学生時代に辛麺を食べるのを競った時に10分後程で猛烈な胃の痛みに襲われると、それが喉まで上がってきて呼吸が止まってしまい倒れてしまったそうです。

搬送先の病院では激辛が原因で呼吸困難となったことを医師や看護師に笑われ、挙句の果てには激辛に対してドクターストップまで出されていました。

それでも激辛を愛してやまない桐子さんは、逆に激辛を食べないことが大きなストレスになることから、マネージャーに許可を得る形で激辛料理を食べるようにしているそうです。

結果的に、桐子さんは辛さを口で感じるのではなく耳のピリピリ具合で判断するという特技を身に着けています。

ちなみに、アウトデラックスで桐子さんが食べたのは、赤い壺というお店で提供される「地獄の鬼辛麻婆豆腐」というメニュー。

世界一辛い唐辛子と言われるトリニダート・スコーピオンを使った麻婆豆腐で、桐子さんはその辛さを

蒙古タンメン中本の北極10倍
やぐら亭のほたる
はいじあの台湾ラーメン25倍

なんて、比にならないほどに辛かったと表現していて、惜しくも完食はならず。

桐子さんも「もし完食していたら、また病院送りは免れなかった」と話すほどの辛さだったようです。

ちなみに、桐子さんを撃沈したトリニダート・スコーピオンですが、Amazonで普通に通販できるので、興味があればチャレンジしてみたらどうでしょうか。

世界一辛いとギネス認定されている品種の2倍も辛いとのこと。

2021年6月には「仰天ニュース」も出演しています。

■放送内容
エリート激辛女子はアノ感覚が好き! 桐子さん
プロの二胡奏者として活躍する桐子さん。 一口でギブするほど、もともと激辛が得意ではなかった彼女だが今では、 自分が食べた激辛写真を眺めるだけで楽しいというくらい激辛が大好き! 激辛料理を食べてもらうとひかぷぅさん、亞かまるさんとは違う反応が!? さらにワサビやカラシにも挑戦してもらうと・・・驚きの結果が!!

桐子(二胡奏者)wikiプロフィール

【二胡で弾いてみた】僕らは今のなかで【ラブライブ!】(Love Live! – Bokura wa Ima no Naka de ERHU cover by KiRiKo)

名前:桐子(二胡奏者)

本名:中西桐子

生年月日:1991年3月21日

年齢:30歳

出身地:東京都

血液型:B型

出身高校:品川エトワール女子高等学校

出身大学:早稲田大学教育学部複合文化学科

最終学歴:中央音楽学院民楽系二胡専攻研修課程修了

桐子さんは6歳から二胡を学び始めると、絶対音感があり、楽譜が読めたことからめきめきと上達。

12歳から早くも演奏活動を始めています。

その後、中国に渡り賈鵬芳、馬向華の各氏に師事。

本場中国で開催された国際コンクールで最高位を受賞するなど、幼少の頃より数々の賞を受賞しています。

2008年、胡錦濤前国家主席が臨席した「日中青少年友好交流年 開幕式」にて演奏。

2016年、NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」、「ムジカ・ピッコリーノ スペシャル」に二胡の専門家として二度ゲスト出演しています。

同年、セガをフィーチャーしたオーケストラ・コンサート“Game Symphony Japan SEGA Special 2016”にゲスト出演し、オーケストラをバックに「シェンムー ~莎木~」を演奏。

中国・上海メルセデス・ベンツアリーナにて開催された「BILIBILI MACRO LINK」には2016年から3年連続で出演。

アジア圏で絶大な人気を誇る音楽ユニットGARNiDELiAの楽曲で、公開からわずか一週間で再生回数200万回を突破した「桃源恋歌」や「紅葉愛唄」で二胡を担当。

桐子さんは二胡奏者としての活動に加えて、中国語の通訳・翻訳といった仕事もしています。

2016年には、リスアニ!LIVE初の台湾公演「リスアニ!LIVE TAIWAN」にてMC、各アーティストのステージの中国語通訳を担当。

2017年には、アイドル専門チャンネルKawaiian TVにて放送された学園バラエティ「妄キャリのアジアでアイドルやっチャイナ」に中国語講師としてレギュラー出演。しています。

桐子(二胡奏者)のオタマトーンもすごい!

桐子さんは、二胡とフォルムや奏法が似ていることから、電子楽器「オタマトーン」の奏者としても活動しています。

明和電機というメーカーが発表しているおたまじゃくし型のアート・ユニットで、桐子さんは明和電機事業報告ショー2017にゲスト出演。

2015年、幕張メッセにて開催された「ニコニコ超会議2015」、さいたまスーパーアリーナにて開催された「ニコニコ超パーティー2015」に出演しています。

【二胡で弾いてみた】吹雪【艦これ】

桐子(二胡奏者)の二胡教室は?

桐子さんは二胡奏者として数々の舞台に立ち、数多くの賞を受賞していますが、指導者としても活躍しています。

粉色月二胡教室で桐子さんは二胡の演奏指導もしています。

場所:東京都大田区西蒲田3-19-1 ふれあいはすぬま

レッスン形態:個人レッスン、グループレッスン

入会金:\5,000

月謝:\12,000(桐子のレッスンは \8,000/1hです。※要予約)

楽器:予算に応じて手配可能です。レンタル二胡もございます。(\3,000/1か月)

■楽器を上達させる秘訣はありますか?
もちろん日々の練習が大切ですが、二胡を信頼して、大好きでいてあげることが一番大切だと思います。
二胡に触れている時間が、自分にとってとてもリラックスできて、楽しいと感じられるものになれば最高です!

■教室について
個人レッスンと少人数(4名まで)のグループレッスンを「粉色月二胡教室」代表の中西貴容子先生と、桐子先生が指導。
東急池上線「蓮沼」駅から徒歩4分の地域コミュニティセンター「ふれあいはすぬま」内にある教室です。

桐子(二胡奏者)の経歴

【二胡】花は咲く【KiRiKo】

■桐子の受賞歴

2004年 「北京地区青少年民族楽器コンクール」中学生の部第一位(最高位)

2007年 「 2007cctv中央テレビ民族楽器コンクール」海外部門第二位

2008年 「第9回中国音楽コンクール」金賞(最高位)及び大阪総領事館賞

2008年 「第2回中国音楽国際コンクール」特等賞(最高位)

2009年 「第1回香港国際民族楽器コンクール」二胡海外部門金賞(最高位)

2010年 「TBS CDTVオーディション2009」特別賞受賞

2019年 「敦煌杯2019全日本二胡コンクール」ソロ部門壮年の部第一位金賞

2019年 「青楽杯2019日中国際二胡コンクール」金賞

■桐子のメディア出演歴

2002年11月 NHK BS1「アジア情報交差点」

2008年12月 フジテレビ「めざましテレビ」

2009年7月 TBS「CDTV:CDTVオーディション2009」

2011年6月 MBS 「ちちんぷいぷい」

2015年4月? NHK WORLD JAPAN(??)「波短情?」

?2016年6月 NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」

2016年10月 NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノスペシャル」

2017年7月? Kawaiian TV「妄キャリのアジアでアイドルやっチャイナ」

?2018年4月 BSジャパン「おんがく交差点」

2018年10月 GYAO!「木村さ??ん!」

2018年11月 フジテレビ「アウト×デラックス」

?2019年7月 テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」

2020年3月 NHK総合「うたコン」

?2020年12月 NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」

2021年5月 MBS「かまいたちの知らんけど」

2021年6月 フジテレビ「ウワサのお客さま」

?2021年6月 日テレ「ザ!世界仰天ニュース」

桐子(二胡奏者)のツイッターやインスタグラム

桐子(二胡奏者)のツイッター
@Ki_Ri_Ks2

桐子(二胡奏者)のインスタグラム
@gekikarasukiriko

@kiriks2

桐子(二胡奏者)のフェイスブック
@kiriniko

桐子(二胡奏者)の公式HP

桐子(二胡奏者)のyoutube
二胡奏者 桐子

桐子さんは2013年に行われた「スクフェス ハイスコアチャレンジ in 秋葉原」に参加した際に、裏垢と間違えて公式のtwitterに誤爆した経歴があります。

その結果、ラブライバーであることや2次元オタクであることが図らずしも世間に知られることになったため、現在は割り切ってコスプレしながらアニソンを二胡で演奏するコスプレ奏者としても有名です。

桐子(二胡奏者)の高校や大学など学歴は?

桐子(二胡奏者)さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、2008年の高校生時代に、日中青少年友好交流年日本高校生代表として中国に訪問しています。

ただ、早稲田大学教育学部複合文化学科に進学をしていますから、出身地の東京都大田区から通える範囲の進学校を卒業していたとみられます。

早稲田大学在学中は、一時休学をして2011年より1年間、2011年度中国政府(全額免除)奨学金留学生として中国最難関の音楽大学である北京・中央音楽学院に留学。

留学中は徹底的に基本の練習を繰り返したそうで、「もしかしたらこのまま演奏できないまま帰国するかも…」と危惧していたそうですが、猛練習の成果で練習曲を与えられるまでになりました。

桐子(二胡奏者)の身長・体重は?

桐子(二胡奏者)さんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は様々なメディアに出演する様子から160㎝前後とみられます。

桐子(二胡奏者)の父親・母親は?

桐子さんは二胡を習う前、4歳からピアノを習っていて、先に二胡を学び始めた父と母だったそうです。

6歳から二胡を練習するようになり、両親が練習している音をドレミで聴き取れることから、絶対音感を持っていることに気が付きます。

自分が聴き取っていた音と二胡用の数字譜を照らし合わせた時に、解読できてしまうことに面白さを感じて桐子さんは二胡の練習に熱心に取り組むようになります。

ちなみに、父が坂本龍一さんのファンで楽曲に二胡が使われていたが家族で習うことになるきっかけ。

桐子さんはゲームやアニメを愛する二次元オタクを公言していますが、父親がゲーム開発者だったそうで、その影響から小さいときからゲームが大好きなんだそうです。

母親の中西 貴容子さんも現在は桐子さんと共に教室で二胡の演奏を指導する先生となっています。

■中西 貴容子プロフィール
1997年より二胡を学び始める。これまでに、賈鵬芳氏、周耀?氏、楊擎宇氏に師事。
2005年に二胡講師養成講座を修了後、粉色月二胡教室(旧名:蛙蛙二胡教室)を設立。
現在、都内の教室で約20人の指導に当たっている。

タイトルとURLをコピーしました